2007/08/23

インテリジェントデザイン運動がよく使う悪口用語

インテリジェントデザインの英語文献では必ず使われると言っていい単語たちがある。普通の英単語なんだけど、この手の業界用語なので、知らないと何だかわからなくなる。

ということで、ちょっと復習...

natural, naturalistic (自然の, 自然主義の)

"natural process"(自然の過程)とか、"natural explanation"(自然な説明)といった形で使われるのだが、慣れていないと、最もわけわからないかもしれない。

この場合の"natural"は"supernatural"(超自然の)と反対語。超自然には「超越的な神」とか「魂」とか「生気」(生物だけに働く力)とかが含まれる。普通は、「超越的な神」あるいは「超越的な神の、自然界への自然法則を無視した介入」といったことを意味する。

"natural"は従って、「超自然を除外する」と言った意味合いで使われる。"natural process"(自然の過程)とは、神様が直接関与していない過程であり、"natural explanation"(自然な説明)は、自然法則のみよる自然現象の記述といった意味を持つ。

これが何故、悪口になるかというと、「神様を除外している無神論」だから。


で、"naturalistic"(自然主義の)もほぼ同様。ただし、こっちは由緒正しい哲学用語"naturalism"(自然主義)の形容詞。本来は、metaphysical naturalism (形而上学的自然主義)とmethodological naturalism (方法論的自然主義)があるのだが、インテリジェントデザイン運動では、この2つを区別しない。

方法論的自然主義は「科学の説明は自然なものに限られる=超自然を召喚しない」というもの。形而上学的自然主義は「超自然は存在しない」という主張。

当然「神=超自然が存在しない無神論」という悪口。


material, materialistic (物質的, 唯物論的)

"material"(物質的)は、"natural"とほぼ同様に使われる。たとえば、"material process"だと、超越的な神や霊魂など"非物質的"なものは除外した過程。

"materialistic"(唯物論的)もほぼ同様。"materialism"とは形而上学的自然主義と同義で「超自然は存在しない」という考え方。

いずれも、超自然=神を除外したり、存在しないと主唱したりするので無神論と解釈される。


unguided (導かれない)
unintelligent (知性によらない)

米国の進化と創造についての世論調査で必ず出てくる選択肢が"Guided by God"である。具体的な意味は明確に定義されていないが、何らかの形で神様が関与していることを意味している。

この"Guided by God"の反対語が"unguided"である。これは、神がいないとまでは言わないが、「神が関与しない」ことを意味する。インテリジェントデザイン運動では、「自然界に介入しない神」なら、いないのと同じだから無神論に等しいと考える[ARN ID FAQ]。なので、"unguided"も悪口として使われる。

"unintelligent"も同様。"intelligent process"(知性が介在した過程)は、そのまま「神が介在した過程」なので、その逆は「神が介在しない過程」。


undirected (方向性のない)
blind (盲目の)
random (ランダムな)

軍拡競争で、ある方向に進化が進んでしまうこともあるので、必ずしも進化過程が行き当たりばったりというわけではない。にせよ、進化は偶然の積み重ねでもあり、人類が今の姿をしているのも偶然の産物でもあると思われる[ie ScienceDaily]。

「人類こそ到達点」とか「人類の登場は必然の結果」といった"事実"に基づいて、人類の存在意義・価値・尊厳を考える立場からすれば、"undirected"(方向性のない)などあってはならない。

逆にいえば、"undirected process"(方向性のない過程)は、「人類の存在意義・価値・尊厳」を否定するもの。それは、無条件に悪である。よって、"undirected"(方向性のない)は悪口になる。


"bind process"も"undirected process"と同義。"random"(ランダム)はちょっと違うはずだが、悪口として使われるときは同義。


purposeless (無目的)

「目的」は、機械仕掛けの宇宙を自然法則で記述する科学の取り扱い対象外。
よって、科学は「目的」に言及しない。これに対して...

「目的に言及しないのは、目的がないということだな。」
「人間の存在の目的がないとは何だ」...

まあ、インテリジェントデザイン運動はつまるところ、こんなもん。




以下、用例の出典
unguided, unplanned process of random variation and natural selection
[Luskin]

undirected, unguided natural causes
[ Pearcey, 2000]

unguided, unintelligent, purposeless, material processes such as natural selection acting on random variations or mutations
[Meyer & Keas]

coupling undirected, purposeless variation to the blind, uncaring process of natural selection
[DeWolf, West, & Luskin]

explain life in purely naturalistic and materialistic terms
[Taylor 2004}

the scientific establishment is requiring something else: "the best materialistic explanation for phenomenon
[Veith 2005]

Standing in the way is the materialistic definition of science inherited from the Victorian Age
[Richards 2005]


posted by Kumicit at 2007/08/23 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID Introduction | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック