2014/10/12

増大するエボラ感染者の数に圧倒されるシエラレオネとリベリア

シエラレオネでも、リベリアと同じく、増大するエボラ感染者数に対応できなくなった。そして、リベリアが最低限のケアのみを行うアドホックな施設をつくることを選択したのに対して、シエラレオネは自宅看護を余儀なくされている。

シエラレオネ



シエラレオネでは増大するエボラ感染者の数に、エボラ対策が敗北し、感染者の自宅看護するプランを承認せざるを得なくなっている。
“It’s basically admitting defeat,” said Dr. Peter H. Kilmarx, the leader of the federal Centers for Disease Control and Prevention’s team in Sierra Leone, adding that it was “now national policy that we should take care of these people at home.”

“For the clinicians it’s admitting failure, but we are responding to the need,” Dr. Kilmarx said. “There are hundreds of people with Ebola that we are not able to bring into a facility.”

連邦CDCのシエラレオネハケンチームリーダのDr. Peter H. Kilmarxは「これは基本的には敗北を認めたということだ。今や、自宅でこれらの人々を看護するというのが国家政策である。医療関係者にとっては敗北を認めることだが、我々に必要なことには対処していく。施設に収容できていないエボラ感染者が数百人いる」と述べた。

The effort to prop up a family’s attempts to care for ailing relatives at home does not mean that officials have abandoned plans to increase the number of beds in hospitals and clinics. But before the beds can be added and doctors can be trained, experts warn, the epidemic will continue to grow.

C.D.C. officials acknowledged that the risks of dying from the disease and passing it to loved ones at home were serious under the new policy − “You push some Tylenol to them, and back away,” Dr. Kilmarx said, describing its obvious limits.

家族が親族を自宅で看護するのを支援する努力は、病院のベッド数を増やす計画を放棄するものではない。しかし、ベッドの追加や医師の訓練ができる前に、感染が拡大してしまうと専門家は警告する。

CDCのDr. Kilmarxは、「新たな方針のもとは、自宅でエボラで死亡し、周囲の人々に感染を広めるリスクが重大であること」を認めて、「タイレノールを患者にかけて、患者に触れないこと」とできることの明らかな限界を述べてい

But many patients with Ebola are already dying slowly at home, untreated and with no place to go. There are 304 beds for Ebola patients in Sierra Leone now, but 1,148 are needed, the World Health Organization reported this week. So officials here said there was little choice but to try the new approach as well.

“For the first time, the nation is accepting the possibility of home care, out of necessity,” said Jonathan Mermin, another C.D.C. official and physician here. “It is a policy out of necessity.”

しかし、多くのエボラ感染者たちが既に、治療も受けられず、行く場所もなく、緩慢に自宅で死んでいっている。「現時点でシエラレオネにはエボラ感染者のためのベッドが304あるが、1148が必要である」とWHOのレポートは今週述べている。してがって、ここの当局者たちは、新たなアプローチ以外に試せる道がないと言っている。

CDC職員で医師であるJonathan Meriminは「初めて、やむをえず、シエラレオネ政府は自宅看護の可能性を認めている。これは、やむをえない政策だ。」と述べた。

[ADAM NOSSITEROCT: "Officials Admit a ‘Defeat’ by Ebola in Sierra Leone" (2014/10/11) on NYTimes]
感染拡大させかねない自宅看護を認めざるを得ないところに、事態は至っている。

リベリア



既に2014年9月の時点で、リベリアも同様の状況に陥っていた。
When it opened, there were 120 beds available. Within hours, the clinic was already stretched − every space available filled with the city’s most frightened and seriously ill. Somehow, room was made for more patients and currently, by adding beds and sofas where possible, staff estimate the total number is likely closer to 200.

開設時は120のベッドが使用可能だった。数時間で、治療施設が拡張され、利用可能なスペースが最も恐れられ重篤な病気の患者によって埋め尽くされた。さらに多くの患者を収容できるように部屋が用意され、可能な限りベッドやソファが追加され、スタッフによれば、その数は200近くになった。

[Stephanie Jenzer: "Ebola outbreak: Liberia's newest, largest treatment clinic already at capacity" (2014/09/29) on CBC]
まったく、治療施設の収容力が追い付いていない。結果として...
So many Ebola victims are dying at home because of the severe shortage of treatment centers here in Monrovia, Liberia’s capital, that they are infecting family members, neighbors and others in a ballooning circle of contagion.

Only 18 percent of Ebola patients in Liberia are being cared for in hospitals or other settings that reduce the risk of transmission by isolating them from the rest of the population, according to the Centers for Disease Control and Prevention. Unless that rate reaches 70 percent, the center predicted this week, Ebola cases will keep soaring.

リベリアの首都モントロヴィアでは、治療センターの不足から、多くのエボラ感染者たちが自宅で新江ぢる。そして、家族や隣人などに感染の輪が広がっている。

CDCによれば、リベリアではエボラ感染者の18%しか、隔離による感染防止設備の整った病院などの施設で治療を受けていない。CDCは、その率を70%に上げない限り、エボラ感染者数が増大し続けると予測している。

[NORIMITSU ONISHI: "In Liberia, Home Deaths Spread Circle of Ebola Contagion" (2014/09/24) on NYTimes]
そのため、最低限のケアのみを行う収容施設の設置をリベリアは進めている。
Looking for a new approach to blunt the Ebola epidemic sweeping West Africa, the Liberian government, the World Health Organization and their nonprofit partners here are launching an ambitious but controversial program to move infected people out of their homes and into ad hoc centers that will provide rudimentary care, officials said Monday.

西アフリカを席巻しているエボラ流行に対抗する新たなアプローチを求めて、リベリア政府とWHOと援助団体は、野心的かつ賛否の分かれる、「感染者を自宅から連れ出して、アドホックなセンターに収容し、基本的なケアのみを行う」計画を開始すると、当局者が述べた。

[Lenny Bernstein and Lena H. Sun: "New effort to fight Ebola in Liberia would move infected patients out of their homes" (2014/09/22) on WashingtonPost]
それも追いつかないので、自宅看護を想定した準備を米国政府がリベリアに対して行っている。
Faced with similar circumstances in neighboring Liberia, where even more people are dying from the disease, the American government said last month that it would ship 400,000 kits with gloves and disinfectant.

“The home kits are no substitute for getting people” to a treatment facility, said Sheldon Yett, the Unicef director for Liberia. “But the idea is to ensure that if somebody has to take care of somebody at home, they’re able to do so.”

さらに多くの人々がエボラで死亡している隣国リベリアでは、米国政府が先月(2014/09)に、40万キットの手袋と消毒剤を送ると発表している。

ユニセフのリベリア担当のSheldon Yettは「ホームキットは、治療施設への収容に代わるものではない。しかし、これは自宅で看護せざるをえなくなったときに、それができるようにするものである。」

[ADAM NOSSITEROCT: "Officials Admit a ‘Defeat’ by Ebola in Sierra Leone" (2014/10/11) on NYTimes]


posted by Kumicit at 2014/10/12 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック