2014/10/11

シエラレオネでのエボラ治療ボランティアから豪州に帰国した看護師を批判する国会議員

豪州のSue Ellen Kovack(57歳, 登録看護師)がシエラレオネのエボラ対策に1か月間ボランティアで参加して、2014/10/07に豪州に帰国後。体調不良で2014/10/09に入院。当日遅くにエボラ検査の結果が出て、陰性だった。

A Cairns nurse who was hospitalised on Thursday has tested negative to the deadly Ebola virus, authorities say.

Sue Ellen Kovack, 57, presented herself to the Cairns Hospital on Thursday afternoon after complaining of a fever. Three days earlier she returned from a month-long volunteering stint in Sierra Leone treating Ebola hospital victims.

In a statement, Queensland Health chief health officer Dr Jeanette Young said Ms Kovack would remain under observation for at least another 24 hours.

"This is a necessary precaution given the patient has been to West Africa and has had a fever within the incubation period of 21 days. For the sake of her health and to follow due diligence, we want to be sure she is clear of Ebola virus disease as well as any other disease."

2014/10/09に入院したCairnsの看護師のエボラ検査の結果は陰性だったと当局が発表した。

Sue Ellen Kovack(57)は、2014/10/09午後に発熱してCairns Hospitalに来た。3日前に、一か月間のシエラレオネでのエボラ治療ボランティアから帰国したところだった。

豪州Queesland州保健省の最高保健責任者Dr Jeanette Youngは、声明で、Ms Kovackは最低24時間は観察下に置かれると述べた。

「これは潜伏期間21日以内に、西アフリカ渡航歴のある発熱した患者に対する必要な予防措置である。彼女自身の健康状態及びデューデリジェンスのため、エボラなどの疾病に感染していないことを確認したい」

[Kristian Silva: "Ebola scare: Cairns nurse tests negative" (2014/10/10) on SMH]
エボラ感染者治療チームの一員であることがわかっていたスペインの看護助手や、リベリアから来たことを自己申告した米国ダラスのリベリア人が、エボラの可能性を前提とした対処がなされなかったのに対して、ここでは特にエボラ対策上の問題は起きていない。また、結果として、感染者でもなかった。

ここまでは何の問題もなかったのだが、そこにCairnsを含むKennedy選挙区選出のBob Katter国会議員が登場した。
Mr Katter said on Thursday it was "unbelievable and incomprehensive" how a person could get into Australia from an Ebola infected country.

"There cannot be any compromise with this," Mr Katter said.

"If you want to go to one of these countries, however laudable your motivation, I am sorry but when you return to Australia, you must be quarantined for three weeks - not home quarantined."

Mr Katter said Australian aid workers travelling to west Africa, including Ms Kovack, were putting Australia at risk.

"We love these people, and we honour these Australians for being self-sacrificing, but compared to the risk they create for our country, it is not remotely comparable. One person's moral and humanitarian ambitions are being carried out at a very grave cost to Australia."

「エボラ感染諸国から豪州への入国者がいたとは信じられない
「これは妥協できない
「これらの諸国に行きたいなら、動機が称賛に値するものあっても、豪州帰国時には、自宅ではなく病院で3週間の隔離が必要である
「西アフリカへ援助に行った人々は豪州をリスクに晒している
「我々はこれらの人々を愛し、その自己犠牲を称揚するところであるが、豪州にもたらされるリスクを考えるなら、それは比較にならない。ひとりの倫理と人道的動機が、豪州に重大なコストを強いるだろう

[Aid workers creating Ebola risk in Australia, Bob Katter claim (2014/10/09) on SMH]
普通の人々の日常会話やオンラインの発言としては、幾らでもありそうなものだが、国会議員となると話が違ってくる。
Australian Medical Association head Brian Owler has lashed out at Mr Katter's 'hysterical' response. He has called for calm until the results are known, and for Australia to dedicate more resources to stopping the crisis overseas.

"Now is not the time to be creating hysteria and concern," he said. "We also need to show a level of empathy for this individual, instead of creating hysteria. This woman has done everything right.

[Aid workers creating Ebola risk in Australia, Bob Katter claim (2014/10/09) on SMH]

QUEENSLAND MP Bob Katter's comment that a nurse put the country at risk of Ebola through her "humanitarian ambitions" in west Africa were unfortunate, and the "real hero" deserves a pat on the back, Opposition Leader Bill Shorten says.

[Katter comments 'unfortunate': Shorten (2014/10/11) on NewsComAu]
いまのところ、Katter議員を支持する流れもなく、ボランティアの禁止や帰国時隔離を求める動きも見られない。


posted by Kumicit at 2014/10/11 10:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。