2014/02/08

サウスダコタ州上院のインテリジェントデザイン教育州法案SB112が提案者の要請で廃案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、サウスダコタ州上院のインテリジェントデザイン教育州法案SB112が廃案になった。
South Dakota's Senate Bill 112, which would, if enacted, provide that "[n]o school board or school administrator may prohibit a teacher in public or nonpublic school from providing instruction on intelligent design or other related topics," was killed in the Senate Education Committee on February 6, 2014, according to the Rapid City Journal (February 6, 2014).

The bill was killed at the request of its primary sponsor, Jeff Monroe (R-District 24), who told the Associated Press (February 6, 2014) that he decided that it was poorly written: "Some [members of the Senate Education Committee] agreed with the bill, but they would have had to vote against it, based on the fact that it was written poorly."

成立すれば「公立及び私立学校の教師がインテリジェントデザインあるいは関連するトピックの授業を行うことを、学区委員会あるいは学校管理者が禁じることを、禁じる」サウスダコタ州上院のSB112が、Rapid City Journalの2014年2月6日付の報道によれば、州上院教育委員会で廃案になった。

州法案は主提案者Jeff Monroe(共和党District24)の要請によるもので、彼はAssociated Press(2014/02/06)に対して「州法案文には欠陥があると判断した。州上院教育委員会の中には州法案に賛成してくれた委員もいたが、彼らは、案文に欠陥があることを理由に反対票を投じざるをえなかった。」と語った。

Monroe told the Sioux Falls Argus Leader (February 6) that the bill "was getting too big for the amount of benefit that would come of it. ... I think there are better ways to do this that don't scare the daylights out of school boards and get everybody riled up." He also told the newspaper that he thought that students should be allowed to "see both sides."

Monroe州上院議員はSioux Falls Argus Leader(2014/02/06)に対して「州法案はその利点に比して大きくなりすぎていた。同じことを実現するのに、学区教育委員会を怖がらせず、誰も怒らせない、より良い方法があると考えている」と述べた。彼は新聞に対して、生徒たちは「両論を見る」のを許されるべきだと考えていると語った。

[South Dakota "intelligent design" bill killed (2014/02/06) on ncse]
インテリジェントデザインを可能とする条文は、Kitzmiller et al v. Dover Area School District et al(2005)裁判の判例により違憲であるため、成立したとしても裁判で勝ち抜けないことは明らかだった。提案者であるMonroe州上院議員は、それに後から気が付いたのかわからないが、審議日程を浪費するわけにはいかず、審議を断念した模様。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の1個:

  • サウスダコタ州上院のインテリジェントデザイン教育州法案SB112が提案者の要請で廃案 (2014/02/08)





2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/08 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック