2007/06/01

Ken Ham's Creaion Museum に甘いNYTの記事を歓迎するUcDのO'Leary

Ken Hamの"Creation Museum"の開館について、New York TimesRothsteinによる甘い記事を載せた。

これについて、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログ(UcD=Uncommon Descent)のO'Learyが取上げた。「インテリジェントデザインは創造論ではない」という建前があるので、Ken Hamを持ち上げるわけにはいかないのだが...
I am glad to say! Rothstein’s review is thoughtful and his reflections are of genuine use to those who want some idea of what they might see at a creation museum - and how it differs from a Church of Darwin museum:

Rothsteinのレビューは思慮深く、創造博物館で見るものについて、そして、それがダーウィン博物館の教会といかに違うかについて、何らかなのアイデアを求める人々にとって、本当に役立つものである。
...
The Creation Museum has a similar interest in dramatizing origins, but sees natural history as divine history. And now that many museums have also become temples to various American ethnic and sociological groups, why not a museum for the millions who believe that the Earth is less than 6,000 years old and was created in six days?

創造博物館は起源をドラマ化するこおとに(他の自然史博物館などと)同様の関心を持ている。ただし、自然史を神の歴史と見ていることが違うだけである。今や、多くの博物館がさまざまな米国のエスニックおよび社会的集団の寺院となっているなかで、地球が6000歳であり6日間で創造されたと信じる人々が博物館を持つのは当然だろう。
Rothstein, a good multiculturalist, makes clear that, if you grant the premises of multiculturalism, the creationists are as entitled to tell their own story using their own funds as any other cultural group. (Incidentally, Darwinist museums receive considerable public funds, which creates an interesting conundrum when so many Darwinists treat their convictions as an anti-theistic religion.)

良き多文化主義者であるRothsteinは、多文化主義を標榜するなら、創造論者たちにも、他の文化集団と同様に、自らの資金で自らの物語を語る権利があることを、明らかにしている。(ちなみに、ダーウィニストの博物館はかなりの公的資金を受けている。そしてダーウィニトたちが自らの信念を無神論宗教とみなすとき、面白い難問を生じることになる。)
[Creationism in popular culture: NYT culture critic visits creation museum (2007/05/29) on Uncommon Descent]
とりあえず、多文化主義という言葉のもとに、New York Timesの記事を引用する形で、創造論博物館そのものに何の問題があるかと主張している。

そしてここからは、いつもインテリジェントデザインな主張をする。すなわち、ダーウィニズムは生物のあらゆる性質を生存競争で説明しなければならないが、創造論はそうではないと。
And, if you are not a frothing Darwinist, it is not always clear who is right:
いきりたつダーウィニストでないなら、誰が正しいかはいつも明らかというわけではない。
Nature here is not “red in tooth and claw,” as Tennyson asserted. In fact at first it seems almost as genteel as Eden’s dinosaurs. We learn that chameleons, for example, change colors not because that serves as a survival mechanism, but “to ‘talk’ to other chameleons, to show off their mood, and to adjust to heat and light.”

ここに示される自然はTennysonが主張したような「弱肉強食」ではない。実際、はじめにエデンの恐竜とほとんど同じくらいに穏やかなようである。例えば、我々はカメレオンからそれを学べる。カメレオンの色は生存のためのメカニズムではなく、他のカメレオンと話すためのものであり、気分を伝える物であり、また熱と光を調整するためのものである。
The creationists could well be right about the chameleons. Darwinian theory needs the colour change to be a survival mechanism and interprets just about everything in that light. The chameleon itself may not have any such need. If you think that everything about life forms exists in some relation to a survival mechanism, you have spent too much time among Darwinists.

創造論者にとっては、カメレオンは何の問題もなかった。ダーウィン理論は色の変化が生存メカニズムでなければならず、何でもその視点で解釈する。カメレオンはそんなもの必要としていないかもしれないのに。もし、生物の形態についてどんなものでも、生存メカニズムと関連していると思うなら、ダーウィニストの中ですごした時間が長すぎるのだろう。
創造論博物館の話から、いつのまにやら反進化論提携パターンに陥っているO'OLearyである。

なんというか、Mark Isaakによる創造論者の主張リストのこのあたりがヒットしそう:
CB403. Evolution does not explain homosexuality.
CB411. Evolution does not explain morals, especially altruism.
CB420. Evolution does not explain art.
CB421. Evolution does not explain music.
CB430. Evolution does not explain personality and emotions.
CB440. Evolution does not explain religion.


それはさておき、いささか創造論に優しいNew York Timesの記事だが、Kumicit的にはとてもLeftistに見える。というのは、"適者生存"や"弱肉強食"という考え方をとっても嫌うのがLeftistによく見られる特徴だから。

==>忘却からの帰還:進化論とLeftistメモ"



posted by Kumicit at 2007/06/01 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック