2014/11/16

「エボラは黄熱の一種だ」というホメオパスたちは、リベリアでエボラ感染者に接触することはなかった

先月取り上げた「"エボラは黄熱の一種だ"というホメオパスたちがリベリアに入国、Ganta Hospitalで治療に従事することになった」件のつづき。

その後の情報はほぼ皆無。むしろ、存在していた情報も消えている。

残っているのはホメオパス団体LMHIの、4人がリベリアに入国したときの記事出国後の記事のみ。その出国後の記事によれば、2週間ほど現地に滞在したものの、エボラ感染者に接触していない。
Our team returned from the mission healthy and well, but with different results than we had intended. Having arrive on 17 October, the four volunteers had received six days of introduction to national health authorities and instruction in Ebola safety protocol before proceeding to the Hospital in which they were supposed to work. But, somewhat surprisingly and due to a few diplomatic problems, they were not allowed to administer homeopathic remedies to the EVD patients as an adjunct to the WHO protocols.

我々のチームは健康と幸福のミッションから帰還したが、意図したものと結果は違っていた。2014/10/17に到着し、4人のボランティアは、彼らが活動することになっていた病院に行く前に、6日間の政府健康当局への紹介とエボラ安全手順の指導を受けた。しかし、少し驚くことに、外交手続き上の問題で、WHOの手順への追加としてエボラ感染者にホメオパシーレメディを処方することは許可されなかった。

Existing EVD patients, already treated under WHO protocols, had to be managed under that therapy without homeopathic intervention because our volunteers were not allowed to enter the ETU’s (Ebola Treatment Units).Thus, we were unable to apply homeopathy on Ebola patients during this mission.

Since the incidence of Ebola Virus Disease was already declining in that district, and Liberia in general, no new patients with Ebola were admitted to that hospital during the volunteers’ stay, which lasted until 7 November 2014.

既存のエボラ感染者は、既にWHOの手順で治療されており、ホメオパシー治療なしになんとかしなければならなかった。というのは我々のボランティアたちはETU(エボラ治療ユニット)への立ち入りを認められなかったからだ。したがって、我々はこのミッション期間中に、ホメオパシーをエボラ感染者に処方できなかった。

その地域及びリベリア全域で、エボラの新規感染者数が減少しており、2014/11/07までの、ボランティアたちが滞在中に、新たなエボラ感染者が病院に収容されることはなかった。

While awaiting decisions from the Health Ministry, the team treated very severe non-EVD patients who did arrive, regardless of their disease. Both hospital and clinic out-patients were seen and treated, with impressive results. The results were so promising that the LMHI were requested on departure to establish a program of homeopathic teaching and treatment in the Hospital The mission’s broader goal of bringing homeopathy to Liberia is therefore underway, thanks to the four volunteers and their work.

We wish to thank the volunteers, the donors, our hosts in Liberia who supported us, and everyone who participated in the effort to get this team to Liberia, and to bring them home again safely.

リベリア保健省の裁可を待っている間、我々のチームはエボラ感染以外の理由で、病院に来た重篤な患者を、病気の種類を問わず、治療した。入院及び外来の患者を診察・治療し、印象的な結果を残した。とても良好な結果だったので、出立の際に、病院でのホメオパシー教育と治療プログラムの確立を要請された。4人のボランティアの働きにより、リベリアにホメオパシーをもたらすという、ミッションの広い意味での目的は進行中である。、

我々は、ボランティアたちと、寄付をしていたただいた人々と、我々をリベリアでサポートして受け入れ側と、チームをリベリに派遣及び安全な帰国の実現に尽力した人々に感謝する。

[Mission to West Africa (2014/11/11) on LMHI]
リベリア保健当局はホメオパスたちの活動を阻止したもよう。これはまた、4人のホメオパスたちがエボラに感染するリスクをほぼ無に等しくしたという点でも、彼らの祖国にとっても、良い結果だった。

なお、本件に関して、おなじみDailyMailが長々しい記事を掲載している。ただし、その大半は、オンラインの検索結果であり、現地取材は...
When Mail Online went to the hospital to find the doctors, assistant administrator Patrick Mantor said they had left. 'There were four of them. One left earlier and three of them left last Friday.

'They came first to do some homeopathic treatment but the paper arrangement was not made with the ministry of health. They said another group might come.

'They were seeing people with pains and weakness. I wasn't present when they were doing this so I don't know how they treated them. I don't know anything about homeopathy.

'The process is going on in their absence so that they can come back with the proper paperwork.'

デイリーメイルが病院で医師たちに会おうとしたが、副責任者Patrick Mantorによれば、既に出立していた。「4人がここにいた。1人は先に、3人は先週金曜日(2014/11/07)に出立した。彼らは、もともと何らかのホメオパシー治療をしに来たが、保健省の許可は下りなかった。彼らは別のチームが来るかもしれないと言っていた。彼らは痛みのある人々や衰弱した人々を診ていた。彼らが診ていたとき、私はいなかったので、どう治療していたかはわからない。私はホメオパシーについて何も知らない。彼らがいない間に手続きが進んでいるので、適切な書類処理すれば戻ってこれるだろう」

Dr Moses Massaquoi, head of Ebola case management for the Liberian health ministry, confirmed that the homeopaths had gone to Ganta but he said he was unaware that they were homeopaths when they first arrived.

'I didn't know that they were going to do homeopathy,' he said.

He said that the homeopaths had been told that they were not to try to practice homeopathy on Ebola patients, but they were allowed to go to the hospital to help out as physicians.

'They said they wouldn't use any homeopathy,' he said.

リベリア保健省のエボラ感染者管理責任者のDr. Moses Massaquoiは、4人のホメオパスたちがGanta病院を離れたことを確認したが、彼らが最初に来た時はホメオパスだとは知らなかったと述べた。「彼らがほめおパシーをやるとは知らなかった」

彼は、ホメオパスたちに、ホメオパシーをエボラ感染者に使わによう通告したが、医師として病院を支援することは許可した。「彼らはホメオパシーを使わないと言っていた」

[Gethin Chamberlain (Ganta, Liberia) And Simon Tomlinson (London): "EXCLUSIVE: Homeopaths sent to deadly Ebola hotspot to treat victims with ARSENIC and SNAKE VENOM" (2014/11/14) on DailyMail]
4人のホメオパスたちは、ホメオパシーは使わないと当局に告げたが、LMHIの記述によれば、実際には使ったもよう。
posted by Kumicit at 2014/11/16 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。