2014/07/27

シェラレオネとリベリアとナイジェリアのエボラ

7月20日に、リベリアからナイジェリアに到着したリベリア人が空港で倒れた。
Patrick Sawyer, a 40-year-old Liberian civil servant, collapsed on arrival in Nigeria's main airport on Sunday, health officials said. His condition rapidly deteriorated before he died, said Abdulsalami Nasidi, project director at the Nigeria Centre for Disease Control, who attributed his death to ebola.

日曜日に、リベリアの40歳の公務員Patrick Sawyerがナイジェリアの主力空港に到着して倒れたと、保健省当局者が述べた。彼は急速に病状が悪化して死亡したと、ナイジェリアの疾病コントロールセンタのプロジェクト長であるAbdulsalami Nasidiは述べて、その死亡がエボラによるものだとした。

[Monica Mark:"First case of ebola reported in Africa's most populous city Lagos" (2014/07/25) on The Guardian]
この時点ではエボラ感染者であるか確認されていなかったが、7月25日には確認された。
Nigeria's health minister, Onyebuchi Chukwu, on Friday said the "patient was subjected to thorough medical tests ... which confirmed the virus of Ebola," as the cause of death.
Onyebuchi Chukwuナイジェリア保健相は「患者は医学検査に回され、そこで死因がエボラウィルスによるものであることが確認された」と述べた。

[Ebola reaches Nigeria with death of Liberian (2014/07/25) on Aljazeera

Surveillance has been stepped up at all "airports, seaports and land borders", says Health Minister Onyebuchi Chukwu.
監視対象を「空港や港や陸上の国境線へと拡大させている」とOnyebuchi Chukwuナイジェリア保健相は述べた。

[Nigeria 'on red alert' over Ebola death in Lagos (2014/07/26) on BBC]


2014年2月以来、ギニア南部から始まり、リベリアとシェラレオネへと感染拡大したエボラが、ナイジェリアにも到達した。ただし、今のところ、新たな感染者はナイジェリアでは確認されていない。

一方、リベリアとシェラレオネでは



リベリアとシェラレオネとギニアに共通する伝統がエボラの感染を拡大している面がある。
"The deaths have been increasing because of traditional burial rites in that region," said Tolbert Nyenswah, Liberia's deputy chief medical officer. The Kissi ethnicity, found in all three countries, traditionally keep their dead at home for several days, and mourners touch the deceased's head frequently before burial.

Kissi族はこれら三カ国に居住し、伝統的に死者を数日、自宅に置き、会葬者たちは埋葬前に死者の頭部に触れる。
...
A doctor in Sierra Leone said patients' families often tried to break them out of treatment centres. "Some of them are in denial and [say] it is something they can treat at home, and faith healers are one of the problems for us. When you have patients disappearing like that, you don't know where the virus will appear next."

[Fear and ignorance help spread of killer Ebola virus in west Africa(2014/07/03) on South China Morning Post]


シェラレオネあry医師によれば、患者の家族が患者を治療センターから連れ出すことがよくある。「エボラではなく、治療可能な別の病気だと言う者もいる。そして、信仰療法士は常に我々の問題だ。患者が治療センターから連れ出されると、次にどこで感染者が見つかるかわからなくなる。

一昨日も取り上げたように、政府不信もある。

シェラレオネのKailahun地方では...
Ebola was initially viewed as a government conspiracy to depopulate Sierra Leone's Kailahun district, and fierce resistance to the arrival of health workers culminated in the stoning of a Medecins Sans Frontieres vehicle.

エボラは最初は、シェラレオネのKailahun地方の人口を激減させようという政府の陰謀だと見られていた。そして、医療スタッフの到着に強く抵抗し、Medecins Sans Frontieresの車への投石に及んだ。

[
Fear and ignorance help spread of killer Ebola virus in west Africa
(2014/07/03) on South China Morning Post]
シェラレオネでは、さらに危険な陰謀論が広まっているという。Concern WorldwideのSierra Leone責任者によれば...
The tightly held myths we seek to dispel include the belief that the disease is politically motivated or spread by NGOs or the government. Some believe if they are diagnosed with Ebola, they will be given an injection in a medical clinic to hasten their death. 

This misinformation means that people who are diagnosed sometimes flee, rejecting the treatment that might save their lives, and simultaneously spreading the disease into untouched towns and villages.

我々が払拭しようとしている、エボラに関する誤った強固な信念のなかには、「エボラが政治的に動機づけられたもの、あるいはNGOや政府が拡散しているもの」だという信念もある。エボラだと診断されると、病院で死を早める注射をされると信じている者もいる。

そのようなことを信じている人々は、彼らの生命を救ってくれるかもしれない治療を拒否して、医療機関から逃げ出して、感染者のいない町や村で、エボラの感染を拡大させるかもしれない。

[Fiona McLysaght, Country Director, Concern Worldwide Sierra Leone: "Ebola Spread through Myth and Fear" (2014/07/23)]


リベリアでも状況は違わない。
In Liberia, many believe the outbreak is a hoax from government officials seeking to distract from scandals or corruption.

"The government of Liberia has come up with a new strategy to divert the Liberian people's mind," student Alfred Randall said. " The virus is very terrible, but Ebola is not in Liberia."

リベリアでは、多くの人々が「エボラの感染拡大は、スキャンダルや汚職から国民の目を逸らそうとする政府の虚偽宣伝だ」と信じている。学生Alfred Randallは「リベリア政府は国民の関心を逸らす新たな戦略をとっている。エボラウィルスは非常に恐ろしいが、リベリアには存在しない」と言う。

[Fear and ignorance help spread of killer Ebola virus in west Africa(2014/07/03) on South China Morning Post]
さらに、リベリアでも別の陰謀論が広まっている。
Recently, there have been public perceptions that the ministry was extracting parts of people dying of the deadly Ebola disease in the country and selling them abroad.

It is reported that the body parts of these dead people, such as kidneys, hearts and livers, among others, are being allegedly extracted by the ministry for business purposes.

But reacting to the claims Thursday at a press conference in Monrovia, Assistant Health Minister for Preventive Services, Tolbert Nyenswah denied the allegation and described it as 'wicked'.

最近、人々は「リベリア政府はエボラでリベリア国内で死亡した患者から臓器などを採取して、国外に販売している」と思っている。「保健省は営利目的で、死亡した人の腎臓や心臓や肝臓などの臓器を摘出している」と報じられている。

この主張に対して、7月24日のモンロヴィアでの記者会見で、予防担当保健副大臣Tolbert Nyenswahは主張を否定し、そのような主張が不道徳だと述べた。

[PHILIP K. WHOEWIEH:"Liberia: 'We Are Not Extracting Body Parts'"(2014/07/25) on  The NEWS (Monrovia) ]





posted by Kumicit at 2014/07/27 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。