2013/10/07

疑似科学の萌芽 by Edzard Ernst

Edzard Ernstが疑似科学/ニセ医療の9つの方法について書いている。...
1. Throw yourself into qualitative research. For instance, focus groups are a safe bet. This type of pseudo-research is not really difficult to do: you assemble about 5 -10 people, let them express their opinions, record them, extract from the diversity of views what you recognise as your own opinion and call it a ‘common theme’, write the whole thing up, and - BINGO! – you have a publication. The beauty of this approach is manifold: 1) you can repeat this exercise ad nauseam until your publication list is of respectable length; there are plenty of alternative medicine journals who will hurry to publish your pseudo-research; 2) you can manipulate your findings at will, for instance, by selecting your sample (if you recruit people outside a health food shop, for instance, and direct your group wisely, you will find everything alternative medicine journals love to print); 3) you will never produce a paper that displeases the likes of Prince Charles (this is more important than you may think: even pseudo-science needs a sponsor [or would that be a pseudo-sponsor?]).

定性的研究を行う。たとえば、フォーカスグループ(情報の収集を目的に作られる数人の利用者グループ)は安全策だ。この種の疑似研究は実際、難しいことではない。5〜10人を集めて、意見を述べさせて、記録して、多様な見方から自分の意見として認識できたものを抽出し、共通テーマと呼び、それらを文書にすればいい。これで論文1本が完成だ。このアプローチの利点は:(1) 論文リストが立派な長さになるまで、繰り返せばいい。キミの疑似研究の出版を急ぐ代替医療誌が多くある。(2) たとえば、サンプルの選択で、意図的に知見を操作できる。(健康食品販売店の入り口で被験者を募って、注意深く被験者たちに指示すれば、代替医療誌が出版したがるものが全て手に入る。)(3) チャールズ皇太子のような人々を不機嫌にする論文を出すことがない。(これは思ったより重要なことだ。疑似科学にもスポンサーが必要だ。あるいは疑似スポンサーが)。

[Edzard Ernst: "Nine lessons for the budding pseudo-scientist" (2013/10/01)]
ありがちなこと。

あと8つはこっちで:

==>Edzard Ernst: "Nine lessons for the budding pseudo-scientist"
posted by Kumicit at 2013/10/07 06:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック