2014/08/03

エボラ感染者の「治療」

これまでよりも多くの感染者・死亡者数が出ているエボラアウトブレイク。しかし、ウィルスが特に変わったわけではない。伝統文化や国外からの医療支援への抵抗はこれまでもあった。何が違っているかというと、ミネソタ大学感染症研究及び対策センター長のDr. Michael T. Osterholmによれば...
What’s different about this outbreak? The Ebola virus hasn’t changed; Africa has changed. First, residents of the affected countries − Guinea, Liberia and Sierra Leone − travel much farther and have many more contacts than they did in previous decades. Following up on all contacts who live a few miles from a case is much easier than tracking down people who may live far away. With modern transportation, family members may travel hundreds of miles to be with sick loved ones. And more of this outbreak area, in West Africa, is urbanized than where many of the previous outbreaks occurred in Central Africa, so the virus spreads faster. ... Moreover, this is the first time that this part of Africa has experienced an Ebola outbreak, so there is no collective memory of what to do to stop the virus.

今回のアウトブレイクは何が違うのか。エボラウィルスは変わってはいない。アフリカが変わった。まず、感染地域の諸国キニア・リベリア・シェラレオネの人々は、過去数十年より、はるかに遠くまで旅行するようになり、多くの人々と接触するようになった。はるかに遠くに住む人々を追跡するよりも、ほんの数マイルの範囲の接触者たちを追跡する方が、ずっと簡単だ。現代の交通機関を使い、病気になった家族の一員を訪ねて、数百マイルを旅することもある。さらにアウトブレイクが起きているアフリカ西部では、これまでアウトブレイクが起きたアフリカ中央部よりも都市化が進んでいる。したがって、これまでよりも、速く感染が広まる。 ... さらに、このアフリカ西部は初めてエボラアウトブレイクに見舞われ、感染を止める集合知がない。

[Michael T. Osterholm (Director of the Center for Infectious Disease Research and Policy at the University of Minnesota): "What we need to fight Ebola" (2014/08/01) Opinion on NY Times]
これも、辺境集落に感染を閉じ込められずに、都市部へと拡大した要因の一つである。結果として...
"This outbreak is moving faster than our efforts to control it. If the situation continues to deteriorate, the consequences can be catastrophic in terms of lost lives but also severe socioeconomic disruption and a high risk of spread to other countries," Chan said.

WHOのChan事務局長は「このアウトブレイクは、感染拡大をコントロールしようとする努力よりも速く進んでいる。事態がこのまま悪化し続けると、結果として失われる生命の観点からだけでなく、深刻な社会経済的混乱および他国への感染拡大リスクという点でも、カタストロフィックなものになるかもしれない」と述べた。

[Ebola is outstripping control efforts, top WHO official warns(2014/08/01) on LA Times]
いまだ、エボラウィルスに対するワクチンや直接的な治療法は見つかっていない。しかし、感染防止方法はわかっており、ギニア・リベリア・シェラレオネで活動する、国外からの医療支援者たちで感染したのは、今のところ、帰国しアトランタの病院に入院したDr. Kent Brantlyを含む2名のみである。訓練不足や防護装備不足などにより、現地医療スタッフがエボラウィルスに感染する事故が起きているもようである。

また、感染した医療スタッフを本国に帰国させて、治療を受けさせることは、意味がある。National Institute of Allergy and Infectious DiseasesのDr. Anthony Fauci所長によれば、感染後の医療ケアにより、エボラ出血熱の死亡率を大きく下げることがきる。
On Friday, Dr. Anthony Fauci, head of the National Institute of Allergy and Infectious Diseases, said that the species of the current Ebola virus outbreak was very closely related to the so-called Zaire strain -- the most virulent of the five known strains.

While there is currently no vaccine for the disease -- and there is unlikely to be one for at least a year -- Fauci said proper medical care could reduce the rate of death.

"You could have a strain that’s real virulent, like the Zaire strain and in conditions in which individuals don’t go to a healthcare center, don’t get intravenous replacement of fluids, don’t get anti-inflammatories to bring their fever down, don’t get supportive care, and don’t get antibiotics for secondary bacterial infections, those persons may have a mortality rate of 90%," Fauci said.

However, people with the same disease and access to good medical care stand greater odds of survival.

"The mortality could be down as low as 45, 50, 55 percent," Fauci said. "So the mortality is influenced not only by whether you are inherently dealing with a virulent strain -- which in this case you are -- but also the accessibility to medical care, particularly fluid replacement."

国立アレルギー感染症研究所長のDr. Anthony Fauciは2014/08/01に「現在のエボラアウトブレイクのウィルスは、いわゆるザイール株に非常に近い種である。現状はワクチンはなく、今後1年はワクチンは作れないが、適切な医療ケアにより死亡率を下げられる可能性がある」と述べた。

「ザイール株のような実査に病原性のある株に感染し、医療センターに行かず、補液療法を受けられず、解熱のための抗炎症剤を投与できず、やサポートケアを受けられず、2次感染防止のための抗生物質を投与できなければ、死亡率は90%になる。しかし、同じ病気になっても、適切な医療を受けられれば、生存確率は大きく高まる。死亡率は45-55%にまで下げられる。死亡率は、病原体の株への抵抗力を持っているかのみならず、適切な医療、特に補液療法を受けられるかに依存している。」

[MONTE MORIN, TINA SUSMAN:"Proper medical care can greatly reduce lethality of Ebola virus" (2014/08/01) on LA Times]
隔離は感染防止を目的としているが、適切な治療によって生存確率を上げることにもつながる。そのためにも、現地の医療スタッフ増強への動きは重要。
posted by Kumicit at 2014/08/03 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック