2014/01/11

LIFE 1945年11月19号が描く核戦争(2/2)

前回のつづきで、LIFE誌が1945年11月19日号で紹介する将来の核戦争:
36HourWar4.png

米国は反撃する



原爆戦争の防御に関して、Arnolod将軍は次のように述べている。「原爆に対する防御方法はいくつか考えられる。第1は、原爆から隠れられる場所は世界中のどこにもないことを、心得ることである。第2は、ひとたび原爆が発射されたときに備えて、我々は原爆攻撃をアクティブに防御する手段を開発することである。そして、第3は、脆弱性を最小化するように我が国を再デザインすることである。「しかし、見通せる将来において、原爆兵器に対する本当の安全保障策は、引き続き、圧倒的戦力で即時攻撃行動をとれる能力である。潜在的侵略者が米国への攻撃が自国への破滅的原爆攻撃を意味することを、明らかに分かるようにすることである。」

上図はArnold将軍の考えのうち2つ、すなわち分散と反撃を描いたものである。この断面は、地下のロケット発射基地と、原爆工場である。原材料をのぞき、すべてを完全に自給できて、大量在庫のもとで組み上げられる。労働者たちは工場近くの地下で、航空戦力による原爆直接攻撃以外からは防護されて生活する。米国はこのような基地を複数持つことになるだろうが、すべては独立に活動し、その一つが破壊もしくは占領されても、他に影響がでないようにするだろう。36時間戦争の開戦時に、米国は全人口を分散できておらず、そのコストは2500億ドルかかるが、それは国防の絶対的に不可欠なものである。

上図は、米国が攻撃を受けてから1時間後に、米国が戦争最初の攻撃ロケットを敵の都市へ向けて発射するところである。

[LIFE 1945/11/19 PP.32-33 ]
最も効果的な安全保障として、このときも報復を挙げている。その手段として、報復戦力の地下配備が想定されている。

そして...
36HourWar5.png

戦争の終わりに空挺部隊が来る



Arnold将軍は「現代戦争では、空挺部隊が最も有効な部隊のひとつとなる。完全武装した空挺タスクフォースは、はるかに離れた場所に、航空戦力だけで輸送される」と述べている。

原爆による破滅的破壊にもかかわらず、敵は戦争に勝つために、米国に侵攻しなければならない。敵の空挺部隊は巨大な破壊力を持つ軽ロケットを装備し、赤外線が見えるようにゴーグルをつけている。上図の敵兵は、米国の小さな町の電話線を修理している。

敵空挺部隊の降下までに、米国は恐るべき被害をこうむっている。4000万人程度が死亡し、人口5万人以上の都市が粉砕されている。サンフランシスコのマーケットストリート、シカゴのミシガンブルバード、ニューヨークの五番街は破片の中を通る道路でしかない。しかし、そのように破壊されても、米国は反撃する。敵の空挺部隊は一掃される。米国の空挺部隊が米国の都市を奪還する。米国は原爆戦争に勝利する。

[LIFE 1945/11/19 PP.34-35 ]
4000万人の生命を失って、米国は勝利するという想定を書いている。勝利後に残されるものは、廃墟と郊外・地方人口だと示唆する記事であり、それが麗しい状態ではないことは明かである。

そのような記事が、1945年11月の時点で一般の雑誌に掲載されていたのことは、ちょっと驚きだ。そして、この後も、米国の新聞や雑誌は、米国への核攻撃の想定記事を掲載し続ける。印象的な形で。
posted by Kumicit at 2014/01/11 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384901449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック