2007/09/24

欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(1/5) 欧州の創造論

2007年6月26日に予定されていた採決が流れていた欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」[1]

==>Gilbert Reilhac: European rights body calls off creationism vote (2007/06/25) on Scientific American

動きがないと思っていたら、2007年9月17日付で欧州評議会に、「The dangers of creationism in education (Doc.11375)」という決議案と報告書が出現した。再始動へ向けて動きかもしれない。

で、この報告書部分がよくまとまっている。

  • Summary(概要)
  • Draft resolution (決議案)
  • Introductory note by Mrs Anne Brasseur
  • Report of Mr Guy Lengagne (revised)
  • Evolution: a genuine scientific theory (進化論:本物の科学理論)
  • Evolution (進化論)
  • Creationism (創造論)
  • Creationism in Europe (ヨーロッパの創造論)
  • Creationism and Education (創造論と教育)
  • Positions adopted by the religious authorities (宗教の立場)
なので、欧州における創造論に対抗する人々の考え方を知るのに有用である。

ということで、これから数日かけて、読んでいくことにする。

今日は「Creationism in Europe (ヨーロッパの創造論)」と題する部分。

表題(ヨーロッパの創造論)に相応している記述は3パラグラフだけ:
Creationism in Europe (ヨーロッパの創造論)

38. Many people think that this phenomenon only affects the United States and that, even if it is not possible to be indifferent to what is happening on the other side of the Atlantic, it is not the Council of Europe’s role to deal with this issue. That, however, is not the case. On the contrary, it would seem crucial for us to take the appropriate precautions in our 47 member states.

多くの人々は、この現象が米国だけに影響を及ぼすものであり、大西洋の対岸で起きていることに無関心ではいられないとしても、欧州評議会が関わるような問題ではないと考えている。しかし、それは誤りである。それどころか、我々47の加盟国が適切な予防措置をとることが重要である。

39. Alongside Christian creationism there is now Muslim creationism: the creationist arguments of Christian origin became popular among the Muslims with the rise of the Islamist movements at the beginning of the 1980s.

キリスト教創造論とともに、いまやイスラム創造論が存在している。もとはキリスト教起源の創造論者の論が、1980年代のイスラム運動の隆盛とともに、イスラム教にも広まった。

40. Today, creationists of several faiths are trying to get their ideas accepted in Europe. As a result, we have seen several initiatives from these various movements on the Eurasian continent in the last few years, with schools apparently the main target. The beginning of 2007 saw an offensive by the Turkish creationist Harun Yahya, who sent his last and very lavish work, entitled “The Atlas of Creation”, which claims to denounce the deception of the theory of evolution, to a large number of French, Belgian, Spanish and Swiss schools. In France, the Ministry of Education, after consulting specialists, immediately reacted by expressly calling for this work to be removed from the resource centres of the schools concerned as the book met none of the quality requirements laid down for classroom teaching.

今日では、いくつかの宗教の創造論者たちは、自らの考えを欧州にも受け入れさせようとしている。結果として、ここ数年、これらの運動団体が、明らかに学校をターゲットとして、ユーラシア大陸で活動しているのを見かけるようになった。2007年の初めにはとトルコの創造論者Harun Yahyaの攻撃が見られた。彼らは「The Atlas of Creation (創造のアトラス)」という最新の贅沢な本を、フランス・ベルギー・スペインおよびスイスの学校に大量に送りつけた。フランスでは教育省が、専門家に諮って、ただちに、学校教育用の品質をまったく満たしていないという問題があるとして、こららの本を教材センターから排除した。
対岸の火事ではないこと、およびキリスト教とともにイスラム今日にも同様の動きがあることを、欧州向けに説明している。

このあとのパラグラフは、徹底的に創造論は反科学であるという主張の繰り返しになっている。Panda's Thumbの執筆者たちだと、このような大味な攻撃はしないだろう。
41. The creationists are attacking on two fronts: they either deny the scientific nature of evolution or try to put the lack of certainty at the centre of the debate that pits them against the supporters of the theory of evolution. To this end, they rely on the fact that the science of evolution, like any science, is not “closed”, ie it casts doubt on certain elements or describes others in greater detail (without this calling into question the foundations on which it is based).

創造論者は二正面を攻撃している。いずれも、進化の科学性を否定するか、確実性を欠いているという点を進化論支持者に対して挑む議論の中心におこうとする。そして、進化科学が他の科学と同様に、完成されたものではないという事実に依存する。すなわち、特定の事項について疑いを投げかけたり、それが基礎としているものへ問うことなく、別の事項について詳細を述べる。

42. For the creationists of all persuasions, the element of uncertainty that surrounds scientific work on the subject of creation and evolution is much too large to give this theory sufficient credence. Do they need to be reminded that this applies to all science? It is only necessary to cite the example of the atom, which was considered indivisible and was then split into its nucleus and electrons, after which quarks were discovered. However, these scientific discoveries have never challenged the basis of atomic theory! A scientific theory produces new knowledge that it tries to interpret according to the prevailing paradigms, which forces the theory to evolve in order to take account of these new data.[3] However, reviewing and evolving a theory does not mean calling into question its basic principle, and the same applies to the theory of evolution.

あらゆる信仰の創造論者にとって、創造と進化に関する科学研究を取り巻く不確実性が、理論を十分に信頼するには大きすぎるらしい。しかし、創造論者たちは他のすべての科学にも適用されることを、思い起こす必要があるだろうか? それについては原子の例を挙げるだけで十分だろう。原子はもとは分割不可能と考えられたが、後に、原子核と電子に分割された。そしてさらにクォークが発見された。しかし、これらの科学上の発見によって、原子論の基礎に疑問を生じたことなかった。優勢なパラダイムによって解釈しようとすることで、これら新しいデータを説明するために理論を進化させ、科学理論は新しい知識を生み出す。しかし、理論を見直し進化させることは、その基本原則を疑問を呈することを意味しない。同じこと進化理論にもあてはまる。

43. While the most radical creationists adhere to a crude denialism by completely denying the scientific advances and discoveries concerning the evolution of species, other creationist movements proclaim themselves scientific, a claim that is completely contradictory. So-called scientific creationism is in fact the desire to place the narrative of the holy books on a scientific basis. However, as Guillaume Lecointre emphasises, just as the construction of a myth has nothing in common with the construction of a scientific assertion, the statements made in the context of the two theories have very little chance of tying up with one another. Other movements promote the idea that evolution has indeed taken place but is the result of the act of a transcendent will, an “intelligent design”.

もっとも急進的な創造論者たちは、種の進化に関する科学的な前進と発見を完全に否定する全面否定論をとる。他の創造論者たちは自らを科学的だと宣言する。両者の主張はまったく両立しない。いわゆる科学的創造論は、実際には聖書を科学の原則に起きたがっている。しかし、Guillaume Lecointreが強調するように、神話の構築と科学的主張の構築にはほとんど共通点がなく、この2つの理論のコンテキストで創られる主張が、連携できる可能性はほとんどない。他の創造論運動では、進化はあったが、それは超越的な意志の活動の結果だという考えを、インテリジェントデザインとして主張する。

44. In the light of these assertions and other claims of scientific legitimacy emanating from various creationist movements, it is justified to ask: How can the creationists claim to be able to provide scientific proof for what they are saying? The scientific nature of an assertion depends to a large extent on the ability to verify its objectivity by reproducing experiments or observations. As we shall show, the scientific character of the alternative ideas put forward by the creationists can be seriously called into question, indeed totally refuted.

さまざまな創造論運動が発信している科学的正当性について主張にてらしあわせてみれば、次のように問うことは正当化される: 何故、創造論者は自らの主張を科学的証明できると主張するのか? 主張の科学性は、再現実験や観測による客観性を検証する可能性の大きさに依存する。これから我々が示すように、創造論者が提唱する代替理論の科学的特徴は、真剣に意義を唱えられてしまうものであり、実際に完全に論破される。

45. While the evolution sciences have evolved considerably since Darwin, the creationists have not gone beyond their pitiful level of quibbling[4]. Evolution has not stopped “evolving” since Darwin theorised it. Science is a body of knowledge constantly being built and rebuilt. The scientific approach consists in continually questioning models, which remain true unless and until they have been refuted. The creationist arguments have never evolved and are not based on any scientific proof. Facts are presented without theory, or theoretical arguments are put forward without any facts to confirm or refute them. Creationism appears more dogmatic than scientific.

進化科学がダーウィン以後、進化してきたのに対して、創造論は屁理屈の域を超えていない。進化論はダーウィンが理論化して以降も"進化"を止めていない。科学は絶えず構築され、再構築され続ける知識の集合体である。科学的アプローチはモデルを継続的に疑い続けるものであり、そのモデルは論破されるまで、正しいとされ続ける。創造論者の論は進化したことはなく、科学的証明に基づいたことはない。事実は理論とは無関係に提示されるか、理論的な論はそれを証明あるいは反証する事実とは無関係に提示される。創造論は科学的というよりも独断的である。

46. Guillaume Lecointre has shown that they have been somewhat cavalier with regard to elementary rules of science. The first breach of these rules is their lack of scepticism. In every creationist experiment, faith imposes a preconceived idea of the expected result. Faith does not permit them objectively to accept the result of a scientific experiment if it does not correspond to their beliefs, so it would seem impossible to reconcile faith and science. The second breach noted concerns the fact that even if the creationists seem to comply with the principles of logic, that logic is based on false premises, indeed on a tendentious selection of facts. Finally, mention may be made of a large number of breaches of the principles of methodological materialism and experimentation. As G. Lecointre emphasises, scientific creationism is by definition the very opposite of science because it denies the need for recourse […] to material realities […] in order to establish truths. However, let us repeat: it is not possible to establish knowledge without scientific evidence and without verifying its objectivity and scientific character by the reproduction of experiments and/or observations. The creationists make a number of claims that cannot be scientifically tested and are thus not provable. It is therefore easy to see through the deception of the creationists who claim to follow scientific principles. This deception is all the greater as, being aware that it is impossible for them to prove scientifically what their dogma advocates, some creationists even go so far as to fabricate facts and evidence. Thus, apart from the absurd interpretations put forward by some creationists, it would seem that others do not hesitate to fabricate “pseudo” evidence to try to prove the scientific nature of their statements.

Guillaume Lecointreは創造論者たちが、科学の基本法則について少し無頓着だったことを示した。基本原則違反の第1は懐疑を欠いている点である。創造論者のあらゆる実験では、信仰が期待する結果についての先入観を押し付ける。実験結果が彼らの信仰と合致しないなら、信仰は科学実験の結果を受け入れることを許さないので、信仰と科学を調停できそうにない。第2の違反は、創造論者たちが論理の原則に従うように見えても、その論理は、事実の偏った選択に基づく誤った命題に基づいている。最後に、記述は方法論的唯物論と実験原則に多くの違反をしている。G. Lecointreが強調するように、創造科学は定義上、科学に反する。というのは、真理を確立するために物質的現実に遡及する必要性を否定するからである。しかし、繰り返しておこう: 科学的証拠なく、実験や観測の再現性を検証せずに、知識を確立することは不可能である。創造論者たちは、検証不可能な主張を多くする。そしてそれらは証明不可能である。従って、科学の原則に従うと言う創造論者が偽装であることは容易にわかる。創造論者は自らの教義を科学的に証明できないことがわかっていて、一部の創造論者は事実と証拠を偽造さえする。このように、一部の創造論者が提唱する不合理な解釈は別として、他の創造論者は、自らの主張を科学性を証明しようと疑似証拠を偽造することを躊躇しない。

47. Thus the Turkish preacher Harun Yahya seems to employ both these methods. In his numerous anti-Darwin works, he tries to prove the absurdity and unscientific nature of the theory of evolution, which is for him only one of Satan’s greatest deceptions. However, the pseudo-scientific method he uses in his work The Atlas of Creation cannot in any way be considered scientific. The author tries to prove the non-scientific nature of the theory of evolution by taking and challenging the evidence of evolution. He does not mention any prior questioning. Moreover, as he only compares photographs of fossils to photographs of current species he provides no scientific proof for these statements. Even better, as Pascal Picq mentions by way of example, on page 60 of this work we see a superb photograph of a fossil of a perch with a claim in the caption that this fish has not evolved over millions of years. That, however, is wrong: a detailed study of the fossil and perches living today shows that, on the contrary, they have evolved a great deal. Unfortunately, Yahya’s book is full of this type of falsehood. None of the arguments in this work are based on any scientific evidence, and the book appears more like a primitive theological treatise that the scientific refutation of the theory of evolution. It may be noted that Yahya says he has the support of major scientists. They would also have to be specialists in the biology of evolution!

トルコの伝道者Harun Yahyaはこれら2つの方法を両方とも使う。Harun Yahyaは反ダーウィンな多くの著作において、進化論の不合理と非科学性を証明しようとする。Harun Yahyaにとって、それは悪魔の大いなる偽装のひとつなのだ。Harun Yahyaの著作のひとつ"The Atlas of Creation"で使われた疑似科学手法は、いずれにせよ科学的とは考えられない。"The Atlas of Creation"の著者は、進化の証拠を取り出して疑問呈することで、進化理論の非科学性を証明しようとする。しかし、その疑問にそれ以上言及しない。さらに、著者は化石の写真と現在の種の写真を比較するだけで、科学的証拠を提示しない。"The Atlas of Creation"の60ページで、例として挙げられるPascal picqについて、化石のすばらしい写真が、この魚が何百万年も進化していなという図説明つきで紹介される。しかし、これは間違っている。化石と現在生きている種についての詳細な研究によって、非常に進化していることが示されている。残念ながら、Harun Yahyaの本はこの手の虚偽が多くある。この本に書かれた論はどれも、少しも科学的証拠に基づいていない。そして、この本は、進化理論を科学的に論破するという神学論文のようである。Harun Yahyaは一流の科学者が支持していると言っている点についての述べておく必要があるかもしれない。その一流の科学者たちは、進化生物学の専門家でなければならない。

48. Similar criticism can be made about the “pseudo”-scientific character of the intelligent design ideas. Its supporters present the Darwinian theory of evolution not as a scientific theory but as an ideology or a “natural philosophy” and therefore think it either cannot be taught in schools as a “science” or that the intelligent design ideas must be taught at the same time. There is consequently a tendency to justify the inclusion of the intelligent design ideas, which are presented as scientific because of the total lack of any reference to the Bible and God, in the school curricula. However, as G. Lecointre has shown, the intelligent design ideas are anti-science: any activity involving blatant scientific fraud, intellectual deception or communication that blurs the nature, objectives and limits of science may be called anti-science. The intelligent design movement would seem to be anti-science for several reasons. Firstly, the nature of the science is distorted. Secondly, the objectives of the science are distorted. The writings of the leaders of this movement show that their motivations and objectives are not scientific but religious.

同様の批判は、インテリジェントデザインの疑似科学性についても適用できる。インテリジェントデザイン支持者はダーウィン理論を科学理論ではなくイデオロギーあるいは自然哲学として提示し、従ってそれは科学として学校で教えられるべきでないと考えるか、インテリジェントデザインも同時に教えられるべきだと考える。従って、神と聖書への言及を完全に削除することで、科学的だと提示されるインテリジェントデザインの考え方を教育に含めることを正当化する傾向がある。しかし、G. Lecointreが示したように、インテリジェントデザインの考え方は反科学である:科学の性質と目的の限界をぼやけさせる、露骨的な科学的詐術と知的偽装あるいはコミュケーションを必要とする、いかなる活動も反科学と呼べるだろう。インテリジェントデザインは次の理由で反科学と思われる。第1に、科学性が歪められている。第2に科学の目的が歪められている。このインテリジェントデザイン運動の指導者たちの著作は、その動機と目的が、科学ではなく宗教であることを示している。

49. The intelligent design ideas annihilate any research process. It identifies difficulties and immediately jumps to the conclusion that the only way to resolve them is to resort to an intelligent cause without looking for other explanations. It is thus unacceptable to want to teach it in science courses. It is not enough to present it as an alternative theory in order to have it included in the science syllabus. In order to claim to be scientific, it is only necessary to refer to natural causes in one’s explanations. The intelligent design ideas, however, only refers to supernatural causes.

インテリジェントデザインの考えは、どんな研究プロセスも絶滅させる。インテリジェントデザインは問題を特定すると、ただちに、その解決策がインテリジェントなゲインしかないという結論に飛びつき、他の説明がないか探さない。従って、それを理科の授業で教えることは認められない。理科の課程に含めるためには、代替理論として提示するだけでは十分ではない。科学的だと主張するためには、現象の説明を自然の原因の限定する必要がある。しかし、インテリジェントデザインは超自然の原因にのみ言及する。

50. In addition, the failure to publish the work done by the various creationist movements is merely a reflection of their non-acceptance by the scientific community. Harun Yahya has his own publishing house, which enables him to publish his works in large quantities. Without this, it would never have been possible to disseminate them to the same extent. Moreover, there is no consensus on one creationist theory in particular. Each of the numerous creationist movements is convinced it possesses the truth. The fact is that the theory of evolution is accepted virtually throughout the scientific world, and the international scientific community’s lack of recognition of the alternative ideas proves that the creationist movements, whatever they may say, remain marginal and can accordingly not be given sufficient weight for them to be included in the school curricula.

さらに、様々な創造論運動による成果を発表できていないのは、科学界によって認められていないことの結果である。Harun Yahyaは自分の出版社を持っていて、自分の著作を大量に出版できる。これなしには、本をここまで広めることはできなかった。さらに、特にひとつの創造論者の理論についてコンセンサスがない。数多くの創造論者たちは自らが正しいと確信している。事実は、進化理論は事実上、科学界で受け入れられている。創造論運動自身が何を言おうとも、創造論運動を世界の科学界が認めておらず、それは創造論が重要でないことを証明しており、従って創造論は学校の課程に含めるには十分な重みを持っていない。

51. It therefore cannot be acceptable to teach alternative theories as science. That would constitute a danger in itself and involve the risk of witnessing the development of many different theories, each as absurd as the next. Moreover, it would only sow discord among pupils and students.

従って、代替理論を科学として教えることは受け入れられない。それ自体が危険であり、多くの不合理な異論の出現を見るというリスクを内包している。さらに、それは生徒たちの間での不一致を招くだけである。
"若い地球の創造論"だけをターゲットとするなら、これでもいいかもしれない。しかし、インテリジェントデザイン理論は「進化論で説明できない生物器官は、意図不明な意図で、正体不明のインテリジェンスによって、不明な方法でデザインされ、不明な方法で実装された」という内容のない主張である。そこを衝く必要がある。

で、ヨーロッパの創造論という節なのに、なぜかFlying Spaghetti Monsterについて:
52. In this connection, in accordance with the principle of an open attitude to the alternative theories advocated by the scientific creationists, and in order to show the illogicality of teaching intelligent design alongside the theory of evolution, a movement has, ironically, developed in the United States. The so-called Pastafarian movement supports the theory of the Flying Spaghetti Monster. Pastafarianism is a parody on religion created in response to the decision of the Kansas State Board of Education to permit the teaching of intelligent design in science courses on an equal footing with the theory of evolution. According to Pastafarianism, an invisible and omniscient being called the Flying Spaghetti Monster created the universe in one day. The supporters of Pastafarianism are demanding the same place in the school curricula as intelligent design. Full of irony, this pseudo-religion is setting a trend and the cult is spreading.

この点について、科学的創造論者が主張する代替理論に対するオープンな態度の原則に従って、進化論とともにインテリジェントデザインを教えることの不合理さを示すための運動が、皮肉なことに米国で登場した。いわゆるパスタファリアン運動は、Flying Spaghetti Monsterの理論を支持する。パスタファリアニズムは、カンザス州教育委員会が理科の授業でインテリジェントデザインを、進化論と同じ立場で教えることを容認する決定をしたことに対抗して創られたパロディ宗教である。パスタファリアニズムによれば、Flying Spaghetti Monsterと呼ばれる目に見えない全知の存在が1日で宇宙を創造したことになっている。パスタファリアニズムの支持者は学校の課程で、インテリジェントデザインと同じ扱いを要求している。皮肉をいっぱい詰め込んで、この疑似宗教はトレンドを創り、広まっている。



関連エントリ

欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(1/5) 欧州の創造論 (2007/09/24)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(2/5) 教育への侵入状況 (2007/09/25)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(3/5) 宗教界の反応 (2007/09/26)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(4/5) 報告書の結論 (2007/09/27)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(5/5) そして我々は... (2007/09/28)
欧州評議会は、創造論とIDの危険性についての決議案投票を中止 (2007/07/02)


posted by Kumicit at 2007/09/24 01:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[自然科学][思想・哲学・心理学]聖書逐語解釈というシロモノ
Excerpt: さて、アメリカ人的なるもの - 地下生活者の手遊びのつづき。 ご存知のお方は多いと思うけど、生きとし生けるものは聖書に書いてあるとおりに神が創造したというのは自然科学的な事実だという、創造科学とかい..
Weblog: 地下生活者の手遊び
Tracked: 2008-03-31 00:23