2007/07/30

創造論者の予言

いまどき「進化は熱力学第2法則に反している」と数字も数式も使わずに謳い上げる数学者Granville Sewell がいる。
The development of life may have only violated one law of science, but that was the one Sir Arthur Eddington called the “supreme” law of Nature, and it has violated that in a most spectacular way. At least that is my opinion, but perhaps I am wrong. Perhaps it only seems extremely improbable, but really isn't, that, under the right conditions, the influx of stellar energy into a planet could cause atoms to rearrange themselves into nuclear power plants and spaceships and computers. But one would think that at least this would be considered an open question, and those who argue that it really is extremely improbable, and thus contrary to the basic principle underlying the second law, would be given a measure of respect, and taken seriously by their colleagues, but we aren't. 生物の発展はひとつの科学法則を逸脱しているかもしれない。ただ、それはSir Arthur Eddingtonが至高の自然法則と呼んだものであり、もっとも壮大に逸脱している。少なくとも私の意見ではそうであり、おそらく私は間違っている。おそらく、それはとてもありそうにないように見えて、正しい条件のもとでは実際にはそうではない。恒星エネルギーの惑星への流入は、原子炉や宇宙船や計算機に原子を再配置しうる。しかし、少なくともこれを未解決な問題だと考えられていると思うかもかもしれず、ほんとうにほとんどありえないと論じる者は、従って第2法則を基盤とする基本原理に反しており、敬意を表する手段として、彼らの同僚からはまじめに受け取られるかもしれなが、我々はそうではない。 [Granville Sewell: A Second Look at the Second Law at Univ of Texas El Paso]
このアホにJames Madison Universityの数学科のJason Rosenhouse助教授がツッコミを入れたのが ==>Jason Rosenhouse: "Does Evolution Have a Thermodynamics Problem?" on CSI(和訳) この熱力学第2法則な数学者Granville Sewellが予言をした。
Will we ever see the the day when Intelligent Design is taught as a scientific explanation for the origin of species in high school and university biology classrooms? Will we ever hear biology teachers tell their students that one day a few million years ago a giraffe was born to okapi-like parents, the product of a mutation which was designed by an unseen intelligent being? Perhaps, but probably not in my lifetime. 高校や大学の生物の授業でインテリジェントデザインが種の起源の科学的説明として教えられる日を迎えることがあるだろうか?数百万年前のある日、オカピのような両親から生まれたキリンが、未知のインテリジェントな存在によってデザインされた突然変異の産物だと、生物の先生が生徒に語るのを聞く日が来るだろうか?おそらく、私の生きている間にはないだろう。 ... Perhaps after a few generations in which biology texts point optimistically toward future discoveries which may uncover the mechanism of evolution, eventually some will begin to recognize the obvious, that there is no possible explanation without design. Until then, I will be happy with texts which simply acknowledge that the idea that the survival of the fittest can turn bacteria into giraffes, and cause human consciousness to arise out of inanimate matter, is doubted by some scientists. 生物の教科書が進化のメカニズムを明らかにする発見が将来あると楽観的に指摘しているが、おそらく何世代か後に結局、デザイン以外に可能な説明がないことを明らかだと認識し始めるだろう。それまでには、適者生存がバクテリアをキリンに変えることができ、人間の意識が生気なき物質から生まれたという考えが、一部の科学者によって疑われていると記載しただけの教科書ができれば満足である。 [Granville Sewell: "How Evolution Will be Taught Someday"]
この予言を何やら喜んだのが、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteのCasey Luskinである。 ==>Casey Luskin: "Mathematician Makes Hopeful Predictions about the Future of Evolution Education" (2007/07/25) で、第1の予言「インテリジェントデザインが種の起源の科学的説明として教えられる日が、生きているうちに来ない」はほぼ確実に正解。 何故なら、教えるものがないから。
GALESBURG - The father of intelligent design says his child is not ready for school. The hypothesis of intelligent design, while being developed, is not complete enough to be taught in the classroom, Phillip Johnson, professor emeritus of law at the University of California at Berkeley, said during a lecture at Knox College Friday. インテリジェントデザインの父は、彼の子供がまだ学校へ行く準備ができていないと言った。インテリジェントデザイン仮説は発展途上であり、授業で教えるに十分には完成していないと、カリフォリニア大学バークレー校の法学名誉教授Phillip Johnsonは、金曜のKnox Collegeでの講義で発言した。 [Intelligent design founder argues against evolution (2006/02/18) on TheRegister-Mail Online]
第2の予言「適者生存がバクテリアをキリンに変えることができ、人間の意識が生気なき物質(inanimate matter)から生まれたという考えが、一部の科学者によって疑われていると記載しただけの教科書」だが、こっちは実現しない。 疑う前に、"the survival of the fittest"は生物学用語ではないし、少なくとも"natural selection + random mutation"にしておかないと正しい記述にならないから。 というか、ネタが古い。キリンは1989年版のインテリジェントデザイン副読本"Of Pandas and People"だし[The giraffe neck could not evolve without a special circulatory system]、意識ネタは1990年のPhillip Johnsonの作品。
posted by Kumicit at 2007/07/30 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック