2014/02/26

エジプトのC型肝炎診断治療だうじんぐマシンへのネガティブな反応

昨日のつづき...

Egypt Independeの報道(2014/02/24)によれば、C型肝炎やAIDSの診断治療ができるというエジプト軍の"だうじんぐマシン"と見られるC-FASTについて、エジプト大統領科学顧問の懐疑的な発言を報じた。
Presidential Scientific Adviser Essam Heggy has stressed necessity that Egyptian scientific institutions stick to international standards of scientific research, publishing and production ahead of declaring results reached.

Heggy posted on Facebook saying that President Adly Mansour ordered having the results reviewed by specialized scientific committees and then communicate with scientific research centers and institutions at the world’s capitals to ensure the results are correct.

大統領科学顧問Essam Heggyは、エジプト科学研究機関は科学研究の国際標準にしたがって、成果を宣伝する前に論文発表する必要があると強調した。Heggy顧問はFacebookへの投稿で、「Adly Mansour大統領は、特別科学委員会で結果をレビューし、その後に世界各国の主要な科学研究機関と連絡とをとり、結果が正しいことを確認するよう命じた」と書いた。

[Al-Masry Al-Youm: "President orders review of AIDS-detecting device" (2014/02/24) on Egypt Independet]
Heggy顧問はMansour大統領の説得に成功したようで、ただちに実用に動くことはなさそうに見える。

これまで、軍やエジプト政府保険当局は浮かれた声を上げていたのだが...
Military Spokesperson Ahmed Mohamed Ali earlier announced that armed forces came up to new results related to discovering infection with AIDS and Hepatitis C virus.

Meanwhile, Abdel Hamid Abaza, deputy health minister, told the state-run TV that the C-Fast apparatus, produced by the armed forces’ engineering authority is the first of its kind in the world to detect Hep C, adding that it’s considered a historic turn in the way of diagnosing and treating the virus in Egypt and the whole world. He explained that the study revealed its accuracy ranged between 98-100 percent.

Depending on the new system, according to Abaza, will save hundreds of millions of pounds for Egypt, that are paid for importing chemical substances used for analyzing the virus.

軍広報官Ahmed Mohamed Aliはその前に、軍がAIDS及びC型肝炎ウィルス感染の検出に関連する新たな結果を得たと公表していた。

一方で、保健省副大臣Abdel Hamid Abazaは国営テレビで、軍の技術当局が作成したC-Fastは、C型肝炎検出についての世界初のものであり、エジプトと世界のウィルス診断治療方法を歴史的に転換するものだと述べていた。彼は研究の精度を98-100%だと述べていた。

Abaza副大臣によれば、この新システムにより、ウィルス分析のために輸入される化学物質に要する、エジプト政府の予算が数億ポンド節減できるという。

[Al-Masry Al-Youm: "President orders review of AIDS-detecting device" (2014/02/24) on Egypt Independet]
銭に言及してるところからも、エジプトはC型肝炎の高い感染率(20%程度)に悩まされており、政府や軍が怪しいネタに飛びつきやすい状況であることが示唆される。

本件について、BBCがソーシャルメディアの盛り上がりを取り上げるBBCtrendingの記事として取り上げている。BBCは、いかにも"だうじんぐマシン"な特許図面や、昨年の同件報道や、先日の軍広報官の発表、上記のEgypt Independentの記事など、これまでの流れを書いた上で、批判的なオンラインの反応を伝えている。
Egypt has the highest rate of hepatitis C in the world, with around 20% of people either suffering or having recovered from the disease according to the World Health Organisation. Sunday's announcement has caused a stir, with a video of the inventor being shared 12,000 times on Facebook and an ongoing Twitter discussion under the hashtag "Virus C miracle". A few of the tweets were supportive of the government, but what is striking is that the majority were satirical and questioned the science. "There is no such thing as secret military reports in m
edicine," TV presenter Khalid Muntasir told his 20,000 Twitter followers. "For a medical discovery to be recognized and be declared as such, it must be revealed to the public."

WHOによれば、エジプトは、約20%がC型肝炎を発症中もしくは発症後回復しているという、世界的に高い感染率の状態にある。日曜日の発表は注目を浴び、発明者の動画はFacebookで12000回以上シェアされ、Twitterではハッシュタグ"Virus C miracle"で議論が続いている。エジプト政府を支持するツイートも少しあるが、多くは皮肉的で科学的に疑問を呈している。「医学において秘密群報告のようなものはない。そのように認識され宣言される医学的発見は、公表されなければならない」とテレビプレゼンターKhalid Muntasirは20000人のフォロアーに向けてツイートした。

[#BBCtrending: Egyptian public sceptical about military’s HIV ‘breakthrough’ (2014/02/25) on BBC]
この騒ぎへのエジプト政府及び軍の対応次第では、次期大統領の最有力候補と見られているAbdel Fattah el-Sisi元帥へにダメージとなるかも。
posted by Kumicit at 2014/02/26 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389809814
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック