2007/07/05

ニセ科学「AIDS再評価運動」とID理論

AIDS再評価運動というニセ科学

米国方面に「HIV(ヒト免疫不全ウイルス)はAIDS(後天性免疫不全症候群)の原因ではない」と主張するAIDS reappraisal movement(AIDS再評価運動)あるいはAIDS dissident movement(AIDS反体制運動)あるいはAIDS denialism (AIDS否定主義)と呼ばれるニセ科学がある[wikipedia: AID reappraisal]。他の医学系のニセ科学と同じく、このAIDS再評価運動も、「本来受けるべき治療を忌避することで死なずに済んだかもしれない人が死にいたる」という被害を出している。

2年前に起きた、そのような悲劇のひとつを、Dr.Tara C. Smithが取り上げている。
This is Eliza Jane Scovill. She was the child of wealthy parents, living a good life in California. Eliza died this past spring at the age of 3 from AIDS-related pneumonia.
これはEliza Jane Scovillです。彼女は裕福な両親の子供として生まれ、カリフォルニアで幸せな人生を送りました。Elizaはこの春、エイズ関連肺炎で3歳で亡くなりました。

==>PHOTO



You may wonder how in the world this can happen in America. Don't we have tests for HIV? Don't our doctors recommend treatment to keep pregnant mothers from passing the virus onto their children? Don't they discourage breast-feeding in order to further lower the risk of transmission?

このような悲劇が米国で起きたことは疑問に思えるかもしれません。HIV検査を受けなかったのでしょうか? 医者たちは妊娠した母親から子供への感染を防ぐ処置を勧めなかったのでしょうか? さらに感染のリスクを下げるために、母乳養育を避けるように勧めなかったのでしょうか?

Indeed, they do. But Eliza's mother is Christine Maggiore, author of What if everything you thought you knew about AIDS was wrong? She is an HIV denier, following the lead of Peter Duesberg and Phillip Johnson. She put her child in grave danger based on her "so-called AIDS," as she calls it, and now that child is dead. And worse, she's influencing other mothers to do the exact same thing she did.

実際、医者たちはそうしました。しかし、Elizaの母親は、"What if everything you thought you knew about AIDS was wrong?"の著者であるChristine Maggioreだったのです。彼女は、Peter DuesbergやPhillip Johnsonに従う、HIV否定論者です。彼女は"いわゆるAIDS"に基づく重大な危険性に自らの娘をさらし、そして今、娘は死んでしまいました。より悪いことに、彼女は他の母親たちにも同じことをするように勧めています。
[Tara C. Smith: "Tragic story puts a face on HIV denial" (2005/09/27) on Aetiology(Previous version)]
これについて、当時のGurdianの報道を見てみると:
The leader of an American movement challenging conventional science on Aids is being investigated for child endangerment after her three-year-old daughter died of the disease.

AIDSについての従来の科学に疑問を呈する米国の運動の指導者は、3歳の娘の病死後に、子供を危険にさらしたとして、捜査対象になっている。

Christine Maggiore, the child's HIV-positive mother, denies HIV leads to Aids and refused to take antiviral drugs during pregnancy. She breastfed her daughter, Eliza Jane, and refused to have her tested for the virus.

HIV陽性である母親Christine Maggioreは、HIVがAIDSを発症させることを否定し、妊娠中に抗ウイルス薬を飲むことを拒否した。彼女は娘のEliza Janeを母乳養育し、娘のウィルス検査を拒否した。

Four months after the toddler's death, Ms Maggiore and her husband, Robin Scovill, are challenging the coroner's finding that she died from Aids-related pneumonia. Ms Maggiore told the Los Angeles Times she had no regrets.
"Would I redo anything based on what happened? I don't think I would. I think I acted with the best information and the best of intentions with all my heart," she said in an interview published yesterday.

娘の死から4ヶ月後に、Christine Maggioreと夫のRobin Scovillは、娘がエイズ関連肺炎で死亡したという検視官の調査結果に疑問を呈している。Christine MaggioreはLos Angeles Timesに対して、後悔していないと述べている。昨日報道されたインタビューで、彼女は「このようなことが起きて、やり直せるなら、違う方法をとったでしょうか? そんなことはしないと思います。私は最高の情報と最善の意図に基づいて行動しました。」と応えた。

The newspaper reported that the Los Angeles police were investigating the couple for endangering their daughter's life, and the local social services were considering whether the couple should be forced to test their eight-year-old son, Charlie.

Los Angeles Timesは、Los Angeles警察が娘の生命を危険にさらしたとして、夫妻を取り調べていると報じた。さらに、地域社会福祉サービスは、夫妻に対して8歳になる息子のCharlieの検査を強制すべきか検討していると報じた。

Ms Maggiore was diagnosed with HIV in 1992, but has not shown symptoms of Aids. She began to question the scientific link between the virus and the disease, and wrote a book entitled What If Everything You Thought You Knew About Aids Was Wrong? The book made her a minor celebrity.

Christine Maggioreは1992年にHIVと診断されたが、AIDSの症状は出なかった。彼女はウイルスと病気の科学的な関連を疑い始め、"What If Everything You Thought You Knew About Aids Was Wrong"と題される本を書いた。この本のおかげで彼女はちょっとした有名人になった。

She launched an organisation, Alive and Well Aids Alternatives, to promote her ideas, met the South African president, Thabo Mbeki, who is also a sceptic, and appeared on primetime television talkshows.


彼女は自らの考えを宣伝するAlive and Well Aids Alternativesという団体を立ち上げた。そして、同じくHIV懐疑論者であり、プライムタイムのテレビのトークショーに出演した南アフリカのThabo Mbeki大統領と会った。

She told ABC News that she refused to take antiviral drugs despite substantial evidence that they dramatically reduced the risk of the mother transferring the virus to her child because "I did not want to expose my growing child to toxins during pregnancy".

Christine Maggioreは、妊娠中にお腹の中の子供を毒素にさらしたくなかったので、母子感染のリスクを激減させること相当な証拠がある抗ウイルス薬を服用することを拒否したと、ABC Newsに話した。

Jay Gordon, a Santa Monica paediatrician who treated Eliza Jane, said he regretted not testing for HIV when he examined her for an apparent ear infection 11 days before her death.
"It's possible that the whole situation could have been changed if one of the doctors involved - one of the three doctors involved - had intervened," Dr Gordon, told the LA Times. "Do I think I'm blameless in this? No, I'm not blameless."

Eliza Janeの治療にあたったSanta Monicaの小児科医Jay Gordonは、Eliza Janeが死ぬ11日前の、耳の感染症を調べたときに、HIV検査をしなかったことを後悔しているとLos Angels Timesに語った。
「Eliza Janeを診察した3人の医師の一人でも介入していれば、事態を大きく変えることができたかもしれません。私は潔白かと問われれば、そうではないと答えます。」
[Julian Borger: "Mother who denied Aids link faces police investigation after death of daughter" (2005/09/26) on Guardian]
報道によれば、医学系のニセ科学がもたらす典型的な悲劇へのルートをたどっている。

Christine Maggioreの本"What if everything you thought you knew about AIDS was wrong?"は今もAmazonなどで販売されている。ただ、Amazonのページには次のような読者コメントがついている。
The truth is that Christina's daughter died of AIDS-related causes when she refused to have her tested for HIV. It's sad that her theories about HIV lead to the death of an innocent child.
http://www.latimes.com/news/printedition/la-me-eliza24sep24,0,4062292.story

真実は、Christinaは娘のHIV検査を拒否し、娘はAIDS関連肺炎で死にました。HIVについてのChristinaの理論が、罪のない子供を死に至らしめたのは悲しいことです。

But Christina lives in such a dreamworld that even when the L.A. coroner declared that here daughter died of AIDS-related PCP, she thought the coroner was in on some sort of conspiracy. Paranoid and crazy she is. Read her book at your own risk.

しかし、ChristinaはLos Angelsの検死官が娘はAIDS関連PCPで死亡したと断言してからも夢の世界にとどまっています。Christinaは検死官は陰謀に関わっていると考えています。まさに偏執症の狂人です。この本を読むときは、自己責任で。
[Kate Volpe says: The Death Of Christina's Daughter (2007/04/17) on Amazon]



インテリジェントデザイン支持者の一部がなぜかAIDS再評価運動加わっている

AIDS再評価運動というニセ科学を掲げるサイトのひとつにVirus Myth.Netがある。ここには、インテリジェントデザインの父たるPhillip E. Johnsonページがあり、HIVはAIDSの原因ではないと主張する記事が5本、収録されている。他に、統一教会信者でインテリジェントデザイン理論家であるJonathan Wellsも、この運動に加わっている。

ただし、インテリジェントデザイン運動の教義として「HIVはAIDSの原因ではない」と主張しているわけではない。また、インテリジェントデザイン運動の主要メンバーであるDr. William DebskiやDr. Michael BeheやDr. Stephen Meyerなども「HIVはAIDSの原因ではない」という主張をしていない。

Dr.Tara C. Smithによると、Dembskiと仲間たちのブログUncommon Descentの執筆者のうちDaveScotとCordovaは、このAIDS再評価運動を支持している。
Now, it's been frequently mentioned on here that prominent IDers Phillip Johnson and Jon Wells have previously stated their "skepticism" of HIV as the cause of AIDS. To their credit, most IDers I know disagree with Johnson and Wells on this point. However, Scot and Cordova buy right into it. Scot:

著名なインテリジェントデザイン支持者Phillip JohnsonとJonathan WellsがAIDSの原因としてのHIVに懐疑的であることは繰り返し言われてきた。たが、大半のインテリジェントデザイン支持者たちは、これには同意していない、しかし、DaveScotとCordovaはこれを買っている。
That said it's not wholly unlikely that HIV is a symptom rather than a cause of AIDS. From my POV 23 years of considering it the cause of AIDS has not moved us any closer to a vaccine. There are two possibilities in that. The first is that the virus is just too insidious but second is that it isn't insidious it's just not the cause so no amount of effort against the virus will prevent the disease. However it does seem incredibly unlikely that AIDS isn't a transmissable disease caused by infectious element of some sort so if not HIV then what is it? The evidence is circumstantial and compelling but the lack of progress in curing AIDS is also compelling evidence that we're on the wrong track.

HIVがAIDSの原因といよりも徴候であるということは、ありそうにないというわけではないと言われている。私の見方では、23年にわたってHIVをAIDSの原因と考えられてきたが、ワクチンはちっとも創れていない。これには2つのことが考えられる。ひとつは、ウィルスがあまりにも潜行性である。もうひとつは、ウィルス対策の努力にもかかわらず病気を防げていないので、それが原因ではないかもしれないこと。AIDSがHIVでないにせよ何らかの感染性の要因による感染症ではないとは、とても考えらない? なら何なのか。証拠は状況証拠で魅力的ではあるが、AIDS治療が進歩していないことは、我々が間違っているという動かぬ証拠でもある。
[Comment #16 DaveScot

Incredibly likely? Because we have no vaccine? That means that more than 99% of all infectious diseases, then, aren't infectious.
ワクチンがないから?だとすると、99%以上の感染症は感染しない?
[Tara C. Smith: "Why deny only one part of science? IDists branch out into AIDS denial" (2007/07/02) on Aetiology(New Version)]
意味不明の論理を振りまわすDaveScotだが...

アンチ温暖化だと、反進化論とは聖書創世記つながり。しかし、「HIVはAIDSの原因ではない」はいったい、どういうつながりなのやら。DembskiやBeheやMeyerも関与していなようなので、たまたまPhillip JohnsonとJonathan WellsとDaveScotが絡んでいるだけのようではあるのだが。

あるいは敵(従来生物学全般)の敵(医学系ニセ科学)は味方と思っているのか?



posted by Kumicit at 2007/07/05 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。