2014/01/11

インドのマハラシトラ州政府が、一年の薬学研修でホメオパスが通常医薬品の処方を可能とする措置を承認

「一年間の通常薬学研修を受けたホメオパスが限定的に通常医薬品の処方を行うことができる」という方針を、ムンバイなどを含むインドのマハラシトラ州内閣が決定した。
In a move that could benefit over 60,000 homeopaths practising in Maharashtra and one that has invited shock and anger from MBBS doctors and others, the Maharashtra government has given its nod to a proposal to permit homeopaths to prescribe allopathic drugs after they complete a year-long course in pharmacology.

The Indian Medical Association has opposed the decision, threatening to approach the Bombay High Court and calling it a move to promote quackery.

マハラシトラ州政府は1年間の通常薬学コースを修了したホメオパスに通常医薬品の処方を許可する提案を承認した。これにより、マハラシトラ州で開業する6万人のホメオパスが恩恵を受けられるが、通常医療関係者には衝撃と怒りを招いた。

ニセ医療を推進するものだとして、ボンベイ高等裁判所に訴えると述べて、インド医学協会はこの決定に反対している。

[Homeopaths can do one-year course, prescribe allopathy drugs: Maha govt (2014/01/10) on FirstPost]
このような決定がなされた背景には、通常医師及び通常医療機関の不足がある。
"Most hospitals face an acute shortage of MBBS doctors and have to recruite ayurveda practitioners and homeopaths. The bridge course on pharmacology will upgrade doctors' skills," said Bomi Bhote, chief executive officer (CEO) of Ruby Hall Clinic.

Senior surgeon Dhananjay Kelkar, medical director of Deenanath Mangeshkar Hospital, said after the year- long training in pharmacology, these doctors will do well in general practice. "They are covered by the consumer protection law. It is a sensible step," he added.

「大半の病院が通常医師不足に直面して、ホメオパスやアーユルヴェーダ療法師を採用せざるを得なくなっている。薬学のブリッジコースは、これらの医師のスキル向上させるものだ」と、Ruby Hall ClinicのCEOであるBomi Bhoteは述べている。

Deenanath Mangeshkar Hospitalの上級外科医で医療ディレクタであるDhananjay Kelkarは、「一年間の薬学トレーニング後は、これらの医師たちは一般医療行為をうまくできるだろう。これらの行為は消費者保護法の対象である。公的監督下にある」と述べた。

[Umesh Isalkar: "Opening doors for homeopaths makes sense to some medicos" (2014/01/11) on Times of India]
インドでも、ホメオパシーは代替補完医療だが、「不足する通常医師を代替補完」するという別の意味も持っている。そして、そうすることで、インド政府は国民に"医療"を提供しているフリができるという面もある。
posted by Kumicit at 2014/01/11 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384911976
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック