2007/07/06

インテリジェントデザインの副読本"Explore Evolution"

中間形態の化石が発見[ Nick Matzke 2005]された、インテリジェントデザイン副読本"Of Pandas and People":
Creation Biology (1983), p. 3-34:
Evolutionists think the former is correct; creationists because of all the evidence discussed in this book, conclude the latter is correct.”

Biology and Creation (1986), p. 3-33:
“Evolutionists think the former is correct, creationists accept the latter view.”

Biology and Origins (1987), p. 3-38:
“Evolutionists think the former is correct, creationists accept the latter view.”

Of Pandas and People (1987, creationist version), p. 3-40:
“Evolutionists think the former is correct, creationists accept the latter view.”

Of Pandas and People (1987, “intelligent design” version), p. 3-41:
“Evolutionists think the former is correct, cdesign proponentsists accept the latter view.”
から20年が経過した2007年にようやく、新たなインテリジェントデザイン副読本が出現した。

タイトルは"Explore Evolution"である。

これをタイトルについて、University of MinnesotaのPZ Myers准教授は、「インテリジェントデザインに代わる名称を"evolution"だ」と評した:
The new textbook from the gang at the DI, intended to replace Of Pandas and People is going to be titled "Explore Evolution".
...
If state education standards mandate instruction in evolution and if the laws of the land make teaching Intelligent Design creationism illegal, well, they'll adapt and teach "evolution" … it's just that this version of "evolution" flouts the ideas of experts, ignores the evidence, misrepresents the theory, and promotes a role for design in "evolutionary" history.

"Of Pandas and People"に代わって、Discovery Instituteのギャングの出す新しい教科書のタイトルは"Explore Evolution"である。
...
州教育基準が進化論を必須にし、インテリジェントデザイン創造論の教育を非合法としたら、彼らは適応して、"進化論"を教えるようになる。このバージョンの"進化論"では、専門家の考えを嘲り、証拠を無視し、理論を誤って提示し、進化史におけるデザインの役割を宣伝する。
[The rebranding of Intelligent Design (2007/05/05) on Pharyngula]



Discovery Institute公式ブログでは
Co-authored by two state university biology professors, two philosophers of science, and a science curriculum writer
二人の生物学教授と二人の科学哲学者と理科カリキュラム執筆者による
[Robert Crowther: New Textbook Seeks to Improve Teaching of Evolution by Promoting Inquiry-Based Approach (2007/06/06) on Evolution News]
とさらりと書かれている執筆者たちだが、名前を挙げると

  • Dr. Stephen C. Meyer: インテリジェントデザインの本山たるDisocovery InstituteCenter for Science and Cultureのセンター長。専門は科学哲学。
  • Dr. Scott Minnich: University of Idahoの生物の準教授で、Disocovery Instituteのフェローである。数少ない名の知れた反進化論屋
  • Byron Christopher Nelson: フリーランスのライター
  • Dr. Paul A. Nelson: 学位は哲学で取得。"若い地球の創造論者"として有名であり、祖父Byron Christopher Nelsonも創造論者[wikipedia]。Disocovery Instituteのフェローである。
  • Dr. Ralph Seelke: University of Wisconsinの生物の教授。学位はUniversity of MinnesotaでMicrobiologyで取得。好きな本

    • Phillip Johnson: Darwin on Trial [インテリジェントデザインの父]
    • Hugh Ross: Creator and the Cosmos [古い地球の創造論]
    • Phillip Johnson: Reason in the Balance
ということで、素直にインテリジェントデザイン運動の人々。

PZ Myers準教授によれば、
I will say that it's taking a slightly different tack to avoid the court challenges. It does not mention gods anywhere, of course, but it goes further: it doesn't mention Intelligent Design, either. The book is entirely about finding fault with evolution, under the pretext of presenting the position of evolutionary biology (sort of) together with a critique. The biology part is shallow, useless, and often wrong, and the critiques are basically just warmed over creationist arguments.

What it actually is is Jonathan Wells' Icons of Evolution rewritten and reworked as a textbook.

この本は法廷闘争を回避するため、少し違った方針をとっている。もちろん、どこにも神への言及はない。さらにすすめて、インテリジェントデザインにも言及していない。生物学の現状を示すという口実のもとに、いわゆる進化論批判を載せて、進化論のあらさがしだけをやっている。生物学の部分は浅く、役に立たず、かなり間違っている。進化論批判は基本的には、まさに創造論者の論の再利用である。

これは実際のところ、Jonathan Wellsの"Icons of Evolution"を書き直して、教科書にしたてたものだ。
["Evolution" -- displacing good science with 'dumbed-down' creationism (2007/06/07) on Pharyngula]
さらに、同年齢を対象とするほかの教科書[Biology by Miller & Levine]が 1146ページなのに、インテリジェントデザイン副読本"Expore Evolution"はたったの150ページ。旧バージョンの"Of Pandas and People"の170ページよりも短い。

"Case For", "Reply", "Further Debate"という形式をとっているのだが、ネタがわずかに

  • Fossil Succession
  • Anatomical Homology
  • Embryology
  • The Creative Power of Natural Selection
  • Arguments for and Against Natural Selection
  • Natural Selection and Mutation
しかも、Embryologyは、Haecke;[1834-1919]の絵のお話。これはもちろん、統一教会信者Dr. Jonathan Wellsの持ちネタ。

Dr. Stephen Meyersではこの程度で限界か?
タグ:id理論
posted by Kumicit at 2007/07/06 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック