2014/01/08

代替癌療法としての塩化セシウム療法の危険性

2011年に、コロラドの61歳の女性が、乳癌の代替療法として塩化セシウムサプリを一年間毎日服用し、さらに乳房のしこりに塩化セシウム液を注射した後、死亡した。その症例報告が論文誌Journal of Alternative and Complementary Medicineに掲載された。
The 61-year-old woman had been taking cesium supplements daily for a year as a treatment for breast cancer, but it was a single injection of cesium chloride liquid into a lump in her right breast that is likely what ultimately proved fatal, the report said.

The woman had been following the advice of a nutritionist, who had recommended cesium chloride to help shrink her breast tumor.

Cesium chloride is an alternative treatment that "supposedly increases the pH level of cancer cells to kill them, while not altering the pH of healthy cells," said study author Dr. Daniel Sessions, who was a medical toxicology fellow at the Rocky Mountain Poison and Drug Center in Denver and was involved in the case. (A cell's pH is a measure of how acidic or basic its internal environment is.)

However, this theory of how cesium chloride works "has not been scientifically proven to be true," Sessions said.

症例報告によれば、61歳の女性が乳癌の代替療法として、一年間にわたり毎日セシウムサプリを服用していたが、右乳房のしこりに塩化セシウム液を1回注射したことが、最終的に死につながったとみられる。乳房の腫瘍の縮小を助けるための、塩化セシウムの服用を推奨した栄養士の助言に、彼女は従った。

「塩化セシウムは『癌細胞のpHレベルを上げるが、健康な細胞のpHに影響せず、癌細胞を殺す』と称する代替療法である。ただし、塩化セシウムの働きについて、科学的に正しいと証明されていない」と、研究の著者であり、本症例に関わったDenverのRocky Mountain Poison and Drug Centerの医療毒物学フェローのDr. Daniel Sessionsは述べた。

According to a review of alternative treatments on the American Cancer Society's website, the "available scientific evidence does not support the claim that the pH inside a cancer cell is any different than that of a normal cell, or that cancer cells are more susceptible to toxic effects of high pH."

Cesium chloride is available in both an oral supplement and a liquid form, and it's found in stores that sell dietary supplements as well as online. Some alternative medicine practitioners who promote the treatment's use for cancer also refer to it as "high pH therapy."

The case report appeared in the December issue of The Journal of Alternative and Complementary Medicine.

American Cancer Societyの代替医療レビューサイトによれば、「癌細胞内のpHは、健康な細胞のpHと何等かの違いがある、あるいは癌細胞が高いpHの毒性の影響を受けやすいという主張を、現在利用可能な科学的証拠は支持していない」

塩化セシウムは服用サプリ及び液体で提供され、栄養補助食品(ダイエットサプリ)を扱っている店やオンラインショップで販売されている。この療法を癌治療について宣伝している代替医療師の中には、これを「ハイペーハーセラピー」と呼ぶ者もいる。

[Cari Nierenberg: "Woman's Death Linked to Alternative Cancer Treatment" (2014/01/01) on LiveScience]
死に至る過程は次のようなものだった。
The night before the Colorado woman was rushed to the emergency room, her husband had injected a solution of cesium chloride into her breast lump, according to the case report. Not long after this injection -- the first one she had received -- she started to feel sick.

Her family told doctors she collapsed the next day at home apparently after suffering a heart attack. They performed CPR, but she remained unconscious, so they brought her to the emergency room.

症例報告によれば、コロラドの女性が集中治療室緊急救急室に運び込まれる前夜、彼女の夫が塩化セシウム溶液を彼女の胸のしこりに注射した。最初の注射からそれほど時間がたたないうちに、彼女は気分が悪くなった。彼女の家族は医者に、翌日自宅で彼女が心臓発作を起こして倒れたと連絡した。家族はCPRを行ったが、彼女の意識は回復しなかった。そのため、家族は彼女を集中治療室緊急救急室に運んだ。

She had no prior history of heart disease, but had been taking several dietary supplements during the past year to treat a breast lump she had discovered, which a physician had counseled her was likely cancerous. But she had refused to undergo a biopsy to make a definitive diagnosis of breast cancer, and had not been seen by a physician for further treatment in more than a year, Sessions said.

While in the hospital, doctors examined the woman and agreed that the tumor on her right breast was cancerous and had spread to her lymph nodes, Sessions said.

In addition to taking cesium chloride supplements daily, she was supplementing with selenium, potassium, vitamin D, silymarin, folic acid and a multivitamin.

Ten days after she arrived at the hospital in August 2011, the woman died.

彼女は心臓病の症歴はなかった。彼女は見つかった乳房のしこり(診断した医師によれば癌の可能性がある)を治療するために、過去1年にわたり幾つかの栄養補助食品(ダイエットサプリ)を服用していた。しかし、彼女は乳癌であるかを明確に診断するためにの生検を拒否していた。そして、1年以上にわたり、医師による治療を受けなかった。

Sessionsによれば、入院した病院で医師たちは女性を検査し、右乳房の腫瘍が癌であり、リンパ節に転移していると診断した。

日々の塩化セシウム服用以外に、彼女はセレニウム・カリウム・ビタミンD・シリマリン・葉酸・マルチビタミンのサプリメントを使っていた。

集中治療室緊急救急室への入院の10日後の、2011年8月に、この女性は死亡した。

Several factors contributed to her death, Sessions said. She had abnormally high cesium levels in her blood, because she had been taking the oral supplements for many months. Her symptoms after receiving the cesium chloride injection suggest that it was the most likely cause of her rapidly declining health, Sessions said.

Sessionsは「複数の要因が彼女の死亡をもたらした。何か月もの間、口からセシウムを摂取していたので、彼女の血液中には多量のセシウムがあった。塩化セシウム注射後の症状は、彼女が急速に健康を損ねた最大の理由であると示唆している。

[Cari Nierenberg: "Woman's Death Linked to Alternative Cancer Treatment" (2014/01/01) on LiveScience]
最後の一撃は、塩化セシウム溶液の注射だったようだ。

ただし、そもそも、塩化セシウム療法は、直接注射しなくても、口からの服用だけでも、危険である。
High cesium levels can be dangerous because the metal can cause an abnormal heart rhythm. In the woman's case, cesium is what undoubtedly led to the woman's cardiac arrest and failure to regain consciousness, Sessions said.

Other cases of using cesium chloride as an alternative cancer treatment have also involved serious side effects, such as life-threatening heart rhythm problems, loss of consciousness, seizures and electrolyte imbalances involving sodium and potassium.

Sessions said that complementary and alternative medicine therapies have a place in the treatment of disease, however, supplements "should not be thought of as benign or harmless."

Sessions said dozens of cancer patients around the world have died from the use of cesium chloride or cesium carbonate as a treatment. In most of these cases, the patients were orally taking supplements, or using the metal intravenously, he said.

"This was a unique case because the patient injected cesium chloride directly into the tumor," Sessions said.

The researchers decided to report the case in a medical journal "to show the danger of this product, in any form," he said.

Sessionsは「金属セシウムは不整脈を引き起こす可能性があるので、高セシウムレベルには危険性がある。この女性の症例では、セシウムは街が間違いなく、心停止や意識不明につながった」と述べた。

代替癌治療法として塩化セシウムを使った別の症例では、生命を脅かす不整脈や、意識喪失や、発作や、ナトリウムおよびカリウムを含む電解質不均衡のような深刻な副作用を起こした。

Sessionsは「代替補完医療は、病気治療に居場所ああるが、サプリメントが良いもの、あるいは無害なものと考えてはいけない。世界中の何十人もの癌患者が、塩化セシウムや炭酸セシウムを治療法として用いて亡くなっている。多くの場合、患者は口から(セシウムの)サプリメントを経口摂取するか、あるいは金属の静脈注射をしてとして使っている。この症例は、腫瘍に直接に塩化セシウムを注射したという点で、他に類例を見ない。」と述べた。

研究者たちは、この塩化セシウムがいかなる形態であれ、危険であることを知らしめるために、医学誌に症例を報告することにした。

[Cari Nierenberg: "Woman's Death Linked to Alternative Cancer Treatment" (2014/01/01) on LiveScience]
代替補完医療は、毒にも薬にもならないものではない。時には銭と生命の両方を奪っていく。



posted by Kumicit at 2014/01/08 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック