2007/05/29

Ken Ham's Creation Museum -- NCSEの声明

Ken Hamが主宰する若い地球の創造論サイトAnswers in Genesisがケンタッキー州に"Creation Museum"を開館する。

これについて、米国の進化論教育を守るNational Center for Science Education(NCSE)は以下のような声明を出している。
Reactions to creation "museum" (創造博物館に対する反応)

With the young-earth creation ministry Answers in Genesis scheduled to open its lavish creation museum in northern Kentucky over the Memorial Day weekend, there is a great deal of concern among the scientific and educational communities in the adjacent states about its impact on the public understanding of evolution. NCSE executive director Eugenie C. Scott told ABC's Good Morning America (May 25, 2007) that her fear is that students will "show up in classrooms and say, 'Gee, Mrs. Brown, I went to this spiffy museum last summer and they say that everything you're teaching me is a lie.'"

"若い地球の創造論"ミニストリAnswers in Genesisが、メモリアルデー週末にかけて北ケンタッキーに豪勢な創造博物館の開館を予定していることについて、進化論の一般の理解に対する衝撃に関して隣接州の科学界および教育界に大きな懸念が広がっている。NCSE(全米理科教育センター)代表Eugenie C.Scottは2007年5月25日放送のABCのGood Morning Americaで、「昨夏に立派な博物館に行ったら、先生が教えていることは全て嘘だと言ってたよ」と生徒たちが言い出すことを恐れていると語った。

Early reports from the museum suggest that its exhibits are just as scientifically misleading as expected. Edward Rothstein of The New York Times (May 24, 2007) offered a bemused review of the museum, which impressed him with its "sheer weirdness and daring." In a report in the eSkeptic newsletter (May 23, 2007), Stephen T. Asma, the author of a book on the history of natural history museums, said that skeptics will find the museum quirky and amusing, but added, "When I think, however, of the young children who are unprepared to critically assess the museum, my sense of humor fades."

博物館の公開前のレポートによれば、展示は予想通り科学的にミスリーディングのようである。New York TimesのEdward Rothsteinは2007年5月24日に、博物館は「まったく異様で、大胆である」という困惑したレビューを掲載した。2007年5月23日付のeSkepti newsletterにおいて、「自然史博物館の歴史」という本の執筆者であるStephen T. Asmaは、「懐疑論者にとって博物館は変で面白い。しかし、博物館を批判的に楽しむ準備のできていない子供たちのことを考えれば、とても笑えるものではない」と書いている。

Over 800 scientists in the three states surrounding the museum -- Kentucky, Indiana, and Ohio -- have signed a statement sponsored by NCSE reading, "We, the undersigned scientists at universities and colleges in Kentucky, Ohio, and Indiana, are concerned about scientifically inaccurate materials at the Answers in Genesis museum. Students who accept this material as scientifically valid are unlikely to succeed in science courses at the college level. These students will need remedial instruction in the nature of science, as well as in the specific areas of science misrepresented by Answers in Genesis."

博物館をかこむ3つの州であるケンタッキーとインディアナとオハイオの800名以上の科学者たちはNCSEが発起した声明に署名した。「我々署名したケンタッキーとインディアナとオハイオの大学の科学者は、Answers in Genesis博物館の科学的に正しくない展示物に懸念を持っている。この展示物を科学的に正しいものだと認めた生徒たちは、大学レベルの科学の課程を修了できそうにない。修了できるようにするには、これらの生徒たちは、Answers in Genesisよって誤って提示された科学の分野および、科学というものの性質について、治療的な再教育を受ける必要があるだろう。」

Additionally, the Campaign to Defend the Constitution (or DefCon) is sponsoring two petitions denouncing the creationist pseudoscience on display at the museum: one for educators, signed by over 3500 teachers, and one for the general public, signed by over 15,000 signatories. "The main problem," Lawrence Krauss, a professor of physics and astronomy at Case Western Reserve University and a member of DefCon's advisory board, told the Lexington Herald-Leader (May 25, 2007), "is that this is a museum of misinformation." In his opinion column in the Louisville Courier-Journal (May 22, 2007), Krauss was similarly outspoken, describing the museum as "an educational travesty."

さらに、"Campaign to Defend the Constitution"(DefCon)は博物館の展示における創造論者のニセ科学を非難する2つの請願書を発起した。いとつは教育者を対象とするもので3500名以上の教師たちが署名した。もうひとつは一般人を対象とするもので、15000人以上が署名した。Case Western Reserve Universityの物理学および天文学の教授で、DefConのアドバイザリーボードのメンバーであるLawrence Kraussは、「主たる問題は、この博物館が嘘つきだということだ」とLexington Herald-Leader紙に語った(2007年5月25日)。さらにLouisville Courier-Journal紙の2007年5月22日付けのオピニオンコラムで博物館を教育の戯画化だと描写した。

And a protest called Rally for Reason is scheduled to take place outside the museum on Memorial Day, with a press event to be held on the preceding Sunday. Rally for Reason's organizer Edwin Kagin told the Cincinnati Enquirer (May 25, 2007), "We want to let the world know that most rational people do not share the primitive world view of creationists that the Earth is only a few thousand years old, and that humans and dinosaurs existed at the same time." "Various groups, representing both religious and secular orientations, will join together to protest this destructive world view" at the rally, he added.

"Rally for Reason"は、日曜日に先立って行われるプレスイベントにあわせて、メモリアルデーに博物館の外で、抗議集会を予定している。"Rally for Reason"のオーガナイザーであるEdwin Kaginは2007年5月25日にCincinnati Enquirer紙に対して「地球はほんの数千歳で、人間と恐竜は並存していたなどという創造論者たちの原始的な見方を、多くの合理的な人々が共有していないことを世界に知らしめたい。さらに、宗教および世俗の多くのグループが、この破壊的な世界観にともに抗議していることも。」

The editorialist for the Los Angeles Times (May 24, 2007) cut to the heart of the matter, lamenting, "Young Earthers believe the world is about 6,000 years old, as opposed to the 4.5 billion years estimated by the world's credible scientific community. This would be risible if anti-evolution forces were confined to a lunatic fringe, but they are not," citing the political influence of creationism. The editorial concluded, "With the opening of the Creation Museum, young people will be getting another side of the story. Too bad it starts with 'Yabba-dabba-doo!'"

Los Angels Timesの論説委員は2007年5月24日の記事で問題の核心を切りつけた。「世界の信用できる科学界によって推定される45億年とは対照的に、若い地球の創造論者たちは、世界が6000歳だと信じている。反進化論勢力が少数の過激派に限定されるなら、笑ってすめませることもできる。しかし、彼らは少数ではない。」と述べた上で、創造論者たちの政治的影響力を考して「創造博物館の開館により、若者たちは別な物語も手にすることになる。ヤバ・ダバ・ドゥーから始めるとは最悪だ」と結論した。

[Reactions to creation "museum" (2007/05/25) on National Center for Science Education]
公式声明なので、もちろん生真面目だ。Science Blogに集うブロガーたちは受狙い・罵倒・ジョークなど様々な攻撃をくりだしてくるだろうが、あくまもでここはまじめ。

世の中の反応はわんさかあって、まいどおなじみのUniversity of Minnesotaの生物学のPZ Myers准教授がまとめ記事をアップしている。あまりにも多いので、また後日にでも。

ということで、ジョークを一個だけ:

paperfixed.jpg
「人類は恐竜と歩いたか? -- NO
[nasturtium: "My blood pressure is a bit high today" (2007/05/20) on This View of Life]



タグ:創造論
posted by Kumicit at 2007/05/29 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック