2007/10/03

Vaticanは科学を恐れない

BBCによれば、VaticanはDisc Galaxyをテーマに200名以上の天文学者を集めたコンファレンスを7年ぶりに開催する。これに関してBBCによれば、Vatican観測所のGuy Consolmagnoが「教会は科学の発見を恐れていないことを世界に知ってほしい」と開催の理由を説明した。
For the second time in seven years the Vatican is hosting a scientific conference for astronomers.
7年ぶりにVaticanは天文学者を集めたコンファレンスを開催する。

More than 200 scientists from 26 countries including the United States, Britain, Italy, Germany, Russia, and Japan have gathered in Rome for a five-day meeting on disc galaxies.
米英伊独露日を含む26カ国から200人以上の科学者がローマに集まり、5日間にわたり円盤銀河について論じる。

....

Father Jose Funes, the head of the Vatican Observatory, said exciting new discoveries have been made with the help of space telescopes since the Holy See's last meeting on galaxies in 2000.

Vatican観測所長Jose Funes神父は、「前回2000年の銀河についてのコンファレンス以降に、宇宙望遠鏡によりエキサイティングな新発見があった。円盤銀河がホットトピックである。」と述べた。

...

Jesuit Brother Guy Consolmagno, a member of Father Funes's team and curator of one of the world's most important collections of meteorites, kept at Castelgandolfo (the Pope's summer residence), explains.
"They want the world to know that the Church isn't afraid of science," he said.
"This is our way of seeing how God created the universe and they want to make as strong a statement as possible that truth doesn't contradict truth; that if you have faith, then you're never going to be afraid of what science is going to come up with.
"Because it's true."

Funes神父のチームめメンバーであり、教皇の夏の離宮Castelgandolfoにあるメテオライトの世界的に重要なコレクションの学芸員でもあるGuy Consolmagnoは次にように説明する。
「彼らは教会が科学を恐れていないことを世界に知ってほしいのです。これは神がいかに宇宙を創造したかを見る我々の方法なのです。そして、真理は真理と矛盾しないという強い意見表明をしたいのです。もし信仰心があるなら、科学が見出すものを恐れることはまったくありません。何故なら、それは真理でからです。」

[David Willey: "Papal stargazers reach for heaven" ( 2007/10/01) on BBC2]
ローマカトリックは「真理の擁護者」というポジションを押し出そうとしているのかもしれない。

posted by Kumicit at 2007/10/03 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。