2014/08/01

リベリアに続き、シェラレオネも非常事態を宣言し、エボラ制圧の抜本的対策を開始

WHOによれば、2014/07/27時点でアフリカ西部(ギニア・シェラレオネ・リベリア))のエボラの感染者数は1323名(うち死亡729名)であり、増加中である。これらエボラ感染諸国のうち、リベリアに続き、シェラレオネも2014年7月31日にエボラ非常事態を宣言し、エボラ制圧の抜本的対策を開始した。
Ernest Bai Koroma, the president of Sierra Leone, deployed the army to quarantine Ebola-stricken neighborhoods and banned public meetings for at least 60 days, except for those dedicated to education about the virus.

Mr. Koroma also canceled overseas trips for top officials, including his planned visit to Washington next week for a three-day summit of about 50 African leaders with U.S. President Barack Obama.

"Extraordinary challenges require extraordinary measures," Mr. Koroma said in a televised address. "The disease is beyond the scope of any one country or community to defeat."

シェラレオネのErnest Bai Koroma大統領は、エボラ感染地区の隔離に軍隊を配備し、エボラ教育以外の目的の集会を少なくとも今後60日間禁止とした。

また、Koroma大統領は、アフリカ50か国の首脳及び米国のBarack Obama大統領との来週3日間のサミットのためのワシントン訪問を含む、すべての海外公式訪問をキャンセルした。「途方もない事態には、途方もない対策が必要である、もはやエボラは一国あるいは一地域で対処可能な状態にはない」とKoroma大統領はテレビ演説で述べた。

[DREW HINSHAW And BETSY MCKAY: "West African Governments Step Up Response to Ebola Epidemic"(2014/07/31) on Wall Street Journal]
さらに、Wall Street Journalによれば、WHOはエボラ感染の及んでいる西アフリカ諸国の首脳と2014年8月1日にギニアで会議を開き、エボラ制圧に向けた1億ドルの対策を開始する。

一方、リベリアからの乗客がラゴス空港で倒れて、病院で死亡したナイジェリアも対策を強化している。
Nigeria's civil aviation authority (NCAA) said on Thursday it had started temperature screening passengers arriving from places at risk from Ebola and had suspended pan-African airline Asky for bringing the first case to Lagos.
...
Patrick Sawyer, a consultant for Liberia's Finance Ministry in his 40s, collapsed on arrival at Lagos airport on July 20 on an Asky flight. He was put in isolation at the First Consultants Hospital in Obalende, one of the most crowded parts of the city, but died early on July 25.
...
Authorities were monitoring 59 people who were in contact with Sawyer, including airport contacts, and are seeking to make contact with all passengers that were on his flight.

ナイジェリア民間航空規制局(NCAA)は2014年7月31日に、エボラ感染地域から到着した人々の体温スクリーニングを開始し、ナイジェリア最初の感染者をラゴス空港に運んだアフリカの航空会社Askyの運行を停止させた。
...
リベリア財務省コンサルタントである40歳代のPatrick SawyerがAsky便で2014年7月20日にラゴス空港で倒れて、ラゴスで最も人口い密度の高いObalendeのFirst Consultants Hospitalに隔離されて、7月25日に死亡した。
...
民間航空規制局はSawyerと接触した空港関係者など59名をモニタリングし、同じフライトの乗り合わせた乗客を探している。

[Nigeria starts airport Ebola screening (2014/07/31) by Reuters]

In another sign of the spreading danger, Nigerian officials Thursday said they had identified 14 hospital workers at high risk of contracting Ebola. ... The workers have yet to show a fever, said Lagos State Health Commissioner Dr. Jide Idris.

さらに危険性が拡大している兆候として、ナイジェリア当局者は「14名の病院勤務者がエボラ感染のリスクが高いことを特定した」と述べた。... ラゴス州保健局長Dr. Jide Idrisは「14名で発熱した者はいない」と述べた。

[DREW HINSHAW And BETSY MCKAY: "West African Governments Step Up Response to Ebola Epidemic"(2014/07/31) on Wall Street Journal]

posted by Kumicit at 2014/08/01 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック