2014/02/10

韓国のラドン濃度は世界2位という報道

昨秋(2013/10)、韓国の住宅のラドン濃度が世界2位という報道が韓国であった。
According to Rep. Jang Ha-na of the main opposition Democratic Party, the average annual concentrations of radon gas was 124.9 becquerels per cubic meter (Bq/m3) in 7,885 randomly selected homes around the country, the second highest after the Czech Republic's 140 Bq/m3.

Under the 2010 World Health Organization (WHO) guidelines for air quality, the Czech Republic topped the list of countries with the highest levels of radon concentrations, followed by Finland (120 Bq/m3), Luxembourg (115 Bq/m3) and Sweden (108 Bq/m3). The comparable figures for other Asian countries were 16 Bq/m3 for Japan and 44 Bq/m3 for China.

The finding is based on a comparison of data compiled by the National Institute of Environmental Research with the levels of 29 countries surveyed under the 2010 WHO air quality guidelines, the lawmaker said.

野党民主党のJang Ha-na議員によれば、韓国全体からランダムに選んだ住宅の年間平均ラドン濃度は124.9Bq/m3であり、チェコ共和国の140Bq/m3に次ぐ、世界2位の高さだった。

2010年のWHOの大気汚染ガイドラインでは、チェコ共和国が屋内ラドン濃度の世界1位で、フィンランド(120Bq/m3)、ルクセンブルク(115Bq/m3)、スウェーデン(108Bq/m3)が続いていた。他のアジア諸国では、日本が16Bq/m3で、中国が44Bq/m3だった。

2010年のWHOの大気汚染ガイドラインに基づく29か国の調査と国立環境研究所のまとめたデータに基づいていると、Jang Ha-na議員は述べている。
...
South Korea's primary schools, where children spend many hours a day, were measured to have an annual average radon concentration of 98.4 Bq/m3.

子供たちが長時間を過ごす小学校の計測結果の年間平均は98.4Bq/m3だった。

[S. Korea's radon level in homes world's second-highest (2013/10/14) on Yonhapnews]
年間21000人がラドン関連肺癌で死亡している米国と同程度の濃度だとしても、韓国では年間4000人程度が死亡している可能性がある。


関連エントリ


posted by Kumicit at 2014/02/10 05:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387904975
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック