2013/10/14

英国の公的資金援助を受けている学校での創造論教育

英国では、これまで見てきたように、フリースクールや、宗教私学で、創造論が教えられていて問題となっている。

特に問題なのは、公的資金援助を受けている学校での創造論教育。これについて、British Humanist Associationが警告を出している。
Two state-funded schools have in recent days come to light for challenging Government policy that every school must teach evolution as a valid scientific theory. Yesodey Hatorah Senior Girls School, a Charedi Jewish secondary in Hackney has been found by the Oxford, Cambridge and RSA (OCR) Exam board to have blacked out questions about evolution on pupils’ Science exams, depriving them of possible marks.

有効な科学理論として進化論を教えることを義務付けている政府に対して、公的資金援助を受けている2校が異を唱えている。OxfordとCambridgeとRSA (OCR) 試験委員会から資金援助を受けている、Hackneyにあるユダヤ教超正統派中学校Yesodey Hatorah Senior Girls Schoolが、生徒たちの理科試験の進化論について報告しなくなり、評価できなくなっている。
...

Meanwhile, Al-Madinah School, a Muslim school in Derby, has advertised to parents in its prospectus that ‘Sensitive, inaccurate and potentially blasphemous material will be censored or removed completely. If and when teachers are required by the curriculum to convey teachings that are totally against Islam (Darwinism, for example), the Director of Islamic Studies will brief the relevant teachers and advise accordingly.’ The British Humanist Association (BHA) has expressed alarm at the findings.

一方、Derbyのイスラム学校Al-Madinah Schoolは、見込客な親たちに対して、センシティブで、不正確で、冒涜的な教材を検閲あるいは排除すると宣伝している。カリキュラムにしたがえば、ダーウィニズムにような、イスラムに完全に反することを教えることになる場合、Director of Islamic Studiesが教師に説明し、それに従い助言する。英国ヒューマニスト協会はこのような事態に、警戒感を表明している。

[BHA expresses alarm as two state schools challenge teaching of evolution(2013/10/10) on BHA]
このような事態となっているのは、ブレア政権が緩かったこと及び、大陸と違って、英語圏であるが故に、米国の影響を受けやすいことがある。また、英国国教会や聖公会は創造論教育に反対を表明しているが、これら以外の宗派やイスラム教はそうではない。さらに、創造論も教えるべきという意見が世論の半数を超えていることもある。創造論教育を根絶することは容易ではないだろう。

posted by Kumicit at 2013/10/14 06:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/377457810
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック