2017/01/30

2011年9月20日

2011年9月11日のテロから9日後、George W, Bush大統領(当時)は、演説の中で、米国 内及び友好国のイスラム教徒は米国の敵ではないと述べた。
I also want to speak tonight directly to Muslims throughout the world. We respect your faith. It's practiced freely by many millions of Americans and by millions more in countries that America counts as friends. Its teachings are good and peaceful, and those who commit evil in the name of Allah blaspheme the name of Allah. The terrorists are traitors to their own faith, trying, in effect, to hijack Islam itself. The enemy of America is not our many Muslim friends. It is not our many Arab friends. Our enemy is a radical network of terrorists and every government that supports them.

私は今夜、世界のイスラム教徒たちに直接話しかけたい。我々は皆さんの信仰に敬意を持っている。幾百万の米国人が自由に信仰しており、米国の友好国の幾億の人々が信仰している。 その教えは良きものであり、平和的であり、アッラーの名によって悪を犯す者は、アッラーの御名を冒涜している。テロリストたちは、イスラムを実質的に乗っ取ろうとする、自らの信仰の裏切り者である。米国の敵は、我々の多くのイスラム教徒の友人たちではない。敵は我々の多くのアラブの友人たちではない。我々の敵は、テロリストのラジカルネットワークであり、それを支持する諸国政府である。

[George W. Bush Addresses Muslims in the Aftermath of the 9/11 Attacks (2001/09/20) via ian bremmer]
「 アッラーの名によって悪を犯す者は、アッラーの御名を冒涜している」と述べたところで、拍手が起こる。

今や、このような保守エスタブリッシュメントの主張は、共和党支持者の怒りを買うようになってきている。その数が、共和党支持者の過半数に達しているなら、共和党の連邦上下院議員たちは、Bushではなく、Trumpのように振る舞わなければ、予備選を勝ち抜けなくなる。

そして、今のところ、共和・民主・中立あわせたTrumpの仕事支持率はこんなところなので、共和党議員がBushのように振る舞うのは、次の選挙を考えれば得策ではないだろう。
Galluptrump.JPG
[Gallup Daily: Trump Job Approva]
posted by Kumicit at 2017/01/30 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446456715
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック