2014/04/09

豪州NHMRCは喘息、関節炎、睡眠障害、風邪やインフルエンザ、慢性疲労症候群、アトピー性皮膚炎、コレラ、火傷、マラリア、ヘロイン中毒などの症状や病気に何の効果もないと結論

豪州の国立保健医療研究評議会( NHMRC )は、ホメオパシーが有効であることを信頼できる証拠はないと結論したレビューのドラフトペーパーを公表した。
The draft paper by Australia's National Health and Medical Research Council (NHMRC) assessed research into the effectiveness of the alternative medicine on 68 health conditions and concluded “there is no reliable evidence that homeopathy is effective”.

Homeopathy claims to “let likes cure like,” by using highly diluted forms of the ailment it is treating. The Australian Homeopathic Association states the practice treats patients as a “whole person, taking into account personality, lifestyle and hereditary factors as well as the history of the disease.”

But the NHMRC review, conducted by a working committee of medical experts, said it had no impact on a range of conditions and illnesses including asthma, arthritis, sleep disturbances, cold and flu, chronic fatigue syndrome, eczema, cholera, burns, malaria and heroin addiction.

For the 68 conditions - including those listed - the review either concluded definitively that homeopathy was not more effective than a placebo, or at the very least there was no reliable evidence to suggest it was.

豪州の国立保健医療研究評議会( NHMRC )によるドラフトペーパーは、68の症状健に対する代替医療の有効性の研究を評価し、 「ホメオパシーが有効であることを信頼できる証拠はない」と結論した。

ホメオパシーは、病気の類似症状を起こす物質を高度に希釈した溶液を使って、病気を治療すると主張している。豪州ホメオパシー協会は「性格、ライフスタイル、遺伝要因、疾患の病歴を考慮して、全人的に患者を治療する」と述べている。

しかし、医療専門家の作業部会が実施したNHMRCのレビューは、喘息、関節炎、睡眠障害、風邪やインフルエンザ、慢性疲労症候群、アトピー性皮膚炎、コレラ、火傷、マラリア、ヘロイン中毒などの症状や病気に何の効果もないと述べている。レビューは、これらを含む 68の症状や病気にホメオパシーがプラセボ以上の効果がないか、効果があるという信頼できる証拠はないと明確に結論した。

[Helen Davidson:"Homeopathy is bunk, study says" (2014/04/08) on The Guardian]


University of New South Walesの医学部名誉教授で免疫学者であるJohn Dwyerはレビューを歓迎するとともに、ホメオパシーがワクチンとして使われることの危険性を指摘した。
“In my point of view as an immunologist, the most serious issue was the spreading of the concept that homeopathic vaccinations were harmless and just as good as orthodox vaccinations. People who believe that are not protecting themselves and their children,” he said.

Homeopathic “vaccinations” are offered for standard diseases, as well as some that there are no medica vaccines for, said Dwyer.

“Homeopathic vaccines were being offered for HIV, TB, Malaria… none of them were effective,” he said.

「免疫学者としての私の視点で最も深刻な問題は、ホメオパシーワクチンは無害かつ通常の予防接種と同じ効果があるという考え方の広がりだった。そう信じている人々は自分自身と子供たちを守っていない。ホメオパシーワクチンはスタンダードな病気はもとより、医療ワクチンのない病気にも提供されている。ホメオパシーワクチンは、HIVや結核やマラリアなどに提供されていたが、それらのどれにも何の効果もない」
豪州医師会(Australian Medical Association)のWestern Australia支部長Richard Choongも同様の指摘をしている。

“In a lot of cases it can be considered dangerous and can risk people’s lives, and vaccination is a classic example of this,” said Choong.

“Patients have been led to believe that they’ve been vaccinated in some way, using homeopathy, when there’s no evidence to say they have been immunised against a disease which may cause harm to them if they were to catch it.”

「多くの場合、ホメオパシーは危険と考えられ、人々の生命を危険にさらすものであり、ワクチン接種は典型例である。感染すれば実害が出る可能性のある病気の免疫ができると証拠なく述べることで、ホメオパシーを使って何らかの予防接種がなされたと人々は信じ込まされている。」
ホメオパシーワクチンは、集団免疫を損なうという点で、自己責任で済まない範囲に被害を及ぼすものである。この点は強調されるべき点である。
posted by Kumicit at 2014/04/09 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。