2013/09/21

メモ「1961/1/23 Mk 39 Mod 2 Accident」

The Guardianによれば、「1961年1月23日の米空軍の水爆落下事故は、あやうく核爆発を起こすところだった」ことが公開された秘密文書によって裏付けられた。
The document, obtained by the investigative journalist Eric Schlosser under the Freedom of Information Act, gives the first conclusive evidence that the US was narrowly spared a disaster of monumental proportions when two Mark 39 hydrogen bombs were accidentally dropped over Goldsboro, North Carolina on 23 January 1961.

調査ジャーナリストEric Schlosserが自由情報法に基づいて入手した文書は、「1961年1月23日にノースカロライナ州GOldsboroにMark 39水爆2個が事故で投下されたとき、かろうじて歴史に残る災害をまぬがれていた」ことを示す決定的証拠を与えた。

Ed Pilkington: "US nearly detonated atomic bomb over North Carolina – secret document" (2013/09/20) on Guardian]
当時の記事によれば...

19610124.png

空軍当局者によれば、武装解除された核爆弾2発を輸送していたB-52爆撃機が、今朝、15マイル彼方に墜落した。ここに近いSeymour Johnson空軍基地の当局者によれば、2発の核兵器には差し迫った危険はないが、非核の高出力爆発物の危険性がある。誰も、この地域に近寄らないように警告されている。乗員6-8名のうち4名が脱出したと空軍は述べている。目撃者によれば、数個のパラシュートが開いていた。墜落したB-52は第424戦略航空団に所属していた。



[B-52 Carrying A-Bombs Falls in North Carolina (1961/01/24) by UPI via NY Times]
しかし、Eric Schlosserの入手した文書には...
19610124d.png

Goldsboro caperについての安全分析の必要はない。1961年のde Montmollin and Hoaglandにより十分に記述されている。しかし、今日の状況では、さらにもう一つの結論が引き出されるだろう。Mk 39 Mod 2爆弾は、B-52の空中警戒任務中の適切な安全措置が取られていなかった。これらの爆弾には、追加的安全措置のために、Alt197が実行されていたが、(追加的に)発電機と低圧熱電池のラインを切断していただけだった。B-52に空中分解したとき、おそらく爆弾はほぼ通常の状態で放出されたと思われる。変えようのない結論は、空中警戒任務中の有効な安全装置は"ready-safe"スイッチだけであり、それはMC772 (Goldaboro)あるいはMC1288 (Alt197)である。もし、"アーム"ラインが空中分解の途中でショートしていれば、Mk 39 Mod 2爆弾は核爆発を起こしていた可能性があることは、信頼できる主張である。

[Document on Guardian]
これより3年前(1958/3/11)の、サウスカロライナ州上空を飛行中のB-47から原爆が落下した事故のときと違って、かなり危うかったもよう。
posted by Kumicit at 2013/09/21 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。