2014/08/22

オハイオ州下院に季節外れの反科学州法案HB597登場

季節外れだが、米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、オハイオ州下院に反科学州法案が提案された。
[Ohio's House Bill 597, introduced in the House of Representatives on July 28, 2014, would, if enacted, require the state's science standards to "prohibit political or religious interpretation of scientific facts in favor of another" − and a sponsor of the bill told a newspaper that it would allow local school districts to teach creationism alongside evolution and global warming denial alongside climate science.

Andy Thompson (R-District 95), who along with Matt Huffman (R-District 4) introduced HB 597, which is primarily aimed at repealing Common Core, told the Cleveland Plain Dealer (August 19, 2014) that the clause in question (in the newspaper's words) "prevents teachers and schools from only presenting one side of a political and scientific debate − global warming, for example, without presenting the other side."

2014年7月28日にオハイオ州下院に提案されたHB597は成立すれば、州理科教育基準に対して「別の側を選好して、科学的事実を政治的あるいは宗教的に解釈することを禁じる」 州法案の提案者は新聞に、この州法案により学区は進化論とともに創造論、気候科学とともに温暖化否定論を教えることができるようになると述べた。

共和党District95選出Andy Thompson州下院議員は、共和党District4選出Matt Huffman州下院議員はHB597を提案し、"Common Core"の撤回を狙っている。彼らはCleveland Plain dealer紙(2014/08/19)に対して、「地球温暖化などについて政治的及び科学的議論の一方側だけを提示し、もう一方を提示しないことを教師及び学校に禁じている」と述べた(言い間違えた)。

...

According to the Columbus Dispatch (August 19, 2014), HB 597 was assigned not to the House Education Committee but to the House Rules and Reference Committee, "which is run by top House GOP leaders and rarely hears bills." Huffman told the Dispatch that "he plans to hold six hearings over three weeks. The plan is to vote it out of committee to set up a full House vote soon after the November election."

Columbus Dispatch紙(2014/08/18)によれば、HB597は州下院教育委員会ではなく、「州下院共和党指導者たちが運営し、州法案について公聴会を開くことがあまりない」州下院議事運営委員会に送られた。Huffman州下院議員はDispatch紙に「3週間で6回の公聴会を開く計画だ。11月の議会選挙後にすぐくに、委員会をとばして、州下院本会議で議決することを狙っている」と述べた。

[Antiscience legislation in Ohio (2014/08/19) on NCSE]

Hearings on the bill are already taking place, according to the legislative website.

州議会サイトによれば、既に公聴会が開かれている。

[Update on Ohio's antiscience bill (2014/08/02) on NCSE]
多くの反進化論州法案は委員会審議で放置されて会期切れを迎える。これを避けて、本会議での議決にたどりつきたいようだ。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:




2015年度に向けた反進化論州法案は以下の通り:

  • オハイオ州下院に季節外れの反科学州法案HB597登場 (2014/08/22)


2014年の反進化論州法案はすべて廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/08/22 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。