2015/08/14

「波動」への言及(つづき)

前回の続き...

EM関連サイトは、ぞれぞれ用語・記述レベルを違えている。たとえば、"emro"サイトは、わりと抑制されている。まあ、「EMやEM・Xを材料に混入させ、800℃以上で焼成したセラミックスから、EMにも含まれる光合成細菌が蘇生する[FAQ 51]」(via wikipeida)という記述は見られるものの、怪しいキーワード「転写」への言及はなく、「放射能除去は主張している。)

一方、rensaiを含むecopure.infoサイトは、「波動」連呼状態。あやしい主張群も、ここ:
  • ヒヨドリやカラスを退ける[2012/01]
  • 口蹄疫や鳥インフルエンザを退ける[2012/01]
  • 放射性物質を消滅させる[2012/01]
  • 交通安全[2013/08}
  • 地震被害をなくす・雷除け・天災がおこらなくなる[2013/08}
  • 電磁波障害の低減[2013/08}
  • 電気代削減[2013/08}
  • 電気製品の機能向上や寿命延長[2013/08}
  • 人間関係が改善する・イジメがなくなる[2013/08}
  • 動物が仲良くなる[2013/08}
  • 生命力が高まる・生命の息吹が感じられる[2013/08}
  • 健康になる・病人がいなくなる・体調が良くなる[2013/08}
  • 頭も良くなる[2013/08}
  • 人類の抱えるほとんどの難問をすべて解決する[2013/08}

そして、dndサイトはecopureほどで波動連呼していないが、emroほど抑制されてはいない。

このサイト間の差異からすると、「波動」などの用語が訴求する人々と、胡散臭さを感じさせる人々がいることがわかっていて、使い分けているようだ。

この使い分けが意図的であるなら、2015年7月2日の名誉棄損訴訟における...
比嘉氏は同社記者から取材を受けていなかったが、記事では微生物の効果について「開発者の比嘉照夫・琉球大名誉教授は『重力波と想定される波動によるもの』と主張する」などと記載。[Sankei 2015/07/03]
という奇妙な記述の理由が見えてくる。

四半世紀前から「現代農業」の連載[(1) 1991/08(11) 1993/07]などで、「波動」を掲げてきて、現在も「波動」などのキーワードを連呼している以上は、能動的に検索した人々が「波動」にたどりついてしまうのは仕方がない。しかし、そうではに人々(すなわちemroサイトが対象としている人々)にまで、新聞報道の形で、「波動」ネタが届けられることは、望ましくない。したがって、そのような人々に対して、「自分たちは非科学を主張していない」と広報しておく必要がある。その広報手段として(そして、同様の報道を躊躇させるために)、訴訟を行うのは効果があるだろう。


もっとも、実際のところは、「波動に胡散臭さを感じる人々」が、「波動」を含む豪快な主張群を目にしたとしても、「自分の信念に合わない聖書の記述への反応」と似たような反応をするかもしれないが。たとえば...
  1. 「EMが環境に良い」以上の知識はなく、それ以上、知る気はない。提唱者が誰であるか知らないし、知る気もない。提唱者が何を主張しているかについて、関心もない。聞かされたところで、聞き流して、記憶にも残らない。
  2. 荒唐無稽な主張は、すべて冗談だと受け取る。「電気製品の機能向上や寿命延長」といった主張を聞いたところで、「本気で言っているわけがない」と思う。それを批判する者たちを、ただの揚げ足取りあるいは、嫌がらせだと思う。
  3. 何らかの理由・理屈を追加したり、主張を改変したりしてから、それらの主張を受け入れる。あるいは比喩扱い。「屋外で活動すれば健康的」とか「EM団子づくりで土に触れると・・・」といった麗しい解釈をするとか。

posted by Kumicit at 2015/08/14 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424134863
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック