2013/10/02

EHCD update


代替医療"臨床環境医学"の中心地である、William Rea, MDのEHCDのサイトがリニューアルされた。記載内容が眼だって変わったわけではないようだが、とりあえず、ちらっと見ておく。
[Detailed Overview of EHC-D on EHCD]

The Environmental Health Center – Dallas is a premier environmental health provider offering a unique, innovative, nontoxic approach to the solution of human health problems related to environmental pollutant exposure, including chemical and electromagnetic sensitivity. The center is considered by many people to be one of the pioneers and a recognized world authority on the manipulation of the patient’s environment. We use natural and various treatment methods to solve individuals’ and groups’ sensitivity problems that have occurred from environmental pollutant overload. We have experience in diagnosing and treating more than 40,000 environmentally sensitive patients with our innovative techniques.

ダラス環境衛生センターは、環境汚染物質曝露に関連した人間の健康問題への解決策への、ユニークで革新的で無毒アプローチを提供する、最初の環境衛生プロバイダである。当センターは多くの人々から、患者の環境の操作に関するパイオニアであり、世界的権威と認められていると考えられている。我々は自然で多様な治療法で、個人及び集団の、環境汚染物質過負荷によって起きる過敏症問題を解決する。我々には我々の革新的技術による、40000名以上の環境過敏症患者の診断と治療を行った実績がある。

In our treatment process, we have developed less-toxic building technology and have evaluated, aided in construction, or advised on the remodeling of more than 20,000 private and public buildings. This experience makes us one of the most experienced and innovative groups in the world on the subject of less-toxic buildings. Our laboratory has been a leader in the development of tests for defining the problem of chemical and electromagnetic sensitivity. We have developed in our own laboratory or in conjunction with other groups, practical and reliable analyses of blood levels of toxic chemicals, T&B lymphocytes, cell cycles and phagocytic indices, the management of vitamin, mineral, and amino acid levels, computerized balance testing, brain metabolism assessments by means of SPECT scans, objective autonomic nervous system evaluation through the heart rate variability, psychological brain function tests and peripheral sensory nerve evaluation.

我々の治療過程で、我々は、毒性の少ない建築技術を開発し、建設の評価及び支援や、20000以上の個人住宅及び公共建築物の改築助言を行ってきた。この実績により、我々は、毒性の少ない建物に関する世界的に最も経験ある革新的グループのひとつとなっている。我々の実験室は、化学物質及び電磁波過敏の問題に関する検査の開発をリードしてきた。我々は、我々の実験室で、他のグループと共同で、実用的で信頼できる血中毒性化学物質やT&Bリンパ球や細胞周期や食細胞指数を測定できる分析技術や、ビタミンやミネラルやアミノ酸レベルの管理技術や、コンピュータ化されたバランステストや、SPECTスキャンによる脳代謝評価技術や、心拍変動を介した客観的自律神経評価技術や、心理脳機能検査や、末梢感覚神経性評価を開発した。
なかなかの物言いであるが、治療方法としては...
Since its inception in 1974, center physicians have worked in the diagnosis and treatment of inflammatory vascular disease and its relationship to pollutants in air, food, and water. Etiology can now be defined in many cases. The removal of causes along with nutrient treatment, dietary manipulation, injection therapy, acupuncture, homeopathy, oxygen therapy, and immune modulations can usually restore health to patients in a non-toxic manner.

1974年の開設以来、センターの医師たちは、炎症性血管疾患の診断と治療及びその大気・食物・水の汚染物質との関連性に取り組んできた。今では多くの症例について、病院を定義できている。原因の除去とともに、栄養療法・食餌療法・注射療法・鍼・ホメオパシー・酸素療法・免疫調整により、無毒性の方法で患者の健康を回復できる。

[Detailed Overview of EHC-D on EHCD]
ホメオパシーを含む、ありがちな代替医療を提供している。

この記述にカイロプラクティックは見当たらないが、2005年頃までは行っていたようだ。
EHCD2005Chiro.png

カイロプラクティックマニピュレーション:筋骨格系の機能を最適化し、動きの範囲を増加させ、理学療法プロセスを補完する治療手順。

[Vitrual Tour - Day 2 (Archive 2005/04/04)]
そして、2006年にはサイトから消えている。ただし、マッサージセラピーに変化しているようである。
Physical Therapy – by a licensed physical therapist provides a wide range of musculoskeletal programs individualized for your the specific needs.
Massage Therapy
Exercise Therapy
 
All aspects of the physical therapy program are performed under environmentally controlled conditions.
[Day 4]

また、以前も触れたが、注射療法は原物質が全く残っていない、ホメオパシーな希釈液、というかただの生理食塩水か水。あいかわらず、疑わしい代替医療機関であり続けているもよう。
posted by Kumicit at 2013/10/02 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック