2007/07/27

インテリジェントデザインが良く使う論

Argument from ignorance (無知からの論)

基本形式

Something is currently unexplained or insufficiently understood or explained, so it is not (or must not be) true.
あるものが現在、説明されていないか、十分に理解されていないか、十分に説明されていなら、それは間違っている。

Because there appears to be a lack of evidence for one hypothesis, another chosen hypothesis is therefore considered proved.
仮説Aについて証拠が欠けていることがわかれば、別の仮説Bが正しいことが証明される。

例文

鞭毛は進化論では説明がつかないから、デザインだ。


Argument from (personal) incredulity (信じられないからの論)

基本形式

"I can't believe this is possible, so it can't be true."
これがありえるとは信じられないので、これは真理ではない。

"That's not what people say about this; people instead agree with what I am saying."
それは人々が言っていることではない。人々は私の言っていることに同意する。

例文

鞭毛が進化したとは信じられないから、デザインだ。


God of the gaps argument (隙間神族の論)

基本形式

There is a gap in scientific knowledge. The gap is filled with acts of a god (and therefore also proves, or helps to prove, the existence of said god).
科学知識には隙間がある。その隙間は神によって埋められる(従って神の存在が証明される)。

例文

鞭毛は進化論では説明がつかないから、デザイナーがデザインした。


The Watchmaker analogy (時計職人のアナロジー)

基本形式

If you look at a watch, you can easily tell that it was designed and built by an intelligent watchmaker.
Similarly, if you look at some natural phenomenon X (a particular organ or organism, the structure of the solar system, life, the entire universe) you can easily tell that it was designed and built by an intelligent creator/designer.

時計を見れば、あなたは、それがインテリジェントな時計職人によって、設計・制作されたと簡単に言える。
同様に、あなたが自然現象X (特定の生物器官または生物、太陽系の構造、生命、全宇宙)を見れば、それがインテリジェントな創造主あるいはデザイナーによって設計・制作されたと言える。

詭弁のポイント

「時計の用途も、時計職人の存在および力量もわかっている」論と「目的が未知である生物と、力量は不明どころか、存在も証明されないデザイナー」論というアナロジーの成立しない2つの論を並べているだけ。すなわち前段はレトリックであって、論拠ではない。



参考URL:

  1. wikipedia:Argument from ignorance
  2. God of the gaps
  3. wikipedia: Watchmaker analogy



タグ:id理論
posted by Kumicit at 2007/07/27 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID Introduction | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック