2014/10/12

リベリアからダラスに来て死亡したエボラ感染者から、医療従事者1名がエボラ感染/隔離

2014年10月12日付のテキサス州保健局のリリースによれば、リベリアからダラスに来て死亡したエボラ感染者Duncan氏の看護にあたっていたTexas Health Presbyterian Hospitalの医療従事者1名が、10月10日に発熱を訴えて隔離され、10月11日にエボラ陽性判定が出た。
[Texas Patient Tests Positive for Ebola - News Release (2014/10/12) on Texas State]

Texas Patient Tests Positive for Ebola
テキサスの患者がエボラ検査陽性

A health care worker at Texas Health Presbyterian Hospital who provided care for the Ebola patient hospitalized there has tested positive for Ebola in a preliminary test at the state public health laboratory in Austin. Confirmatory testing will be conducted by the Centers for Disease Control and Prevention in Atlanta.

The health care worker reported a low grade fever Friday night and was isolated and referred for testing. The preliminary ​test result was received late Saturday.

Texas Health Presbyterian Hospitalでエボラ患者の看護にあたっていた医療従事者が、オースチンの州公衆衛生ラボの初期検査でエボラ陽性と判定された。確認検査がアトランタのCDCで実施される。

この医療従事者は2014/10/10夜に微熱を報告し、隔離され、検査に回された。初期検査の結果は2014/10/11遅くに出た。

"We knew a second case could be a reality, and we've been preparing for this possibility," said Dr. David Lakey, commissioner of the Texas Department of State Health Services. "We are broadening our team in Dallas and working with extreme diligence to prevent further spread."

Health officials have interviewed the patient and are identifying any contacts or potential exposures. People who had contact with the health care worker after symptoms emerged will be monitored based on the nature of their interactions and the potential they were exposed to the virus.

Ebola is spread through direct contact with bodily fluids of a sick person or exposure to contaminated objects such as needles. People are not contagious before symptoms such as fever develop.

「二人目の感染者が出る可能性があることはわかっており、我々はその可能性を想定して準備してきた。我々はダラスのチームを拡大し、さらなる感染拡大を防止すべき全力を挙げている」とテキサス州保健局のDr David Lakey局長は述べた。

保健局員が患者と対面し、接触の可能性を特定している。発症後にこの医療従事者と接触した人々は、接触方法及び感染の可能性に基づいてモニターされる。

エボラは病気の人もしくは注射針のような汚染された物についている体液の直接接触により感染する。発熱などの症状が出るまでは感染性を持たない。
リベリアからダラスに来たDuncan氏と違って、もともと接触者としてモニタリング対象者だと思われ、対処は迅速に行われているようである。

なお、いつ感染したかは特定されていないが、エボラの可能性を病院側が認識していなかった時点での感染の可能性もある。
posted by Kumicit at 2014/10/12 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック