2007/07/25

コロラド大学進化生物学研究室を脅迫したMichael Kornはリアル逃亡

コロラド大学進化生物学研究室への脅迫メールの経緯は以下のとおり
この件について、WiredのKristen Philipkoskiが追いかけている。2007年7月20日付のWiredの記事でで、Michael Kornの逃亡を伝えている。
According to Mitton, Korn appears to have skipped town. Police visited Korn's apartment, but found that he and his wife were gone. The apartment had been sublet and his wife had quit her job, said Mitton, who added he has met and spoken to Korn on several occasions.

Mitton教授によれば、Kornは町の外へ逃亡したと思われる。警察はKornのアパートを訪れたが、彼と妻がいなくなっていた。また、アパートは転貸であり、Mitton教授も何度か会ったことのある彼の妻は仕事を辞めた。
[Suspect Missing in Evolution Death-Threat Case (2007/07/20) on Wired]
また、WiredのKristen Philipkoskiはその週のはじめに、Michael Kornに電話取材している。
Michael Korn, who University of Colorado professors believe recently sent them threatening letters, returned my phone call earlier today but, alas, I missed the it. He actually didn't say a thing about the letters -- whether he wrote them or whether he intended to be threatening. He focused instead on how bogus evolution is

脅迫状の送り主だと、コロラド大学の教授たちが信じているMichael Kornが、今日早く、私に電話をかけなおしてきたが、私はそれについて聞き逃してしまった。彼は手紙について一切語らなかった。書いたかどうかも、脅迫の意図があったかも。彼は進化論は間違っているということだけを語った。
[Michael Korn, Alleged Writer of Threatening Letters in Colorado, Speaks (2007/07/19) on Wired Blog]
この電話のあとMichael Korn(49歳)は妻とともに夜逃げしてしまったもよう。

神の使いだと称していたわりには、情けない状態である。
Mitton said Korn has visited his building on campus in Boulder several times, and told him face to face that Korn believes he is the messenger of God, and that God is angry at Mitton for ignoring His messenger.

Mitton教授によれば、KornはBoulderキャンパスにあるMitton教授のいる建物を何度か訪れ、面と向かって、Kornは「自らを神の使いでり、神は神の使いを無視するMittonを怒っていると信じている」と言ったという。
[Colorado Prof: Man Who Threatened CU Instructors Believes He Is 'Messenger of God,' Skips Town (2007/07/18) on Wired Blog]
また、Michael KornのブログJesusOverIsrael.blogspot.comも2006年11月28日以降、更新されず放置状態。


とりあえず、これで事件は終わりか?


posted by Kumicit at 2007/07/25 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック