2007/09/27

欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(4/5) 報告書の結論

2007年9月17日付で欧州評議会に出現した「The dangers of creationism in education (Doc.11375)」という決議案と報告書のつづき


Conclusion: the denial of evolution is particularly harmful to children’s education
結論:進化の否定は、特に子供たちの教育に有害である


80. Prohibiting the teaching of key theories, such as evolution, is totally against children’s educational interests. Education has a duty to be a means of enabling children, young people and adults to become important players in the transformation of societies, whereas adopting a denialist stance on scientifically proven theories constitutes a brake on education and the intellectual and personal development of thousands of children. Science is a prominent player and plays a big and active role in this process of the evolution and transformation of societies.

進化論のようなキーとなる理論を教えることを禁じることは、子供たちの教育的関心にまったく反する。教育には、子供たちと若者たちと大人たちが、社会の変革の重要なプレイヤーとなれるようにするという義務がある。ところが、科学的に証明された理論に対して、否定論者のスタンスを採用すれば、幾千の子供たちの教育と知的かつ個人の成長を妨げることになる。科学は、社会の進化と変化の過程において、大きく能動的な役割を演じる、重要なプレイヤーである。

81. The knowledge it provides cannot be arbitrarily challenged. By denying proven facts, the creationist ideas do not contribute to the transformation of societies but to making them become archaic. The creationists are in fact supporters of a radical return to the past, which could prove particularly harmful in the long term for all our societies. This is therefore a crucial issue.

与えられた知識を、好き勝手に疑うことは許されない。証明された事実を否定することで、創造論者の考えは、社会の変化に寄与することはなく、古風なものにするだけである。創造論者は事実、急進的な復古支持者である。それは長期的に我々の社会全体にとって特に有害である。従って、これは重要な問題である。
ちらほらと報告書全体に見られるLeftistな記述だが、結論の出だしでは、かなり強く出ている。
82. As we have seen, evolution is not simply a matter of the evolution of humans and populations. It now pervades the whole of science and is one of its fundamental principles, so it appears legitimate to consider the consequences that denying evolution could have on the development of our societies. How, for example, can advances be made in medical research with the aim of effectively combating diseases like AIDS if every principle of evolution is denied? Basically, evolution pervades all medical research. How can we consider living in a world without medicine? That appears absurd, but removing the teaching of evolution from the curriculum, as advocated by the creationists, could result in a considerable reduction in, if not the end of, medical research.

以上のように、進化論は人間と集団の進化についての単なる問題ではない。進化論は科学全体に広がり、基本的な考えのひとつとなっている。それなので、進化論を否定することによる我々の社会の発展への影響を考慮することは正当である。進化論のあらゆる原則が否定されるなら、たとえばAIDSのような病気と効果的に戦う医学研究をどうやって進めればいいのだろうか? 基本的に進化論は、医学研究全体に広がっている。我々は医療のない世界に住むなど考えられるだろうか。それは不条理であるが、創造論者の言うままに、進化論教育をカリキュラムから除外すると、医学研究は終わるとは言えないまでも、大きく影響を受ける。

83. In addition, the “scientific” approach adopted by the creationists to put forward and support their ideas is itself a particularly dangerous instrument of mental manipulation: presenting a thesis as a scientific theory without providing any evidence can be compared to an attempt to manipulate minds for purposes that are, moreover, scarcely virtuous. As Charles Otis Whitman, an American zoologist (1842-1910) wrote, “Facts without theory is chaos, but theory without facts is fantasy”. Accordingly, as G. Lecointre notes, any clever manipulator relies on “facts” alone.

さらに、創造論者が自身の考えを提案・支持するために使う"科学的"アプローチは精神操作の危険な道具である。いかなる証拠も提示されることのない科学理論として論文を発表することは、良くない目的のために精神を操作する試みに比肩できるものである。米国の動物学者Charles Otis Whitman [1842-1910]は次のように書いた。「理論なき事実はカオスである。しかし、事実なき理論はファンタジーである。」 G. Lecointreによれば、賢い操作者は"事実"だけを使う。

84. By only presenting facts without any theory or proof, Harun Yahya abuses the credulity of individuals who listen to him or read his works. Moreover, as Jacques Arnoult emphasises[6], the BAV and Harun Yahya in Turkey, just like the American Institute for Creation Research, resort to partial, indeed erroneous, references to develop their creationist arguments. The authors do not hesitate to quote magazine articles that defend evolution but they succeed in turning the meaning round by shortening the quotations. This is nothing less than intellectual dishonesty, which is particularly harmful.

理論や証明なしに事実だけを提示することで、Harun Yahyaは彼の話を聞いたり著作を読んだりする人々の信じやすさを悪用する。さらに、Jacques Arnoultが強調するように、トルコのBAVやHarun Yahyaは、米国のInstitute for Creation Researchとまったく同様に、自らの創造論者の論を進展させるために、部分的な誤った引用を行う。BAVやHarun Yahyaは、進化論を支持する雑誌記事の引用をためらわないが、部分的引用によって意味を逆転させる。これは知的不正以外のなにものでもない。それは特に有害である。

85. Harun Yahya refutes the theory of evolution by systematically referring to the Koran. However, as Malek Chebel has stressed, the Koran does not mention evolution directly but only creation.

Harun Yahyaはコーランを系統的に引用することで進化理論を論破する。しかし、Malek Chebelが強調するように、コーランは進化ではなく創造のみ言及する。

86. The science of evolution, like any science, does not claim to answer the question “why things are” but simply seeks to consider how they work.

進化の科学は他のどんな科学と同様に、「なぜ」という問いに答えず、「いかに」を考えようとする。
基本的に、創造論の主張が、科学の論として成り立っていないことを畳みかけるように説明する。

「部分的な誤った引用を行う」は米国だと"Quote Mining"と呼ばれ、創造論者の用例が山とある。これに対抗する指摘を集めたのが、これ:

==>The Quote Mine Project on TalkOrigins.org

87. Some creationist fundamentalists attack “Darwinism” and materialism by accusing them of being the “real ideological source of terrorism”. “Darwinism is the basis of several violent ideologies that brought disaster to the human race in the 20th century”. Is it necessary to point out that human beings did not await the publication in 1859 of Darwin’s work The Origin of Species to indulge in a large number of massacres? How many people have died in the name of religious wars? The use of religion, like the reference to “social Darwinism” by some dictatorial regimes, is insufficient and cannot in any way call into question the theory of evolution or religion. Social Darwinism is an ideology that claims to have been inspired by Darwin but it has nothing to do with the Darwinian theory of evolution[7]. Moreover, it is impossible to ascribe all the evils on Earth to Darwin and his theory of evolution. He is not responsible for the deviations from his theory after his death. It is absolutely scandalous to present Darwin as the father of terrorism, and that may sow doubt and bewilderment in the minds of many young and inexperienced individuals.

一部の創造論原理主義者は、「テロリズムの本当のイデオロギーの根源」であったとして、"ダーウィニズム"と唯物論を攻撃する。「ダーウィン説は、20世紀に人類に災難をもたらしたいくつかのひどいイデオロギーの基礎である。」これに対して、人類が大虐殺をするのに、1859年のダーウィンの著作「種の起源」の出版を待っただろうかと指摘する必要がある。宗教戦争の名のもとに、どれだけの人々が死んだだろうか。一部の独裁政権による社会的ダーウィニズムへの言及のような宗教の使用によって、進化論や宗教に異議を唱えられない。社会的ダーウィニズムはダーウィンの影響を受けたと主張するイデオロギーであるが、それはダーウィンの進化論とは無関係である。さらに、地球の悪のすべてを、ダーウィンと進化理論のせいにするのは不可能である。ダーウィンは彼の死後に起きている彼の理論からの逸脱に責任はない。テロリズムの父としてダーウィンを紹介することは全く恥ずべきである。そして、それは多くの若くて未熟な者たちの心の中に疑いと当惑を植え付けるかもしれない。

88. Finally, there are, especially in the United States, a number of aberrations inherent in the denialism practised against evolution and in the accompanying proselytising. A documentary film by Heidi Ewing and Rachel Grady, entitled Jesus Camp and released in the United States in autumn 2006, provides evidence of them. It shows a Pentecostal minister, Becky Fisher, who has opened in a North Dakota forest a holiday camp overtly devoted to the indoctrination of children. In front of the camera, she explains that from the age of 7 to 9 a human being can be made to believe anything and that that remains engraved in their brain for life. Fisher says she found her model among the Muslim fundamentalists. This documentary reveals all the violence and fanaticism of the most radical of the creationist movements and the effectiveness with which they succeed in manipulating human beings.

特に米国には、進化否定論および転向迫る際に、実行されるときに固有の異常性がある。2006年秋に米国でリリースされた、Heidi EwingとRachel Gradyによる"Jesus Camp"という表題の記録映画がその証拠である。その記録映画は、ノースダコタ州の森で、子供たちの教化のためのホリデーキャンプを開催しているペンテコステ派牧師Becky Fisherを取り上げている。カメラの前でBecky Fisherは、7〜9歳の人間には何でも信じさせることができて、それが終生、脳に刻まれたままになると説明する。Becky Fisherはイスラム原理主義に、そのモデルを見つけたと言う。この記録映画は、急進的な創造論運動の暴力と狂気と、人間の操作に成功する効果を明らかにする。
インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteも好んで使うネタ"Darwin --> Hitler"を子供に語るのは、洗脳に等しいものと位置づけている。

ちなみに、Mein Kampf英訳版をgoogleサーチしても、"darwin"や"darwinism"という単語は見つからない:
google: darwinism site:hitler.org/writings/Mein_Kampf
google: darwinism site:hitler.org/writings/Mein_Kampf
でも、"lord"は出てくる。
google: lord site:hitler.org/writings/Mein_Kampf

それはさておき、報告書の結論のつづきを見ていこう:
89. The creationists claim that evolution is only one interpretation of the world among others, but that is not the case. The scientific nature of evolution remains irrefutable today. However, it must be repeated that the science of evolution cannot claim to give an explanation as to “why things are” but tries to explain how things are happening or have happened. The theory of evolution constitutes a body of knowledge fundamental for the future of our democracies and cannot be arbitrarily challenged.

創造論者は、進化が世界の唯一つの解釈になっていると主張する。進化の科学性は今日も論破されていない。しかし、進化の科学が"なぜ"という問いに答えられず、"いかに"を説明するものであることを繰り返す必要がある。進化理論は、我々の民主主義国家の将来のために基礎知識の集合体であって、好き勝手に疑問を呈することができるものではない。

90. It is important to point out that the theory of evolution has had a profound effect on science in general, philosophy, religion and many other aspects of human society (for example, agriculture). Evolution has also entered the field of psychology: evolutionist psychology is a field of psychology that aims to explain the mechanisms of human thought on the basis of the theory of biological evolution. It is based on the fundamental hypothesis that the brain, like all the other organs, is the result of evolution and thus constitutes an adaptation to specific environmental constraints, to which the ancestors of the Hominidae were forced to respond.

進化理論が科学、哲学、宗教と多くの他の面と、人間社会(たとえば農業)に深い影響を及ぼしたと指摘することは、重要である。進化は、心理学の分野にも入った:進化心理学は、生物学的進化の理論に基づいて人間の考えのメカニズムを説明しようとする心理学の分野である。それは脳(すべての他の器官のような)が進化の結果で、このように人類の原型が適応を強いられた環境制約への適合を構成するという基本的な仮説に基づく。

91. With creationism today, we are witnessing a growth of modes of thought which, the better to impose religious dogma, are attacking the very core of the knowledge that we have built up little by little concerning nature, evolution, our origins and our place in the universe. There can be no doubt that this is a serious attack on human rights.

今日の創造論において、宗教の教義をより押しつける思考モードの成長が、自然と進化と我々の起源と宇宙における我々の位置について少しずつ積み重ねられてきた知識の中核への攻撃しているの見かける。これが人権への重大な攻撃であることは疑いの余地がない。

92. There is a great risk of a serious confusion being introduced into our children’s minds between what has to do with convictions, beliefs and ideals and what has to do with science, and of the advent of an “all things are equal” attitude, which may seem appealing and tolerant but is actually extremely harmful[8].

何が信念や信条や理想に関わるもので、何が科学と関わるものなのかについて、子供たちの心に重大な混乱を招きいれる大きなリスクがある。「すべては同等」という態度は、魅力があり寛容なように見えるが、実際には非常に危険である。

93. Creationism has many contradictory aspects. “Intelligent design”, which is the latest, more refined version of creationism, does not completely deny a degree of evolution. However, this school of thought has hardly provided any fuel for the scientific debate up to now9. Though more subtle in its presentation, the doctrine of intelligent design is no less dangerous.

創造論には多くの矛盾した面がある。最新にして洗練された創造論バージョンであるインテリジェントデザインは、完全には進化を否定しない。しかし、このインテリジェントデザイン運動は、科学的論争をまったく巻き起こしていない。その考えの提示方法はより微妙になっているが、インテリジェントデザインの教義はやはり危険である。

94. The teaching of evolution by natural selection as a fundamental scientific theory is therefore crucial to the future of our societies and our democracies. For that reason evolution must occupy a central position in the curriculum, and especially in the science syllabus. If we prevent our students from accessing scientific knowledge, we run the risk of their being unable to compete effectively with other students who are being educated in states where science has a key status.

基本的な科学理論として自然選択による進化を教えることは、したがって、我々の社会と我々の民主主義国家の将来にとって重要である。そのため、進化はカリキュラムで中心的な位置を占めなければならない。我々が生徒たちが科学知識に触れるのを妨害するなら、科学が重要な地位を占めている国家で教育を受ける生徒たちと競えないというリスクを冒すことになる。

95. Evolution is not simply a matter of the evolution of humans and of populations. Denying it could have serious consequences for the development of our societies. How can advances be made in medical research with the aim of effectively combating diseases like AIDS if every principle of evolution is denied? How can one be fully aware of the risks involved in the significant decline in biodiversity and climate change if the mechanisms of evolution are not understood? Evolution is present everywhere, from medical overprescription of antibiotics that encourages the emergence of resistant bacteria to agricultural overuse of pesticides that causes insect mutations on which pesticides no longer have any effect.

進化は人間と集団の進化についてだけの問題ではない。それを否定することは、我々の社会の発展に深刻な影響がありうる。進化のあらゆる原則が否定されるなら、効果的にAIDSと戦うための医学研究をどうやって進めればよいのだろうか。進化メカニズムがわからないのに、どうやって生物の多様性の低下と気候変動についてのリスクを知りうるのだろうか。耐性菌の出現を促してしまう抗生物質の過剰な処方から、農薬の影響を受けない昆虫の突然変異を引き起こす農薬乱用まで、進化はいたるところに存在する。

96. Our modern world is based on a long history, of which the development of science and technology forms an important part. However, the scientific approach is still not well understood and this is liable to encourage the development of all manner of fundamentalism and extremism, synonymous with attacks of utmost virulence on human rights. The rejection of all science is definitely one of the most serious threats to human rights and civic rights.

我々の近代世界は長い歴史に基づいている。その中で、科学技術の発展は重要な役割を占める。しかし、科学的アプローチは未だに正しく理解されておらず、そのことがあらゆる種類の原理主義や超主義の発達を促しくしており、それらは人間と市民の権利対する重大な脅威である。
ここまで、進化論の実用性や理科教育の重要性が述べられている。これは特筆すべき注目点はない。

これ以下が、この報告書が創造論のポジションをどう扱うかを述べた部分。
97. The teaching of alternative theories can only be considered if they provide sufficient guarantees as to the scientific nature and truth of the ideas put forward.

科学性と正しさについて十分な保証が提示されるなら、代替理論の教育は考慮される。

98. The alternative ideas currently presented by the creationists cannot claim to offer these guarantees, so it is inconceivable that they can be allowed to be taught within the scientific disciplines, either alongside or instead of the theory of evolution.

創造論者が現在提示する代替理論はこのような保証を提供できない。従って、それらは科学の範疇では、進化論とともに、あるいは進化論の代わりに教えることは許されない。
代替理論の教育は"あり"だが、それは科学性と正しさの備える必要があり、創造論にはそれがないとして、理科からは排除する。

一方で、宗教としての創造論については、排除はしない。
99. The creationist ideas could, however, be presented in an educational context other than that of a scientific discipline. The Council of Europe has highlighted the importance of teaching culture and religion. In the name of freedom of expression and individual belief, creationist ideas, like any other theological position, could possibly be described in the context of giving more space to cultural and religious education.

しかし、創造論者の考えは、理科の範疇外では、教育内容として提示してもよい。欧州評議会は文化と宗教を教えることの重要性を強調している。表現と信条の自由の名のもとに、その他のいかなる理論と同様に、創造論者の考えを、文化と宗教教育により多くのスペースを与えるという意味で記述することはかまわない。
このあと、「科学と科学でないもの」を繰り返し強調:
100. At the same time, it is necessary to consider the causes of such a challenge to the theory of evolution. This theory leaves itself open to many attacks but that could perhaps be explained by the poor way in which it is taught, especially from the epistemological point of view.

同時に、進化理論への挑戦の原因について考える必要がある。この理論は攻撃を受け付けるが、それらの攻撃は、特に認識論の観点から、説明できるだろう。

101. These reflections lead us to conclude that better teaching or the more appropriate teaching of the sciences and evolution might enable the dissemination of alternative pseudo-theories such as those of the creationists to be combated effectively. This importance of quality science teaching that is better suited to the realities of daily life was highlighted in the report on students’ declining interest in scientific studies.

以上を反映すると、科学および進化について、より良く、あるいは適切に教えることは、創造論者による代替疑似理論と効果的に戦うことを可能にするかもしれないと結論できる。日常生活の現実によりよく適している良質な科学教育の重要性が、科学研究に対する学生たちの関心の低下についての報告で注目された。

102. Science provides irreplaceable training in intellectual rigour. It seeks not to explain “why things are” but to understand how they work.

科学は知的厳格さにおいて、換え難いトレーニングを提供する。それは、"なぜ"ではなく"いかに"を理解しようとする。

103. Jacques Arnoult[10], a research scientist but also a Dominican monk wrote: “I confine belief to religion, human relations, indeed intelligence, but not science. Science is a matter of reason, observation and hypothesis, theory and testing. It has its rules and its areas of application”.

科学者でありドミニカ修道士でもあるJacques Arnoult[10]は次のように書いた。「私は宗教信仰や人間関係やインテリジェンスに限定し、科学ではない。科学は論理や、観察と仮説や、理論と検証の問題である。それらにはルールがあり適用範囲がある。」
最後に、欧州評議会に対して、行動をとるように呼び掛けてフィニッシュ:
104. A detailed study of the growing influence of the creationists shows that the discussions between creationism and evolutionism go well beyond intellectual disputes. If we are not careful, the values that are the very essence of the Council of Europe will be in danger of being directly threatened by the creationist fundamentalists. It is part of the role of the Council’s parliamentarians to react before it is too late.

増大する創造論の影響を詳細に少佐すると、創造論と進化論の間の議論が知的な論争以上のものであることを示している。我々が慎重でないなら、欧州評会議のまさしく本質である価値が、創造論原理主義によって脅かされる危険にさらされる。あまりに手遅れになるまえに対処することは評議会議員の役割の一つである。


非常に徹底した創造論排除を訴える結論となっている。国民の50%近くが"若い地球の創造論"のポジションをとる米国だと、連邦議会でこのような決議案を提案すれば、逆効果になりかねない。欧州はまだ、そこまでに事態になっていないことの反映だろう。


関連エントリ

欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(1/5) 欧州の創造論 (2007/09/24)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(2/5) 教育への侵入状況 (2007/09/25)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(3/5) 宗教界の反応 (2007/09/26)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(4/5) 報告書の結論 (2007/09/27)
欧州評議会の「創造論とIDの危険性についての決議」の再始動(5/5) そして我々は... (2007/09/28)
欧州評議会は、創造論とIDの危険性についての決議案投票を中止 (2007/07/02)

posted by Kumicit at 2007/09/27 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック