2014/10/05

リベリアとシエラレオネのエボラアウトブレイク Update(2014/10/01)

シエラレオネはエボラ感染防止のために2014/09/19-21に外出禁止・戸別訪問を実施した。その後の感染数者数の推移を見ると、新規感染者数は増加傾向にある。これが、事態の悪化なのか、広報活動の成果による認知数の増加なのかは不明。
Ebola_20141001gn.PNG
一方、リベリアの新規感染者数の増大はいったんに収まったように見えている。しかし、こちらも感染者収容施設の不足などにより、感染者を捕捉しにくくなっているだけかもしれない。

そのリベリアで、感染者のプライバシー保護のため、政府の取材許可なくエボラ感染者を取材・報道することを禁じられる。
Journalists could be arrested and prosecuted if they fail to get written permission from the health ministry before contacting Ebola patients, conducting interviews or filming or photographing healthcare facilities, officials said.

"We have noted with great concern that photographs have been taken in treatment centres while patients are going in to be attended by doctors. That is invasion of the dignity, privacy and respect of patients," Tolbert Nyenswah, assistant minister of health and head of Liberia's Ebola Incident Management System, said.

"Ebola patients are no different from any other patients. We should do that (report) under permission so that we don't just take pictures or send out stories of naked people (in a way) that does not respect their privacy," he said.

リベリア保健省の許可なく、エボラ感染者とのコンタクト、医療機関へのインタビュー・撮影(動画・静止画)を行った場合、報道関係者は逮捕・訴追される可能性がある。

「治療センターで撮影された、これから治療に向かう感染者の写真について我々は大いなる懸念を示してきた。これは感染者のプライバシーと尊厳を損なうものである。エボラ感染者は他の患者と何ら違わない。プライバシーに敬意を払わずに、写真を撮ったり、記事を送ったりしないように、報道許可のもとで報道すべきである」と保険副大臣でエボラ対策本部長のTolbert Nyenswahは述べた。

[Bate Felix:"Liberia imposes media restrictions on "invasive" Ebola coverage" (2014/10/03) by Reuters]
これについて、援助団体からの反応は今のところない。

なお、これとは別に、米国NBCnewsと契約した33歳のフリーランサーがエボラに感染し、NBCnewsクルーが全員帰国することになった例がある。報道陣の行動追跡を可能にして必要はあるかもしれない。



posted by Kumicit at 2014/10/05 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック