2014/01/30

メモ「驚くべき数の大学生たちが満足な食事を得るのに苦闘している」

Smithsonian Magazineによれば...
[Rachel Nuwer: A Surprising Number of College Students Struggle to Find Enough Food (2014/01/29) on Smithsonian Magazine]

驚くべき数の大学生たちが満足な食事を得るのに苦闘している。

Food insecurity, a problem normally associated with poverty, also plagues college campuses
食料不安は、通常は貧困に関連する問題だが、これが大学のキャンパスをも悩ませている

Food insecurity, defined as the "limited or uncertain availability of nutritionally adequate and safe foods, and limited or uncertain ability to acquire acceptable foods in socially acceptable ways," is a problem normally associated with economic hardship. In 2011, around 15 percent of all U.S. households suffered from food insecurity, many of which also fell well below the poverty line.

According to new research, however, this problem might also impact another cohort of people: college students. In a study conducted at Western Oregon University, scientists found that 59 percent of around 350 surveyed students reported conditions qualifying them as food insecure during at least one point in the last year. In a statement, the researchers said they expected to find some degree of food insecurity on the campus, but that the actual prevalence revealed by the study was "shocking."

Increasing cost of tuition, rent, books, supplies and other higher education-related expenses may be drying up funds that students would otherwise use to feed themselves and maintain a healthy diet, the researchers hypothesize. Lacking in nutrients, the researchers say, might also impact a student's ability to perform well cognitively and excel at school.

While the study was confined to a single university, the team speculates that the results would likely apply to other campuses across the country.

栄養的に十分かつ安全な食料を手に入れることが限定的あるいは不確実であり、社会的に容認された方法で、許容できる食料を獲得する能力が限定的あるいは不確実であること」と定義される食料不安は、通常は経済的困難に官れする問題である。2011年には、米国の全世帯の15%が食料不安の状態にあり、それらの多くが貧困ライン以下だった。

新たな調査によれば、しかし、この問題は別なコホートの人々、すなわち大学生にも及んでいる。Western Oregon Universityの研究によれば、科学者たちは、調査対象の約350名の大学生の59%が、昨年1年間に少なくとも1回は食料不安の状態に陥っていたと回答した。ステートメントの中で、研究者たちはある程度の食料不安が見つかることは予期していたが、研究によって明らかになった実際の数値は「衝撃的」だと述べている。

授業料、家賃、書籍代、消耗品代、その他高等教育関連費用などの増加するコストは、本来は大学生が食料を調達し、健康的な食生活を維持するために使うべき資金を枯渇させたと、研究者たちは仮説を立てている。栄養不足は、適切な認知を行い、学業に秀でるための能力に影響を及ぼす可能性があると、研究者たちは言う。

この研究は、ひとつの大学に限定されたものだが、研究チームは、この結果が全米のキャンパスでも同様に起きていると推測している。

posted by Kumicit at 2014/01/30 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386464387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック