2014/01/11

メモ「コロラド州が、予防接種忌避を難しくする州法改正を検討中」

米国は州別に予防接種の強制法規が違っている。何らかの理由で、子供への予防接種を親が拒否できる州法があちこちにあるが、次第に拒否できる範囲が狭められているもよう。
Colorado officials are considering tightening the rules for vaccinations, and may make it more difficult for parents to claim religious exemptions for their kids. Right now, opting out of inoculation is typically as easy as filling out a form. But if health officials approve the new policy, parents who want to exempt their kids from vaccine requirements for non-medical reasons will need to receive more education on the benefits and risks of vaccination first.

The state’s health department is considering the rule change in light of recent outbreaks of infectious diseases, like whooping cough and measles, that have been linked to vaccine denial. Federal officials have repeatedly warned parents that failing to vaccinate their kids leaves them vulnerable to contracting these illnesses, which have been on the rise lately.

コロラド州政府当局者は予防接種規定を強化し、宗教的理由により子供を予防接種から除外することを難しくすることを検討している。現時点では、書類に記入するだけで、予防接種からオプトアウトできる。しかし、健康当局者は、医学的理由以外で子供たちを予防接種からオプトアウトさせたい親は、予防接種のベネフィットとリスクについてまず教育を受けることを義務付ける新方針を認可している。

コロラド州保健省は、予防接種忌避に伴う、百日咳や麻疹などの最近の感染症のアウトブレークに鑑みて、法規定の修正を検討している。連邦政府当局は親たちに繰り返し、子供たちに予防接種を受けさせないことは、最近増大している病気感染に対して子供たちを脆弱なままにしておくものだと警告している。

vaccines.jpg
2012-13学校年度において、予防接種をしなかった幼稚園の比率 (白色<1.0% ..... 赤茶色≧6.0%)
[A Booster Shot for Vaccines (2014/01/05) on Washington Post]


Other states with high vaccination refusal rates, like Oregon and Washington, have also made it more difficult for parents to opt their kids out of vaccines.

オレゴン州とワシントン州など予防接種拒否率の高い他の州は、子供を予防接種からオプトアウトするのを難しくする措置を既にとっている。

[TARA CULP-RESSLER:"Colorado May Become The Latest State To Crack Down On Vaccine Denialism" (2014/01/06) on ThinkProgress]

posted by Kumicit at 2014/01/11 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384910518
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック