2007/09/03

英国は宗教に対して冷めている

英国の新聞TimesOnlineの報道によれば、YouGovによる英国の宗教についての2200名に対する世論調査で...

神を信じる .................. 28%
神ではない何かを信じる ...... 26%
無神論 ...................... 16%
不可知論 .................... 9%
宗教には有益な効果がある .... 17%
宗教には有害な効果がある .... 42%
という結果が出た。
The YouGov poll commissioned by John Humphrys, the broadcaster and writer, found that 42% of the 2,200 people taking part considered religion had a harmful effect.
...
Only 16% of those polled called themselves atheists; 28% believed in God; 26% believed in “something” but were not sure what; and 9% regarded themselves as agnostics - like Humphrys himself, who had a religious upbringing in Wales but calls himself a “doubter”.

He writes: “Even though the dominant faith - by a massive margin – is Christianity, only 17% thought the influence of religion was beneficial. ...
[
">Religion causes harm, says poll
(2007/09/02) on TimesOnline]
「宗教が有害な効果あり=42%」という結果は、英国では普通みたいで、「42% think faith is as evil as smallpox (2006/11/09)」(信仰は天然痘と同程度に有害 = 42%)なんて結果も出ている。

これからすると、米国と違って、英国は宗教に対して冷めているようである。

posted by Kumicit at 2007/09/03 00:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

2007年9月5日 「夫、売ります」
Excerpt: 今回の旅行は、PCを持たずにPortable FirefoxをUSBに入れて持っていきました。クソ便利だったので、今度紹介します。ネタ忘却からの帰還: 英国は宗教に対して冷めている 意外と英国は神の存..
Weblog: 神戸の三代目
Tracked: 2007-09-06 00:31