2007/09/02

ニセ科学「AIDS再評価運動」について専門家向けに語るDr. Tara C Smith (3)

一昨日昨日の続きで...

Smith TC, Novella SP (2007) HIV Denial in the Internet Era. PLoS Med 4(8): e256 doi:10.1371/journal.pmed.0040256 [Link] (2007/08/21)


結論として「HIV否定論に対してネットでの対抗議論の必要性」

Smith&Novellaは同業の医学系の専門家へ向けて、ネットでの対抗議論への参加をよびかける。
Conclusion
結論

Because these denialist assertions are made in books and on the Internet rather than in the scientific literature, many scientists are either unaware of the existence of organized denial groups, or believe they can safely ignore them as the discredited fringe. And indeed, most of the HIV deniers' arguments were answered long ago by scientists. However, many members of the general public do not have the scientific background to critique the assertions put forth by these groups, and not only accept them but continue to propagate them. A recent editorial in Nature Medicine [32] stresses the need to counteract AIDS misinformation spread by the deniers.

これらのHIV否定論者の主張は、科学論文ではなく、本やインターネットで行われる。従って、多くの科学者たちは、そのような組織されたHIV否定論グループの存在を知らなかったり、知っていても、そのようなグループは信用できない狂信者として無視できると考えている。実際、HIV否定論者の論の大半は、はるか昔に科学者たちが回答したものだ。しかし、多くの普通の人々は、このようなグループが提示する主張を批判する科学的素養を持っていない。"Nature Medicine"誌の最近の社説は、HIV否定論者が広めているAIDSについての誤報を打ち消すことが必要だと強調している[32]。

While the descriptions of HIV denialism above refer to relatively organized campaigns, there are other less orchestrated examples of such denialism. A recent study, for example, showed that a large percentage of African Americans are suspicious of mainstream AIDS theories due to a general distrust of government authorities [33]. Arguments by denial groups may have played a role in the formation of their opinion. Indeed, the effect of denial groups on public perception of HIV infection is an area ripe for careful research, as this denial can have lethal consequences. In the recent study, stronger conspiracy beliefs were significantly associated with more negative attitudes towards using condoms and with inconsistent condom use, independent of selected sociodemographic characteristics, partner variables, sexually transmitted disease history, perceived risk, and psychosocial factors [33].

本稿では比較的組織化されたHIV否定運動について触れてきたが、あまり組織化されていないHIV否定論者たちもいる。たとえば最近の研究で、アフリカ系米国人が政府当局に対する一般的な不信感の故に、主流AIDS理論を疑っていることが示されている[33]。HIV否定論者グループによる論は、そのような意見形成の役割を担ったかもしれない。HIV感染についての一般人に認識に対するHIV否定論者グループの影響は、慎重な研究が必要なところに及んでいる。というのはHIV否定論が致命的な影響を及ぼすからである。最近の研究で、社会人口統計学的特徴やパートナーや性交による感染歴や認識されたリスクや社会心理的要因とは無関係に、コンドーム使用を嫌う傾向や気まぐれなコンドーム使用と、陰謀論を信じる度合いが関係していることがわかっている。

How much of this lingering denial is the fault of scientists and the media for originally proclaiming AIDS a universal “death sentence”? Even though this idea may no longer appear in the scientific literature, it remains a public perception of the disease. It is difficult to strike the correct balance between providing information conveying on one hand the severity of the disease, and on the other optimism about treatment and advances in understanding HIV pathogenesis (including research about individuals who may indeed be somewhat resistant to the virus). Oversimplifying AIDS science to the public lends itself to exploitation by AIDS deniers who remain “alive and well” years after diagnosis with HIV. Yet these concerns must be balanced with the desire to convey the proper gravity of the situation and motivate those who are known to be HIV positive to seek treatment: a difficult line to walk.

このHIV否定論について、どこまでが当初、AIDS認定が「死刑宣告」だとした科学者とメディアの責任だろうか。もはや、そのような考えは科学論文で見ることはないが、一般人のAIDSに対する認識はそのままである。病気の深刻さをカバーする情報を伝えることと、HIVに何らかの抵抗力を持っているかもしれない個々の患者の研究を含むHIV病因の理解と治療法の発展についての楽観を正しくバランスすることは困難なことである。一般人に対して、AIDS科学を単純化しすぎて説明することは、HIV感染を診断されてから健康に生存しているHIV否定論者によって、一般人からの搾取を促すことになる。それでもなお、これらの懸念は、HIV感染を知らされ、治療法をさがしている人々を勇気付けたいという思いとバランスをとらなければならない。それはとても難しいが。

This balancing act, in fact, deserves increasing attention from medical scientists in the age of the Internet and a broadening gap between the practice of science and public understanding of science. Successful public health education requires the presentation of a clear and simple message supported by a solid consensus of the medical community. Yet the reality behind the scenes is often quite different. Every medical field has its legitimate controversies and complexities, and the process of science is often messy. Denial groups exploit the gap between public education and scientific reality.

このようなバランスは実際には、インターネット時代の医療研究者たちからの注目を集め、科学の実行と一般人の科学の理解のギャップの広くしてしまうことになる。成功する公衆衛生教育は、医学界の強烈なコンセンサスで支えられた明確で単純なメッセージの提示を必要とする。しかし、実際の舞台裏はまったく違っている。あらゆる医学分野には、正当な論争と複雑さがあり、科学研究の実行はごたごたしている。HIV否定論者たちは、公教育と科学の現実の間のギャップを利用する。

Further, countering the misinformation of HIV deniers needs to be conducted in the broader societal context of countering anti-science and pseudoscience. The strategies of HIV deniers, like many other denialist movements, seek to undermine the very philosophy of science itself, to distort public understanding of the scientific process, and to sow distrust of scientific institutions. Unscientific alternative medical modalities have made significant inroads into the institutions of health care through political means, despite a continued lack of scientific legitimacy: vaccines are characterized as dangerous instead of life-saving; psychiatry is mocked by celebrities and others in the public eye. Meanwhile, many leaders in science and business are concerned that the United States is losing its edge as a scientific powerhouse.

さらに、HIV否定論者の誤報に対処は、反科学とニセ科学に対処するより幅広い社会の全体を見回した上で、行う必要がある。HIV否定論者の戦略は、他の否定論運動と同様に、まさしく科学そのものの原理を侵蝕し、科学の過程についての一般人の知識を歪めて、科学研究機関に対する不信感を植え付けようとする。科学的正当性を欠如したままなのに、政治的な手段で、非科学的な代替医療が、健康管理制度に重大な侵入を果たした。たとえば、ワクチンは生命を救うものではなく、危険なものなのだと。精神医学は有名人たちによって嘲られる。一方、科学およびビジネスの指導者たちは、米国が科学の原動力を失いつつあることを懸念している。

There remains a deep problem of overall scientific illiteracy in this country and others, creating fertile soil for those who wish to spread scientific misinformation [34]. The scientific community must collectively defend and promote the role of science in society, and combat the growing problem of scientific illiteracy. We must all strive to do our part to make science accessible to the general public, and to explain the process by which scientific evidence is gathered, analyzed, and eventually accepted, and academic institutions should provide greater incentive for their researchers to expend the time and effort to do so. A solid understanding of the scientific method may not eliminate science denial, but it may act as a buffer against the further spread of such denialist beliefs.

米国の全体的な科学に無知だという深い問題が残っている。そしてそれは、科学的な誤りを広めたいと思っている人々にとって、肥沃な土壌となっている[34]。科学界は、社会で科学の役割を集団で擁護しなければならない。そして、科学に無知だという巨大化する問題と戦わなければならない。我々全員が、科学を一般人にとってアクセスしやすくするために役割を果たし、科学的証拠が集められ、分析され、最終的に認められる過程を説明し、研究機関は研究者がこのような活動にたずさわれるようなインセンティブを用意しなければならない。科学的方法をちゃんと理解することだけでは、否定論を排除できないかもしれない。しかし、そのような否定論者の信条がさらに広まっていことに対する緩衝地帯として機能できるかもしれない。

[32] [No authors listed] (2006) Denying science. Nat Med 12: 369. Find this article online [copy]
[33] Bogart L, Thorburn S (2005) Are HIV/AIDS conspiracy beliefs a barrier to HIV prevention among African Americans? J Acquir Immune Defic Syndr 38: 213?218. Find this article online [PubMed]
[34] National Science Board (2004) Science and technology: Public attitudes and understanding. Available: http://www.nsf.gov/statistics/seind04/c7/c7s2.htm. Accessed 17 July 2007.
Smith&Novellaは、HIV否定論者の主張は本やネットで広まり、科学は学術論文誌で論じられる。人々に届くのは本やネットを経由するニセ科学であり、しかもその状況を科学者が気がつかないことも多いと指摘する。そして、同様のことは他のニセ科学にも共通すると。

結局は、自分の専門分野にニセ科学が生息しているのに気がついたら、各個撃破を繰り返すしかない。ひとたび撃墜しても、同じネタが蘇ってくるかもしれない。そのたびに反論を繰り返すことも必要。

そして、Smith&Novellaは、科学研究の成果を一般人にわかりやすく説明し、「科学的証拠が集められ、分析され、最終的に認められる過程」の説明していくことに、参加すべきだと説く。

そのひとつのありかたは、SEED MaganizeがホストするScienceBlogsに個人として集う、理系ブロガーたちになるのかも。あるいは、大学として行っていると思われるEvolution 101とか。



タグ:HIV denialism
posted by Kumicit at 2007/09/02 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック