2013/11/19

だうじんぐマシンADE651の製造販売業者の控訴棄却

爆発物探知機として、だうじんぐマシンAD651を製造販売したJim McCormick(57)が、英国で2013年4月に有罪評決を受け、2013年5月に懲役10年の判決を受けた。その後、Jim McCormickは控訴したが、2013年11月12日に棄却された。
Court of Appeal judges rejected an application from convicted fraudster James McCormick, 57, from Somerset, for leave to appeal against the sentence. His barrister argued the term was excessive and the previous judge had put too much weight on lives lost in Iraq because of his bomb detectors.

有罪判決を受けたSomerset在住の詐欺師James McCormick,(57)からの控訴を、控訴裁判所裁判官は棄却した。彼の法廷弁護士は、刑期は長すぎ、裁判官は爆発物検知器による、イラクでの犠牲者数を過大評価していると論じた。

Judge Elgan Edwards said McCormick knew what he was doing and profited hugely. "The circumstances were quite appalling. The applicant knew precisely what he was doing," he told the court. "He did it for enormous profit and that conduct simply cannot and will not be tolerated." He added: "If this case does not merit the maximum possible sentence, I don't know what does."

Elgan Edwards裁判官はMcCormickが自分自身にやっていることを自覚しており、巨大な利益を上げていたと述べた。「状況は極めておぞましい。控訴者は自分が何をやっているか正確にわかっていた。彼は巨大な利益を得るために行っており、その行為は容認できるものではなく、容認しない。この件が最高刑に値しないなら、どのような行為が最高刑に値するかわからない」

During the hearing, McCormick's barrister said there was no evidence that lives were lost in Iraq because of his detectors and argued that they may still have deterred terrorists from attempting to carry bombs through checkpoints.

尋問で、McCormickの法廷弁護士は、彼の爆発物検知器のせいでイラク人の生命が失われたという証拠はなく、検問所を爆弾を持って突破しようというテロリストたちへの抑止力になっている可能性があると論じていた。



[Bomb detector conman James McCormick loses appeal bid(2013/11/12) on BBC]







関連エントリ


posted by Kumicit at 2013/11/19 06:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック