2007/08/05

Matt Cartmillが語るLeftとRightの反進化論の理由

Religious Rightは進化論を「Unguided(導かれない), Undirected(方向性のない), Purposeless(無目的)」な過程だとして嫌ってきた[ie. Dembski, 1997]。これとほぼ同じことをLeftistたちもまた主張してきた。

==>忘却からの帰還: 進化論とLeftistメモ
==>忘却からの帰還: 似ている創造論者とLeftist
==>忘却からの帰還: 自然選択を嫌うLeftistたち

Religious RightとLeftistという政治的・思想的に真逆のポジションをとる両者の意見が、進化論について一致する理由をMatt Cartmillが既に1998年に説明していたので、紹介する。
The idea that people evolved from apes millions of years ago is a testable scientific hypothesis. The idea that humankind was specially created in 4000 B.C. is also a testable hypothesis, and it happens to be wrong. But the idea that Nord and his evangelical allies want to introduce into biology classes--that nature expresses God's purposes--isn't a scientific issue at all, because there's no way to test it. People have been arguing about it for millennia and getting nowhere. The creationists point to all the things in nature that look beautiful, orderly, and efficient. The skeptics respond by pointing to other things that look ugly, messy, cruel, and wasteful. The creationists retort that they only seem that way to the finite human mind. Maybe so. But since no tests are possible, all that science can do is shrug.

人類が数百万年前に類人猿から進化したという考えは検証可能な科学的仮説である。紀元前4000年に人類が特別に創造されたという考えも検証可能な仮説であり、誤りだと示されている。しかし、Nordと彼の福音主義の同盟者たちが生物の授業に持ち込もうとしている考え、すなわち自然は神の目的を表現しているという考えは、科学の問題では全くない。というのは、検証する方法がない。人々は千年にわたって論じてきたが、答えは出ていない。創造論者たちは、美しく、秩序だって、効率的に見える、自然界にあるものすべてを指摘する。懐疑論者たちは醜くて、汚くて、残酷で、浪費的に見える他のものを指摘することによって応える。創造論者は有限な人間の精神にはそう見えるだけだと切り返す。そうかもしれない。しかし、検証不可能なので、科学にできることは肩をすくめることだけである。

That shrug is really what distresses the crusaders against science, on both the left and the right. Both camps believe passionately that the big truths about the world are moral truths. They view the universe in terms of good and evil, not truth and falsehood. The first question they ask about any supposed fact is whether it serves the cause of righteousness. Their notions of good and evil are different, but both see the commonplace surface of the world as a veil of illusion, obscuring the deeper moral truths behind everything that give life its meaning. "Commonsense reality," insists the left-wing anthropologist Nancy Scheper-Hughes, "may be false, illusory, and oppressive. . . . [We must] work at the essential task of stripping away the surface forms of reality in order to expose concealed and buried truths."

科学が肩をすくめることは、RightとLeftの両方において、科学への聖戦者たちを真に苦しめる。RightとLeftはともに、世界についての大いなる真理は道徳的心理であると情熱的に信じている。彼らは善悪という言葉で宇宙を見るのであって、真偽ではない。事実と思われることについて、彼らがまず問うことは、それが正しさの原因にかなうものか否かである。彼らの善悪の定義は違っているが、両者ともに、世界の表層は幻想のベールであって、生命に意味を与える、すべての背後にある深い道徳的真理を覆い隠すものだと見ている。Left-wingの人類学者Nancy Scheper-Hughesは「常識的現実は、間違いであり、幻想であり、抑圧的であるかもしれない。我々は、隠され埋められた真理を明らかにするために、現実の表層を剥ぎ取るという本質的な仕事をすべきである。」と主張する[*]。

For many people on the academic left, the facts reported by science are just the surface layer that has to be scraped off to expose the underlying moral and political reality. This postmodern approach to facts is a lot like that of the premodern St. Augustine, who wrote in the fifth century A.D. that we should concern ourselves with what Bible stories signify "and not worry about whether they are true."

Academic Leftの多くの人々にとって、科学が報告する事実は、深層にある道徳と政治的現実を露にするために剥ぎ取らなければならない表層にすぎない。この事実へのポストモダンなアプローチは、「聖書が指し示すもののみを問題にすべきであって、それらが真かどうかを迷う必要はない」と書いた前近代の聖アウグスティヌスと似通ってる。

Science, however, worries only about whether things are true and has no opinion about what they signify. In so doing, it offends both the religious right and the academic left. Both camps reject its claim to being objective and morally neutral. Because they don't think such a thing is possible, they see the pretended objectivity of science as a cover for ulterior motives. The idea of evolution is especially offensive in this regard because it implies that the universe has been value free through 99.9 percent of its history, and that people and their values were brought into being by the mechanical operations of an inhuman reality. Both the religious and the secular creationists see human life as defined by the moral choices we make. Naturally, they shrink from the biologists' vision of people as animals (since animals don't make moral choices). The right-wingers think Darwinism promotes atheism, while the left-wingers think it promotes capitalism; but both agree it's just another competing ideology, which deserves to be cast down from its high seat of intellectual privilege.

しかし、科学は物事が真かどうかだけを問題にしていて、それが意味するところについての意見を持たない。それは、Religious RightとAcademic Leftの両方を怒らせる。両者はともに、客観的であるとか、道徳的に中立といった主張を拒絶する。彼らはそんなことは不可能だと考えているので、科学の装われた客観性がその下心を偽装するものだと考える。彼らは特に進化の考え方に敵対する。というのは、宇宙はその歴史の99.9%は価値がなく、人々とその価値は非人間的な現実の機械的活動によって生み出されたものだということを意味するからである。宗教及び世俗の創造論者たちは人生を、我々による道徳的選択によって定められるものだと見ている。動物は道徳的選択をしないので、当然のごとく彼らは、動物としての人間という生物学者の視点を受け入れない。Rightはダーウィニズムを無神論を推進するものだと思い、Leftは資本主義を推進するものだと考える。しかし、両者はダーウィニズムが競合するイデオロギーであり、知的特権の高みから投げ落とされるに値するものだという点で一致する。

[*] Nancy Scheper-Hughes: "Death without weeping: The violence of everyday life in Brazil ", University of California Press, Berkeley, 1992. p.171 [Amazon]

[Matt Cartmill: "Oppressed by evolution - Christian right, multicultural left united against theory of evolution - Cover Story", Discover, March, 1998 (COPY)]
これらMatt Cartmillの説明、すなわちReligious RightとLeftistsがともに「下心なき客観的事実についての言明はない」と「宇宙と人間の価値・意味」という視点を持っているからという説明は、もっともらしい。

実際、「科学の原則たる方法論的自然主義(methodological naturalism)」などありえないと考えるReligious Rightたちは、「科学=形而上学的自然主義(Metaphysical naturalism)=唯物論(materialism)」であり、「神に言及しない=無神論」だと批判し続けている。

Matt Cartmillによれば、Leftistsたちは次のように思考する。
The academic left is a diverse group. It includes all shades of opinion from the palest pink liberals to old-fashioned bright red Marxists. Probably no two of them have the same opinions about everything. But a lot of them have bought into some notions that are deeply hostile to the scientific enterprise in general and the study of evolution in particular. Although these notions are often expressed in a mind-numbing "postmodern" jargon, at bottom they're pretty simple. We can sum them up in one sentence: Anybody who claims to have objective knowledge about anything is trying to control and dominate the rest of us.

Academic Leftは多様なグループである。薄ピンクなリベラルから時代遅れの濃赤色のMarxistsまで様々な意見を含む。諸問題について二人として意見が同じ者はいないだろう。しかし、彼らの多くは科学界全般、特に進化論研究に対して深く敵対的な主張で共通している。これらの主張はポストモダンの意味不明な用語で提示されるが、本質的にはまったく単純である。彼らの主張を一言で言うなら「何かについて客観的知識があると主張する者は、我々を制御し支配しようとしている」

The postmodern critique of science runs something like this: There are no objective facts. All supposed "facts" are contaminated with theories, and all theories are infested with moral and political doctrines. Because different theories express different perceptions of the world, there's no neutral yardstick for measuring one against another. The choice between competing theories is always a political choice. Therefore, when some guy in a lab coat tells you that such and such is an objective fact--say, that there isn't any firmament, or that people are related to wolves and hyenas--he must have a political agenda up his starched white sleeve.

ポストモダニズム的な科学批判は次のようなものである。「客観的事実は存在しない。事実だとされるものは理論が混入している。そしてすべての理論には道徳的かつ政治的教義が巣食っている。異なる理論は世界についての異なる認識を表明するので、互いを比較する中立不偏な物差しは存在しない。競合する理論からひとつを選択することは、常に政治的選択である。従って、白衣を着た者が、これとこれとは客観的事実だと言うとき、たとえば、蒼穹がないとか、人々は狼とハイエナに関連しているとか言うとき、その白衣の下に政治的動機があるはずである。

"Science is politics," writes Robert Young, editor of the journal Science as Culture. "Recent work has made it clear to those with eyes to see that there is no place in science, technology, medicine, or other forms of expertise where you cannot find ideology acting as a constitutive determinant."

「科学は政治である。イデオロギーが決定的要素として働いていない専門分野は科学にも工学にも医学にもない。」とScience as Culture誌の編集者Robert Youngは書いている[*]。

[*] Robert M. Young: "Science, ideology and Donna Haraway"
[Matt Cartmill: "Oppressed by evolution - Christian right, multicultural left united against theory of evolution - Cover Story", Discover, March, 1998 (COPY)]
このような例を、たとえばLeftistな集団遺伝学者Richard Lewontinに見ることができる。
この還元主義とは、世界は小さなあれこれの断片に分けることができ、その断片のそれぞれには固有の特徴があり、それら断片をくみあわせるとにより大きな集合物が作りだされるという考え方です。たとえば、個体は社会を作りあげ、社会は個体の特徴の現れ以外のなにものでもありません。個体の内的な特徴が社会の原因であり、社会全体の特徴は、これらの原因の結果によるものです。生物の世界へのこのような個体中心の見方は、あらゆるものの中心に個人をおく18世紀のブルジョア革命のイデオロギーの反映にすぎません。
[レウォンティン(川口啓明・菊池昌子訳): 遺伝子と言う神話, 大月書店, 1998], 科学は社会を反映する pp.123-124
Lewontinはたまたまこんな一節を書いたわけではない。Lewontinはこれ以前にもEO Wilsonの社会生物学、Richard Dawkinsの利己的遺伝子というメタファーなどをLeftistとして徹底して批判していた。

まさに、Matt Cartmillが指摘するように、Academic Leftはいかなる科学理論・仮説の背後にもイデオロギーを見る。創造論者たちが進化生物学に無神論を見るように。


posted by Kumicit at 2007/08/05 00:01 | Comment(0) | TrackBack(1) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

世界の存在→意識の存在?
Excerpt: 私たち人間はだれも、自分の頭蓋骨の中にある自分の心は、物心ついた頃からあって、
Weblog: 全裸の(知性の)女神ハテナ
Tracked: 2007-08-07 22:19