2014/07/27

ギニアとシェラレオネとリベリアでのエボラ対策への抵抗

今回のギアナ・リベリア・シェラレオネのエボラアウトブレイクでは、これまでのアウトブレイクの最大値である、1976年の旧ザイールでの死者280名、2000年のウガンダでの感染者425名(死者224名)を既に超えて、感染者1093名(うち死亡660名)となっている。

そして、リベリアからコートジボアール・トーゴ・ベニンを飛び越えて、感染者がナイジェリアに入国した事実に、エボラアウトブレイクが他人事ではないと気づいたAssociated Press配信記事...
The fact that the traveler from Liberia could board an international flight also raised new fears that other passengers could take the disease beyond Africa due to weak inspection of passengers and the fact Ebola's symptoms are similar to other diseases.

リベリアからの旅行者が国際便に乗ったという事実は、検問が不十分であり、症状もほかの病気と類似しているために、感染者がアフリカの外へウィルスを運び出してしまう可能性があるという恐怖を高めた・

[HEATHER MURDOCK: "Nigeria Death Shows Ebola Can Spread by Air Travel" (2014/07/26) by The Associated Press]
一方、感染地域であるシェラレオネの対策状況はおもわしくない。
Police were guarding an Ebola treatment centre in Sierra Leone on Saturday, the day after thousands marched on the clinic following allegations by a former nurse the deadly virus was invented to conceal "cannibalistic rituals" there, a regional police chief said.

元看護師が「致死的ウィルスは食人儀式を隠蔽するために作られた」と主張したことで、数千人のデモがエボラ治療センターに押し寄せたため、土曜日からセンターの警備を警察が行っていると、地域警察責任者は述べた。

[Umaru Fofana: "Ebola centre in Sierra Leona under guard after" (2014/07/27) on Reuters]
あいかわらず、政府不信は大きく、簡単に騒ぎになってしまっている。

さらに、同じくシェラレオネでは、エボラと診断された患者を家族が治療センターから連れ出すという事件が起きている。そして...
A Sierra Leone woman who fled hospital after testing positive for the Ebola virus has died after turning herself in, health officials have told the BBC.

Her family had forcibly removed her from a public hospital on Thursday.

保健省当局者がBBCに語ったところによれば、エボラウィルス感染陽性と診断された女性が治療センターから連れ出され、その後、自分で戻ってきた後、死亡した。彼女の家族が木曜日(2014/07/24)に彼女を治療センターから連れ出していた。

[Ebola outbreak: Sierra Leone escaped patient dies (2014/07/27) on BBC]
死亡した女性の家族が感染したかは不明。

このような治療活動への抵抗・妨害は当初から、ギニア・シェラレオネ・リベリアに広がっていた。ギニアでは...
In April, a mob claiming that foreigners were spreading diseases attacked a Doctors Without Borders clinic in rural Guinea and forced the Nobel Peace Prize-winning group to abandon its mission. The charity returned only after it had negotiated its safety with local religious leaders. Even the local Red Cross was forced to abandon a part of the country after men brandishing knives surrounded them.

4月には、外国人が病気をばらまいていると主張する群集が、ギニアの田舎にある国境なき医師団の診療所を襲って、ノーベル平和受賞団体のミッションを中断させた。地域の宗教指導者との交渉で安全が確保されてから、ようやく国境なき医師団はミッションを再開した。地元の赤十字も、一地方では、男たちにナイフで脅されて、診療を中断させられた。

[Laurie Garrett: "Why an Ebola epidemic is spinning out of control" (2014/07/24) on CNN]


Some local leaders spread rumors that "the white people" were conducting experiments, infecting Sierra Leonians or cutting off people's limbs. Doctors Without Borders warned that widespread belief that Ebola does not exist threatened to spread the disease regionally.

一部の地方の指導者たちは「白い人々が、シェラレオネ人に感染させたり、人々の四肢を切断したりという実験をしている」という噂を流している。国境なき医師団は「エボラが存在しないと信じること」は感染拡大の脅威となると警告した。

[Laurie Garrett: "Why an Ebola epidemic is spinning out of control" (2014/07/24) on CNN]
そして、6月にリベリアに感染が及ぶと...
By the end of June, the epidemic was exploding in Liberia, fueled by the same sorts of denial and wild rumors that were rampant in Sierra Leone and Guinea. In one county, men with weapons chased off government health workers.

6月末にリベリアに感染が拡大すると、シェラレオネやギニアと同様のエボラ実在否定やワイルドな噂が蔓延した。ある郡では、武器を持った男たちが政府のヘルスワーカーを追い回す事件も起きている。

[Laurie Garrett: "Why an Ebola epidemic is spinning out of control" (2014/07/24) on CNN]
死亡率は高いが、感染力は弱いので、いずれはこれまでのアウトブレイクと同様に制圧されると思われるが、それにはこれまでより時間がかかるかもしれない。
posted by Kumicit at 2014/07/27 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。