2016/05/30

ハーブレメディは見過ごされている世界的健康被害

そういえば、今月初めに、ハーブレメディ「アリストロキア」によるアリストロキア酸腎症について警告する論文がEMBO reportsに掲載されたというリリースがBaylor College of Medicineから出た。

アリストロキアの使用から数か月あるいは数年経過してから発症するため、これまで危険性が知られていなかったという、伝統医薬品に見られる問題を再認識させるものであり、CNBCなどの報道機関の記事にもなった。
Herbal remedies are an overlooked global health hazard
ハーブレメディは見過ごされている世界的健康被害である


世界中の数百万〜数億の人々が、数千年前に始まった伝統に従って、ハーブ健康レメディを使っている。多くの人々は、長年にわたり使われてきたのでハーブは安全だと信じている。しかし、Baylor College of MedicineとStony Brook Universityの研究者たちは「ハーブレメディが長きに割って使われてきたことが、安全性の保証にならない」との関心を高めている。これはEMBO reportsの招待コメンタリーとして掲載される。

Baylorの医学免疫学の名誉教授であるr. Donald M. Marcusと、Stony Brook Universityの著名な薬学教授であるDr. Arthur P. Grollmanは、植物アリストロキアが、アリストロキア酸腎症を起こすことを示す科学的証拠について論じた。アリストロキア酸腎症になると、間質性腎炎や腎不全や尿道癌などの症状が起きる。

著者たちは「台湾では全国処方データベースによれば、1997〜2003年に800万人がありストロキアを含むハーブを使っていた」ことを指摘する。台湾と中国における、腎不全と腎臓癌の患者の研究は、両国の数千万人がアリストロキア酸腎症のリスクをかかえていることを示した。

遺伝的にアリストロキアの影響を受けやすい人々は、アリストロキアを使うと、アリストロキアに含まれる化合物アリストラクタムと、腎臓組織のDNA付加体を形成する可能性がある。これらの付加体は、腫瘍抑制遺伝子TP53に突然変異を起こし、腎臓障害へのプロセスを起動する。追加研究で、このプロセスは肝臓や膀胱に癌の発達にもつながる可能性があることが示されている。

MarcusとGrollmanは「他のハーブ薬品や伝統薬品により、アフリカやアジアでの重篤な有害事象が起きているが、これらの症例では疫学データがない」と言っている。

アリストロキアはハーブレメディは2000年以上にわたって使われてきたが、「主としてハーブ使用と発症の間の潜伏期間が長いことと、ハーブ使用者の約5%のみが遺伝的に影響を受けやすいことが、内在する毒性が認識されなかった理由だ」という。

大半の発癌物質と多くの毒物は、発症するまでに長い時間を要する。数か月から数年前に使っていた場合、特定の化合物が病気の原因であることを特定することは、素人にとっても専門家にとっても非常に困難である。

「アリストロキアの歴史は、長きにわたって使われてきた他のハーブも有毒だったり、発癌物質だったりする可能性があることを示唆している。多くのハーブが人間の健康に問題を起こす毒物あるいは発癌物質を含んでいる可能性があると仮定するのが、堅実だ」と著者たちは言う。

「アリストロキアがそうであるように、ハーブレメディの効果を支持する科学的証拠がないことや、有害事象があることに言及することなく、伝統薬品は性質が実証されているという命題のもとで」伝統的ハーブレメディを推奨する世界保健機関(WHO)には、MarcusとGrollmanは同意しない。

著者たちは、「主たる関心はハーブ薬品の使用に伴う有害事象の防止にあり、伝統医薬品全般の否定ではない。世界の医薬関係者には、世界的に使われている植物製品の長期及び短期の安全性と有効性の評価を行ってほしい」ことを強調した。

なお、著者たちは利益相反はないと宣誓している。

  • A. P. Grollman, D. M. Marcus. Global hazards of herbal remedies: lessons from Aristolochia: The lesson from the health hazards of Aristolochia should lead to more research into the safety and efficacy of medicinal plants. EMBO reports, 2016; 17 (5): 619 DOI: 10.15252/embr.201642375


[Herbal remedies are an overlooked global health hazard (2016/05/02) on Baylor College of Medicine, also on ScienceDaily]
なお、英語圏だと"Herbal remedy"という記述されるものには、漢方薬も含まる。以前、Jin Bu Huan(鎮痛錠剤)による死亡事例Huo Luo Jing Dan(活絡金丹)による死亡事例を取り上げたように、ハーブ製品として流通している(医薬品として法規制のもとで管理されることがない)漢方薬で死亡する場合がある。
posted by Kumicit at 2016/05/30 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438417372
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック