2013/12/26

温暖化否定団体の資金についての社会学者の研究

数年前に米国の温暖化否定活動を概観した。このとき、理系スタッフのほとんど存在しない保守系シンクタンクが出版物などの形で広めている状況を見た。このような保守系シンクタンクへの資金の流れについて、社会学者Suzanne GoldenbergRobert Brulleの研究が論文掲載された。
Conservative groups may have spent up to $1bn a year on the effort to deny science and oppose action on climate change, according to the first extensive study into the anatomy of the anti-climate effort.

The anti-climate effort has been largely underwritten by conservative billionaires, often working through secretive funding networks. They have displaced corporations as the prime supporters of 91 think tanks, advocacy groups and industry associations which have worked to block action on climate change. Such financial support has hardened conservative opposition to climate policy, ultimately dooming any chances of action from Congress to cut greenhouse gas emissions that are warming the planet, the study found.

保守団体が、気候変動の科学を否定し、気候変動対策に反対する活動に年間最大限10億ドルを支出してきた可能性がある。反気候変動活動は、秘密資金ネットワークを通じて働く保守の資産家によって概ね支えられている。彼らは、気候変動対策を阻止するために働いている91のシンクタンク・擁護団体・業界団体の主要な支持者として企業に動かしている。このような財政支援は、気候変動政策に対する保守の反対を強化し、最終的には、地球温暖化を進行させる温室効果ガス排出を抑制しようとする議会の動きを阻止する。

“I call it the climate-change counter movement,” said the author of the study, Drexel University sociologist Robert Brulle. “It is not just a couple of rogue individuals doing this. This is a large-scale political effort.”

Brulle's study, published on Friday in the journal Climatic Change, offers the most definitive exposure to date of the political and financial forces blocking American action on climate change.

この研究論文の著者であるDrexel Universityの社会学者Robert Brulleは「私はこれを気候変動カウンター運動と呼ぶ。これは極少数の悪党によるものではない。これは大規模な政治活動である。」Brulleの研究は金曜日にClimatic Change誌に掲載され、米国の気候変動対策を妨害する、今日の政治的及び資金的な力を明瞭にしている。
...
The vast majority of the 91 groups on Brulle's list ? 79% ? were registered as charitable organisations and enjoyed considerable tax breaks. Those 91 groups included trade organisations, think tanks and campaign groups. The groups collectively received more than $7bn over the eight years of Brulle's study ? or about $900m a year from 2003 to 2010. Conservative think tanks and advocacy groups occupied the core of that effort.

The funding was dispersed to top-tier conservative think tanks in Washington, such as the AEI and Heritage Foundation, which focus on a range of issues, as well as more obscure organisations such as the Atlas Economic Research Foundation and the John Locke Foundation.

Brulleのリストにある91団体の79%は、非営利団体として登記されており、何らかの税の減免措置を受けている。これら91団体には営利団体・シンクタンク・キャンペーングループも含まれている。Brulleの研究によれば、過去8年で、これら団体全体で70億ドル、すなわち2003年から2010年の間に毎年9億ドルを受け取っている。保守系シンクタンクと宣伝団体が、この活動のコアを占める。

資金は、AEIやHeritage Foundationのようなこの問題のフォーカスしたワシントンの一流の保守系シンクタンクから、Atlas Economic Research FounationやJohn Locke Foundationのような曖昧な団体にまで分散している。
...

[Suzanne Goldenberg: "Conservative groups spend up to $1bn a year to fight action on climate change" (2013/12/20) on TheGuardian]
大手のシンクタンクは複数の問題を取り上げている。また、特定メンバーだけが温暖化否定を担当していて、組織全体としては気候変動についてポジションを明示していない場合もある。このため、資金量を厳密に特定することは困難だが、Suzanne GoldenbergRobert Brulleの調査ではおおよそ年間9億ドルが、温暖化否定活動に流れている。資金を提供している人々にとっては、それだけの資金を使っても見返りが十分にあるということなのだろう。
posted by Kumicit at 2013/12/26 09:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Suzanne Goldenberg氏はジャーナリストで、その記事の主要部分が社会学者のRobert Brulle氏の論文の内容なのですね。記事のうしろのほうはGoldenberg氏が直接保守系シンクタンクから取った情報もあると思われますが、金額の見積もりなどはBrulle氏の調査結果というべきではないでしょうか。
Posted by masudako at 2013/12/26 09:29
ご指摘ありがとうございます。名前を書き間違ってました。修正しました。
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2013/12/28 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。