2014/05/25

ミズーリ州下院の2つの反進化論州法案HB1587とHB1472が時間切れ廃案

ミズーリ州下院の反進化論州法案HB1587HB1472は、米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、2014年5月16日のミズーリ州議会会期切れで廃案になった。
House Bill 1472 would have, if enacted, required school districts to allow parents to have their children excused from learning about evolution: "Any school district or charter school which provides instruction relating to the theory of evolution by natural selection" would have to have "a policy on parental notification and a mechanism where a parent can choose to remove the student from any part of the district's or school's instruction on evolution." Parents and guardians would receive a notification containing "[t]he basic content of the district's or school's evolution instruction to be provided to the student" and "[t]he parent's right to remove the student from any part of the district's or school's evolution instruction." Interviewed by the Kansas City Star (February 6, 2014), the bill's sponsor Rick Brattin (R-District 55) described evolution as "just as much faith and, you know, just as much pulled out of the air as, say, any religion." HB 1472 was passed by the House Committee on Elementary and Secondary Education on March 12, 2014, but subsequently died in the House Rules Committee.

HB1472は成立していれば、子供たちが進化論を学ばないことを両親が容認することを、学区に認めることを義務付ける。「自然選択による進化理論に関する教育を行う、学区及びチャータースクールは、進化論についての教育から子供たちを除外することが可能であることを両親・保護者に通知しなければならない。」両親・保護者は「生徒たちに提供される学区あるいは学校の進化論教育の基本内容」及び「学区あるいは学校の進化論教育のいかなる部分からも子供を除外できる権利がある」という通知を受け取れれる。Kansas City Startのインタビューで、州法案の提案者Rick Brattin(共和党District 55)は、進化論を「いかなる空気、いわば州j教から引き出せるようなものでしかない」と述べていあ。HB1472は州下院初等中等教育委員会を2014年3月12日に通過したが、州下院議事運営委員会で廃案となった。

House Bill 1587 would have, if enacted, deprived administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," specifically citing "the theory of biological and hypotheses of chemical evolution" as controversial. HB 1587 would have required state and local educational authorities to "assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies and permit teachers "to help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of the theory of biological and hypotheses of chemical evolution"; it would have prevented such authorities from "prohibit[ing] any teacher in a public school system of this state from helping students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of biological or chemical evolution whenever these subjects are taught." The bill was referred to the House Committee on Elementary and Secondary Education, where it died without a hearing.

HB1587は成立していれば、特に「生物進化の理論及び生命の化学起源の仮説」についての「科学的論争」について教師が生徒に誤った教育をするのを、学校管理者が阻止することを禁じる。HB1587は州および地域教育当局に対して、「科学的論争に関する理科カリキュラムの効果的提示方法の、教師による探究を支援する」ことを義務付け、「生徒が生物進化の理論及び生命の化学起源の仮説の強いところと弱いところについての科学的論争について、理解・分析・批判・客観的にレビューできるよう支援する」ことを義務付ける。この州法案は州下院初等中等教育委員会に送られ、公聴会を開くことなく廃案となった。

[Antievolution bills die in Missouri (2014/05/16) on NCSE]
ミズーリ州下院にも反進化論州法案審議につきあっている暇はなかったようで、放置されたまま廃案となった。これにより、2014年の反進化論州法案はすべて廃案・先送り・棚上げとなった。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:




2014年の反進化論州法案はすべて廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/05/25 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。