2014/01/19

ミズーリ州下院に反進化論州法案HB1472登場

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ミズーリ州下院に反進化論法案が登場した。
Missouri's House Bill 1472, introduced in the House of Representatives on January 16, 2014, is the third antiscience bill of the year, following Virginia's HB 207 and Oklahoma's SB 1765. If enacted, the bill would require "[a]ny school district or charter school which provides instruction relating to the theory of evolution by natural selection" to have "a policy on parental notification and a mechanism where a parent can choose to remove the student from any part of the district's or school's instruction on evolution." Parents and guardians would receive a notification containing "[t]he basic content of the district's or school's evolution instruction to be provided to the student" and "[t]he parent's right to remove the student from any part of the district's or school's evolution instruction."
...
The sponsors of HB 1472 are Rick Brattin (R-District 55) and Andy Koenig (R-District 99). Both have a history of sponsoring antievolution legislation in Missouri. In 2012, Koenig sponsored and Brattin cosponsored House Bill 1276, a "strengths and weaknesses" bill, and Brattin sponsored and Koenig cosponsored House Bill 1227, which would have required equal time for "intelligent design" in public schools, including introductory courses at colleges and universities. In 2013, Koenig sponsored and Brattin cosponsored House Bill 179, a "strengths and weaknesses" bill, and Brattin sponsored and Koenig cosponsored House Bill 291, which would have required equal time for "intelligent design" in public schools, including introductory courses at colleges and universities. All died.

ミズーリ州下院に2014年1月16日に提案されたHB1472は、ヴァ―ジニ州下院HB207及びオクラホマ州上院SB1765に続く、今年3つめの反科学州法案である。成立すれば、「自然選択による進化論に関する授業を行う、いかなる学区あるいはチャータースクール(公設民営学校)」に対して「両親への通知ポリシーと進化論ついての学区あるいは学校の授業から生徒を除外できるメカニズム」を持つことを義務付ける。そして、両親及び保護者は「生徒たちに提供される学区あるいは学校の進化論について授業の基本内容」について書かれた通知を受け取り、「学区あるいは学校の進化論について授業から生徒を除外する権利」を持つ。
...
HB1472に提案者は、Disctrict-55選出の共和党Rich Brattin州下院議員と、District-99選出の共和党Andy Koenig州下院議員である。彼らはいずれも、これまでにもミズーリ州で反進化論州法案を提案してきた。2012年には、Koenigが提案者、Brattinが共同提案者として、「強いところと弱いところ」なHB1276を、Brattinが提案者、Koenigが共同提案者として、「公立学校及び大学の入門コースでのインテリジェントデザイン等時間教育」なHB1277を提案した。2013年には、Koeningが提案者として、Brattinが共同提案者として、「強いところと弱いところ」なHB179を、Brattinが提案者として、Koeningが共同提案者として、「公立学校及び大学の入門コースでのインテリジェントデザイン等時間教育」なHB291を提案した。いずれも廃案になっている。

[Antievolution legislation in Missouri (2014/01/17) on ncse]
オクラホマ州上院のSB1765ヴァージニア州下院のHB207とちがって、進化論教育を受けさせない権利を親に与える形の州法案となっている。これまでの「進化論の強いところと弱いところ」や「インテリジェントデザイン等時間」がうまくいかなかったので、案文を変えてみたようだ。

ああ

現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは2個:



2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/01/19 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385484611
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック