2007/09/26

欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(3/5) 宗教界の反応

2007年9月17日付で欧州評議会に出現した「The dangers of creationism in education (Doc.11375)」という決議案と報告書のつづき

今日は「Creationism and Education (創造論と教育)」のうち、残りの「Positions adopted by the religious authorities」と「Stance adopted by the international scientific community」

The position of the Vatican and the Christian religious movements
バチカンとキリスト教運動のポジション


75. For a long time, the Catholic Church was opposed to transformism and then to evolutionism. However, this opposition has to be understood in the context of the more general mistrust of science prevailing at the time, given the international climate of socialism, which it saw as a consequence of evolutionism. Thus, for a long time there were clashes between the positivist revolutionaries and the Catholics who supported the restoration of the monarchy. The Catholic Church has clearly demonstrated for a very long time that it is creationist. After the Second Vatican Council the Catholic Church was more discreet and almost remained aloof on this issue. This was until 1996, when, on 23 October, Pope John-Paul II recognised that Darwin’s theories were “more than a hypothesis”. However, the debate on evolution is still taking place within the Catholic Church today. Several movements still defend creationism as a dogma. In July 2005, Christoph Schönborn, the Archbishop of Vienna, published an article in the New York Times stating that the declarations made by Pope John-Paul II could not be interpreted as recognising evolution. At the same time, he repeated arguments put forward by the supporters of the intelligent design ideas. However, it is important to note that the majority of contemporary Catholics now accept the neutrality of science.

長きにわたり、カトリック教会は"Transformism"に、そして進化論に反対していた。しかし、この反対は、科学に対する当時の一般的な不信、すなわち進化論の消えkつと見られていた社会主義の国際的な様相というコンテキストで理解する必要がある。したがって、長きにわたり、独断的革命家と君主制復帰を支持したカトリックの対立があった。カトリック教会は長きにわたり、自らが創造論者であることを示してきた。第2バチカン公会議[1962〜1965]の後、カトリック教会はより慎重で、この問題に距離をとった。それが1996年まで続き、1996年10月12日に、教皇ヨハネパウロ2世がダーウィンの理論を「仮説以上のもの」と認めた。しかし、進化についての議論は、今日、カトリック教会内でまだ起きている。いくつかの運動は競技として、まだ創造論を擁護している。2005年7月に、ウィーン大司教Christoph Schönbornは、教皇ヨハネパウロ2世による宣言が、進化を認めたとは解釈できないと述べた記事をNew York Timesに掲載した。同時に、Christoph Schönbornはインテリジェントデザイン支持者が提案する論を繰り返した。しかし、大多数のカトリックは、現在は、科学の中立性を認めていることを銘記することは重要である。

76. In the tradition of his predecessor, Pope Benedict XVI now welcomes the role of the sciences in the evolution of humanity: Science has opened up large dimensions of reason that have been closed up to now and thus brought us new insights. In early September 2006, he brought together a group of former students and colleagues at Castel Gandolfo for a seminar on the evolutionism versus creationism debate. He published the conclusions of this seminar in mid-April 2007 in German under the title “Schöpfung und Evolution” (Creation and Evolution). He does not support the ideas of creationism: the creationist position is based on an interpretation of the Bible that the Catholic Church does not share. The Pope rejects both a creationism that categorically excludes science and the theory of evolution, which hides its own weaknesses and does not want to see the questions that arise beyond the methodological capacities of science. The theory of evolution is considered too pervasive by the Catholic Church, which seems above all to be worried about the influence of “social Darwinism” and the evolutionist theories concerning economic matters and medical ethics.

教皇ベネディクト16世は、前任者を引き継いで、人類の進化における科学の役割を喜んで歓迎する。科学はそれに迫り、新たな知見をもたらす合理性を開いた。2006年9月に、ベネディクト16世は進化論対創造論についてのセミナーのために、かつての学生や同僚たちをCastel Gandolfoに集めた。2007年4月半ばに、ベネディクト16世はこのセミナーの結論を「創造と進化」という表題で、ドイツ語で出版した。ベネディクト16世は創造論の考えを支持しない。創造論者のポジションは、カトリックとは相いれない聖書解釈に基づいている。教皇ベネディクト16世は、断定的に科学を排除する創造論と、自らの弱点を隠して、科学的方法論の能力以上の問題を見ようとしない進化論をともに、拒絶する。カトリック教会にとって進化理論は、あまりに広まり、経済問題と医学倫理に関する社会的ダーウィニズムと進化理論への影響を懸念させるもののようである。

77. In Switzerland, the Council of Christian Churches in the canton of Vaud has declared that it does not see its own views reflected in the statements and actions of the European Biblical Centre movement run by Daniel Mathez.

スイスでは、Vaud州のキリスト教会評議会は、自らの見解が、Daniel MathezによるEuropean Biblical Centre運動の主張や活動を反映したものではないと断言した。
昨年から、Christoph Schönbornの発言などあったものの、進化論に対するカトリック教会のポジションに変更はない。

これまでの教皇庁の進化論に対する対応については:

==>忘却からの帰還: これまでの教皇"声明 on 進化論"メモ (2007/01/05)

ベネディクト16世によるセミナーについては:

==>忘却からの帰還: Vaticanはインテリジェントデザインを受け入れない (2006/09/07)
==>忘却からの帰還: おそらく教皇ベネディクトは新刊本でも、ローマカトリックの進化論についての見方を変えない (2007/04/13)
==>忘却からの帰還: 教皇の新刊本についてのPanda's Thumb方面の反応 (2007/04/15)

英国国教会も同様のポジションをとっており、欧州においてキリスト教のメインストリームは創造論を容認しないもよう。報告書はこれを強調し、進化論対キリスト教という構図にならないことと主張しているようである。

さて、続いてHarun Yahyaにより一気に注目を浴びることになったイスラム:
Reactions of the Muslim organisations
イスラム団体の反応


78. As far as the Muslim organisations are concerned, they condemn the grotesque proselytising practised by Harun Yahya. When questioned after the mass mailing to French schools of Yahya’s book The Atlas of Creation, Dalil Boubakeur, President of the French Council of Muslims replied that the theory of evolution “does not conflict with the Koran”. He also considers Yahya’s initiative “pernicious”: “He tries to show that species have remained immutable, with photographs to support his claim, but he fails to explain the disappearance of certain species or the emergence of others”. Boubakeur says he is “convinced that evolution is a scientific fact” adding that some verses of the Koran explicitly mention “a cyclical evolution” of the human race. In an interview with Le Monde in February 2007, the sociologist Malek Chebel said that “Islam has never been afraid of science … Islam does not need to be afraid of Darwinism … Islam does not fear the story of evolutions and of the mutations of the human race”. He points out that the Koran addresses the question of the creation of human beings by God but not that of the mutations of species. According to him, “The Atlas of Creation is the product of a sectarian organisation close to the Turkish extreme right, which disseminates “truths” on glossy paper that have nothing to do with Islam”. Finally, he expects there to be “future confrontations on this issue between fundamental Islam and the Islam of the Enlightenment”. For the Swiss Association of Muslims for Secularism, founded by Ali Benouari, “religion must not challenge science”.

イスラム団体に限れば、彼らはHarun Yahyaによって実行されたグロテスクな転向を迫る行動を非難している。"The Atlas of Creation"がフランスの学校に大量に配布されたとき、疑われたイスラム教フランス会議のDalil Boubakeurは「進化理論はコーランと衝突しない」と答えた。Dalil BoubakeurもまたHarun Yahyaの団体を悪質だと考えている:「Harun Yahyaは主張を支持する写真で、種が不変だと示そうとする。しかし、Harun Yahraは種の消滅や出現を説明できない。」 Dalil Boubakeurは、コーランの数節が、人類の「周期的進化」に言及していて、「進化が科学的事実であると確信している」と述べている。2007年2月のルモンドのインタビューで、社会学者Malek Chebelは「イスラム教はこれまで科学を恐れなかった。イスラム教はダーウィンの理論を恐れる必要はない。イスラム教は進化そして人類の突然変異についてストーリーを恐れない:と述べた。Malek Chebelは、コーランが種の突然変異ではなく、人間の想像の問題について述べていると指摘する。Malek Chebelによれば、"The Atlas of Creation"はトルコの極右に近い組織の本であり、光沢紙のページで、イスラムと無関係の話を「当り前のことと」として広める。Malek Chebelは、この問題について将来、イスラム原理主義とイスラム教とエンライトメントの間に対立があると予測する。Ali Benouariが設立した、スイスのイスラム世俗団体については「宗教は科学に疑問を呈するな」と述べている。
イスラム団体レベルでは、Harun Yahyaを歓迎するわけではないらしい。ただ、このパラグラフは、イスラムと対決するわけではない点を強調する目的もあると思われる。


一方、科学者関連については、進化論教育に国際的なコンセンサスがあることを記載するにとどめられている。
Stance adopted by the international scientific community
国際的な科学界のスタンス


79. On 21 June 2006, a declaration by the InterAcademy Panel (IAP) on the teaching of evolution was signed by the academies of sciences of 67 states, 27 of them member states of the Council of Europe. They called on “decision makers, teachers, and parents to educate all children about the methods and discoveries of science and to foster an understanding of the science of nature. Knowledge of the natural world in which they live empowers people to meet human needs and protect the planet“. The scientific community recognises that “there are still many open questions about the precise details of evolutionary change” but refuses to challenge some of the results of its research.

2006 年6月21日に、進化論教育についてのInterAcademy Panel(IAP)による宣言は、67か国の科学アカデミーによって署名された。うち27カ国は欧州評議会の加盟国である。彼らは、政策決定者と教師と保護者に対して、すべての子供たちに、科学の方法と発見を教え、自然科学の理解を促進することを求めた。我々が生きている自然界についての知識は、人間のニーズを満たし、我々の惑星を守るために、人々の能力を向上させる。科学界は、進化過程の詳細には多くの未解決の問題が残されているが、その研究成果に疑問を呈することを否定する。


関連エントリ

欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(1/5) 欧州の創造論 (2007/09/24)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(2/5) 教育への侵入状況 (2007/09/25)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(3/5) 宗教界の反応 (2007/09/26)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(4/5) 報告書の結論 (2007/09/27)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(5/5) そして我々は... (2007/09/28)
欧州評議会は、創造論とIDの危険性についての決議案投票を中止 (2007/07/02)



posted by Kumicit at 2007/09/26 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック