2014/01/28

ミズーリ州下院に2個目の反進化論州法案HB1587登場

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ミズーリ州下院に2個目の反進化論法案が登場した。
Missouri's House Bill 1587, introduced and given its first reading in the Missouri House of Representatives on January 23, 2014, is the fourth antiscience bill of the year and the second in the state. As is increasingly common with antiscience legislation, HB 1587 would, if enacted, in effect encourage science teachers with idiosyncratic opinions to teach anything they pleased − proponents of creationism and climate change denial are the usual intended beneficiaries of such bills − and discourage responsible educational authorities from intervening. The bill specifically cites "the theory of biological and hypotheses of chemical evolution" as controversial.

ミズーリ州のHB1587は、2014年1月23日にミズーリ州下院に提案され、第1読会が行われた。これは今年4個目の、ミズーリ州2個目の反進化論州法案である。反科学州法案に共通するものとなってきたように、HB1587は成立すれば、特異な考えを持つ教師に、自分が望むものを教えることを奨励する。創造論支持者や気候変動否定論者がこの州法案から便益を得られるように意図されている。そして、責任ある教育当局がこれを阻止することを禁じられる。この州法案は論争対象となっているものとして、特に「生物進化理論と生物の化学起源仮説」を挙げている。

HB 1587 would require state and local educational authorities to "assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies and permit teachers "to help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of the theory of biological and hypotheses of chemical evolution"; it would prevent such authorities from "prohibit[ing] any teacher in a public school system of this state from helping students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of biological or chemical evolution whenever these subjects are taught."

HB1587は、州及び地域の教育当局に対して、「教師が、科学的論争にについての理科カリキュラムをより効果的に提示する方法を見出すのを支援する」ことを求め、「生徒が生物進化理論と化学進化仮説の強いところと弱いところを、理解・分析・批判・客観的にレビューするのを、教師が支援する」のを許可することを義務付けている。そして、州及び地域の教育当局に対して、「生徒が生物進化理論と化学進化仮説の強いところと弱いところを、理解・分析・批判・客観的にレビューするのを、州内の学校の教師が支援するのを禁じる」ことを禁じている。

The sponsor of HB 1587 is Andrew Koenig (R-District 99); its cosponsors are Rick Brattin (R-District 55), Donna Lichtenegger (R-District 146), Kurt Bahr (R-District 102), Galen Higdon (R-District 11), Sandy Crawford (R-District 129), and Paul Wieland (R-District 112). Koenig was the sponsor of a string of similar bills: HB 179 in 2013, HB 1276 in 2012, and HB 195 in 2011. All failed. Koenig is also a cosponsor of House Bill 1472 in 2014, a bill that would require equal time for "intelligent design" in Missouri's public schools, including introductory courses at colleges and universities. He cosponsored the similar HB 291 in 2013 and HB 1227 in 2012; both failed.

[A second antievolution bill in Missouri  (2014/01/27) on ncse]
ミズーリ州1個目の反進化論州法案HB1472の提案者Rick Brattinは、これの共同提案者となっている。HB1472が親に対して子供に進化論教育を受けさせないようにする権利を与えるのに対して、このHB1587はよくある「強いところと弱いところ」州法案である。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/01/28 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386296406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック