2013/10/30

メモ「irreducible complexity vs specified complexity」

インテリジェントデザイン理論家Dr. Michael Beheの"irreducible complexity"とDr. William Dembskiの"specified complexity"及び"specified complex information"の出現頻度をgoogle ngramで見てみると...



2005年頃から、Dembskiの"specified complexity"は低落傾向になっているが、まだ、Beheの"irreducible complexity"はまだ伸びている。

また、"irreducible complexity"はMichael Beheが言い出す前から存在しているようで、books googleで見てみると...
In one aspect, Science is an idealization of the methods of Nature; it reduces a tangle of sensations, and an apparently irreducible complexity of phenomena, to a symmetrical vision of beauty and order.

[Report & Transactions, Volume 19 By Devonshire Association for the Advancement of Science, Literature and Art, 1887, P.25]
という19世紀の本が出てきた。ということでMichael Beheの造語ではなかったようだが、出現はほぼ無に等しい。


posted by Kumicit at 2013/10/30 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック