2007/12/23

Nothing in Biology Makes Sense Except in the Light of Evolution

"Nothing in Biology Makes Sense Except in the Light of Evolution"
進化の光に当ててみなければ、生物学のどんな知識も意味を持たない
現代進化総合説の発展に関わった遺伝学者・進化生物学者Theodosius Dobzhansky[1900-1975]と、オメガポイント理論などで知られるイエズス会士Pierre Teilhard de Chardin[1881-1955]にまつわるフレーズである。初出は...

Dobzhansky, Th. 1973. "Nothing in Biology Makes Sense Except in the Light of Evolution" The American Biology Teacher 35: (March): 125-129. [copy]
Nothing in Biology Makes Sense Except in the Light of Evolution
進化の光に当ててみなければ、生物学のどんな知識も意味を持たない
Theodosius Dobzhansky (1900-1975)
Transcribed from The American Biology Teacher, March 1973 (35:125-129)
...

Antievolutionists fail to understand how natural selection operates. They fancy that all existing species were generated by supernatural fiat a few thousand years ago, pretty much as we find them today. But what is the sense of having as many as 2 or 3 million species living on earth? If natural selection is the main factor that brings evolution about, any number of species is understandable: natural selection does not work according to a foreordained plan, and species are produced not because they are needed for some purpose but simply because there is an environmental opportunity and genetic wherewithal to make them possible. Was the Creator in a jocular mood when he made Psilopa petrolei for California oil fields and species of Drosophila to live exclusively on some body-parts of certain land crabs on only certain islands in the Caribbean? The organic diversity becomes, however, reasonable and understandable if the Creator has created the living world not by caprice but by evolution propelled by natural selection. It is wrong to hold creation and evolution as mutually exclusive alternatives. I am a creationist and an evolutionist. Evolution is God’s, or Nature’s method of creation. Creation is not an event that happened in 4004 BC; it is a process that began some 10 billion years ago and is still under way.

反進化論者たちは、自然選択がどのように働くか理解できていない。彼らは数千年前に超自然の命令で、現存する種すべてが、ほぼ今日の姿で、生み出されたと思っている。しかし、地球上で200万〜300万もの種が生きているとはどういうことだろうか? 自然選択が進化をもたらす主たる要因であるなら、かくも種が多いことは理解できる。自然選択は、予め定められた計画に従って働くものではない。そして、種は、ある目的のために必要だから生み出されるのではない。環境に機会があり、それを可能とする遺伝子の手段があるから、種は生み出される。創造主がPsilopa petroleiをカリフォルニア油田に創り、カリブ海の特定の島だけに生息する特定のオオガニの特定の部位だけに依存して暮らすショウジョウバエの種を創ったとき、創造主は浮かれていたのだろうか? しかし、創造主が気まぐれによってでなく、自然選択によって推進される進化によって生物世界を構築したのであれば、生命の多様性は、合理的で理解できるようになる。創造と進化を排他的な選択肢と見るのは間違っている。私は創造論者であり進化論者である。進化は神あるいは自然の創造の方法である。創造は紀元前4004年に起きた出来事ではない。約100億年前に始まった過程であり、いまも進行中である。
現在の"若い地球の創造論者"たちは、ノアの箱舟に積載した動物の数と、現在種の数の大きな差異を埋めるための屁理屈として、自然選択を創造論に組み込んでしまっている。しかし、1973年当時はそこまでの考えすらなく、自然選択拒否だった。ここは、そんな時代に対応した記述。

それと、Theodosius Dobzhanskyは現在の"有神論的進化論"の形式で、創造と進化の折り合いをつけていたことも注目すべき点。その上で、「進化の光に...」を見ると:
Does the evolutionary doctrine clash with religious faith? It does not. It is a blunder to mistake the Holy Scriptures for elementary textbooks of astronomy, geology, biology, and anthropology. Only if symbols are construed to mean what they are not intended to mean can there arise imaginary, insoluble conflicts. As pointed out above, the blunder leads to blasphemy: the Creator is accused of systematic deceitfulness.

進化学説は宗教信仰と衝突するだろうか? そんなことはない。旧約聖書および新約聖書を天文学、地質学、生物学と人類学の基本の教科書と間違えることは、大きな誤りである。象徴が意味することを目的としないものを、意味するのだと解釈したときのみ、想像上の解決不可能な衝突が起きる。前述のような大きな誤りは冒涜につながる。創造主は組織的詐欺で責められることになる。

One of the great thinkers of our age, Pierre Teilhard de Chardin, wrote the following: Is evolution a theory, a system, or a hypothesis? It is much more -- it is a general postulate to which all theories, all hypotheses, all systems much henceforward bow and which they must satisfy in order to be thinkable and true. Evolution is a light which illuminates all facts, a trajectory which all lines of thought must follow -- this is what evolution is. Of course, some scientists, as well as some philosophers and theologians, disagree with some parts of Teilhard’s teachings; the acceptance of his worldview falls short of universal. But there is no doubt at all that Teilhard was a truly and deeply religious man and that Christianity was the cornerstone of his worldview. Moreover, in his worldview science and faith were not segregated in watertight compartments, as they are with so many people. They were harmoniously fitting parts of his worldview. Teilhard was a creationist, but one who understood that the Creation is realized in this world by means of evolution.

我らが時代の偉大なる思想家Pierre Teilhard de Chardinは次のように書いた。進化は、理論か、体系か、それとも仮説か? それ以上のものだ。 --あらゆる理論と仮説と体系が今後、従うべき基本原理であり、考えられることが真であるために満たさなければならない基本原理である。進化は、すべての事実、そして思索のすべての線がたどらなければならない軌跡を照らす光である。 -- これが進化なのだ。もちろん、ある科学者たちは、ある哲学者たちや神学者たちと同じく、Teilhardの教えのある部分に同意しない。Teilhardの世界観を受け入れることは、普遍概念に達しない。しかし、Teilhardはほんとうに宗教的であり、キリスト教が世界観の基礎にあったことに疑う余地はない。さらに、Teilhardの世界観では、科学と信仰は防水壁で分離されるものではなかった。科学と宗教はTeilhardの世界観の中で調和していた。Teilhardは創造論者だが、創造が進化という形で、この世界では認識されると思っていた。
Teilhard de Chardinの折り合いのつけ方が、「オメガポイント」だった。この言葉は、「意識の複雑さの最終的な最大レベル」を指すもの。Teilhard de Chardinは、天国に見つかる神性よりも、むしろ、進化を、エシャトンや神と同定される"最終統合"へ向かって収束する過程だと考えた。
...it looks as though we have lost both respect for the person and understanding of his true nature. We have seen and admitted that evolution is an ascent towards consciousness. That is no longer contested even by the most materialistic, or at all events by the most agnostic of humanitarians. Therefore it should culminate forwards in some sort of supreme consciousness. But must not that consciousness, if it is to be supreme, contain in the highest degree what is the perfection of our consciousness ---the illuminating involution of the being upon itself ? ...

[The Phenomenon of Man (1959), p.258]

ここで思うのは「進化の光に当ててみなければ、生物学のどんな知識も意味を持たない」という"強い表現"をタイトルとするエッセイが、創造と進化・神と自然の衝突ではなく調和を語っていること。著者Theodosius Dobzhanskyは自らを「Creationist and Evolutionist」と呼び、もともとの表現を言いだしたTeilhard de Chardinは、オメガポイントを唱えたイエズス会士であること。

なんとなく、このような強い表現は、Richard DawkinsやPZ Myers準教授のような人が言ってそうな気がしていたのだが、ちょっと違った。
posted by Kumicit at 2007/12/23 00:01 | Comment(1) | TrackBack(1) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>エシャトン
文脈から
ギリシャ語エスカトン(終末)
エスカトロジーで終末論か
Posted by 匿名希望 at 2007/12/23 14:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【神学】の情報を最新ブログで検索してみると…
Excerpt: 神学 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
Weblog: マッシュアップサーチラボ
Tracked: 2007-12-23 07:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。