2014/12/16

「スピリチュアルあるいは宗教経験」が代替医療への転向理由だという研究

医師資格を持つ、あるいは医学生である代替医療師たちは、通常の家庭医に比べて、スピリチュアルあるいは宗教的経験をしていて、スピリチュアルあるいは宗教の価値を大きく評価していた。
In a 1988 survey by Goldstein and colleagues, the researchers surveyed two physician provider groups: the American Holistic Medical Association (AHMA) -- a group of alternative medicine clinicians limited to physicians and medical students -- and three groups of family medicine (FM) physicians from California[14]. Their findings were quite telling. Where 45 percent of the AHMA sample felt spiritual healing had "much value for medical practice", only 9 percent of the FM sample had a similar view. In addition, 54 percent of the AHMA felt that spiritual healing had "some or much value and utilized it in [their] practice." In contrast, one in five, or 20 percent, of FM physicians had same view.

Goldsteinたちは1988年の研究で、2種類の医師たちの集団、医師及び医学生である代替医療師たちのグループである米国ホリスティック医学協会(AHMA)と、カリフォルニアの家族医(FM)たちの3団体を調査した。彼らの発見は非常に説得力がある。AHMAの回答者45%がスピリチュアルヒーリングは「診療に大いに価値がある」と回答したが、FMの回答者の9%がそう回答した。さらに、AHMAの54%がスピリチュアルヒーリングが「何らかの、あるいは大きな価値があり、診療で使っている」と回答した。これに対してFMでは20%がそうだった。

The researchers also surveyed he physicians' view concerning "laying on the hands." While 20 percent of AHMA physicians felt it was "much value for medical practice", only 3.5 percent of FM physicians held that view. Concerning whether they felt it to be of "some or much value" and utilized in [their] practice", 30 percent of the AHMA sample agreed, as opposed to about 6 percent of the FM group.

研究者はまた、「手をおくこと」についての医師たちの見方を調査した。AHMAの20%が「診療に大いに価値がある」と感じていたが、FMでは3.5%しかそう感じていなかった。「何らかの、あるいは大いに価値があり、診療に使っている」とAHMAの30%が回答したが、FMでは6%だった。

The researchers looked more closely at how religious or spiritual experiences had shaped the views of the two physician samples. Mean spirituality socres for the AHMA group were twice those of the FM group. Almost half of the AHMA physicians viewed spiritual factors to be "very important" in shaping their views of health, versus one-seventh of the FM group. Interestingly, physicians from the AHMA were more likely than those from the FM to have had spiritual or religious experiences (76 percent versus 40 percent) or in the last two years (32 percent versus 12 percent), or to have had "peak or transcent" experiences (72 percent versus 36 percent), While 60 percent of the AHMA physicians viewed religion or spirituality as "very important", only 18 percent of te California FM physicians felt similarly.

研究者は、宗教的あるいはスピリチュアルな経験が、2種の医師たちの見方の形成にどう影響したか、詳しく見た。 AHMAの回答者の平均のスピリチュアルスコアは、FMの2倍だった。AHMAのほぼ半数が、健康についての見方の形成に、スピリチュアルな要因が「非常に重要」だったと回答したが、FMでは1/7だった。AHMAの医師たちは、FMの医師たちに比べて、スピリチュアルあるいは宗教的経験が多く(76% vs 40%)、過去2年間でのスピリチュアルあるいは宗教的経験が多く(32% vs 12%)、絶頂あるいは超越経験をしたころが多かった(72% vs 36%)。60%のAHMA医師が宗教あるいはスピリチュアリティを「非常に重要:だと回答したが、カリフォルニアのFMでは18%だった。

[14] Michael S. Goldstein, Carol Sutherland, Dennis T. Jaffe, Josie Wilson: "Holistic physicians and family practitioners: Similarities, differences and implications for health policy",Social Science & Medicine, Volume 26, Issue 8, 1988, Pages 853–861

[ [David B. Larson and Susan S, Larson: "Spirituality in Clinical Care: A Brief Revice of Patient Desire, Physian Response, and Research Opportunities" in The Role of Complementary and Alternative Medicine: Accommodating Pluralism (edited by Daniel Callahan)]

By far the greatest reason given (51.7%) was "spiritual or religious experiences." [8]

統合医療を実践する理由として、「スピリチュアルあるいは宗教経験」を挙げたのは51.7%だった。

[8] Goldstein MS, Jaffe DT, Sutherland C. Physicians at a holistic medical conference: Who and why? Health Values 10:3-13, Sept/Oct 1986.

[William T. Jarvis, Ph.D.: "Why Health Professionals Become Quacks"]
どこまで回答が誠実かわからないが、スピリチュアル経験あるいは宗教経験により、通常医師が代替医療へと方向を変えることが、かなりあるようだ。
posted by Kumicit at 2014/12/16 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。