2007/10/17

Harun YahyaのAtlas of Creationをながめてみた (3/6)「奇形化石がないのは進化論の反証」

引き続き、Harun Yahyaの"Atlas of Creation"をながめてみる。今日取り上げる主張は:
EVOLUTIONISTS CLAIM THAT INTERMEDIATE-FORM ORGANISMS WITH ABNORMAL STRUCTURES ONCE LIVED, BUT NOT A SINGLE ONE OF THEIR FOSSILS EXISTS.(p.28)

進化論者は異常な構造を持つ中間形態の生物が存在したと主張する。しかし、そのような化石はひとつたりとも見つかっていない。
これは、創造論者の主張「中間形態の化石がない」+「進化には突然変異が必要だが、突然変異は稀である」の変種といったところ。

反論の基本形式は次のようなもの:
Claim CB100: Evolution requires mutations, but mutations are rare.
進化には突然変異が必要だが、突然変異は稀である


Source:
Morris, Henry M. 1985. Scientific Creationism. Green Forest, AR: Master Books, pg. 55.

Response:

  1. Very large mutations are rare, but mutations are ubiquitous. There is roughly 0.1 to 1 mutation per genome replication in viruses and 0.003 mutations per genome per replication in microbes. Mutation rates for higher organisms vary quite a bit between organisms, but excluding the parts of the genome in which most mutations are neutral (the junk DNA), the mutation rates are also roughly 0.003 per effective genome per cell replication. Since sexual reproduction involves many cell replications, humans have about 1.6 mutations per generation. This is likely an underestimate, because mutations with very small effect are easy to miss in the studies. Including neutral mutations, each human zygote has about 64 new mutations (Drake et al. 1998). Another estimate concludes 175 mutations per generation, including at least 3 deleterious mutations (Nachman and Crowell 2000).

    非常に大きな突然変異は稀であるが、突然変異は遍在する。ウィルスの複製ではゲノムあたり約0.1〜1個の突然変異が、また微生物の複製ではゲノムあたり約0.003個の突然変異が存在する。高等生物の突然変異率は種により大きく違っているが、大部分の突然変異が中立であるジャンクDNAのゲノムを除けば、細胞複製あたりの実効的な突然変異率はゲノムあたり約0.003である。有性生殖では多くの細胞複製を行うので、人間には世代あたり1.6個の突然変異がある。影響がほとんどないような突然変異は研究上、見逃しやすいので、この1.6個は過小評価だと思われる。中立な突然変異を含めれば、人間の接合子には、約64個のの新しい突然変異がある[Drake et al.1998]。他の評価では、少なくとも3個の有害な突然変異を含む、l175の突然変異が世代あたりに存在する[Nachman and Crowell 2000]。

Links:
Harter, Richard. 1999. Are mutations harmful? http://www.talkorigins.org/faqs/mutations.html

References:
Drake, J. W. et al. 1998. See below.
Nachman, M. W. and S. L. Crowell. 2000. Estimate of the mutation rate per nucleotide in humans. Genetics 156(1): 297-304.
Further Reading:
Drake, J. W., B. Charlesworth, D. Charlesworth, and J. F. Crow. 1998. Rates of spontaneous mutation. Genetics 148: 1667-1686. (technical)
これから示すHarun Yahyaの主張は、少しひねっているというか、切り口を変えている。そのために印象が異なっているが、基本は「突然変異は稀」である。
If Darwinists' claims were true, then chance and mutations should give rise to considerable lack of proportion, imbalance and peculiarity in the perfect and magnificent human body. They should produce many abnormalities such as a skull growing from the hip, more than one arm sprouting from the shoulder, and a large number of ribs or pelvic bones. Arm and leg bones should be lopsided, instead of being straight as we see them today. Yet not a single such fossil specimen has ever been discovered. The bodies of all the billions of human beings who have ever lived or who are living today have all possessed the same symmetry, balance and order. This demolishes Darwinist claims of "gradual development" as a result of chance and mutations. (p.32-33)

ダーウィニストの主張が正しいなら、偶然と突然変異によって、完全で素晴らしい人体に対して、かなり多くのアンバランスや器官欠如が起きているはずである。偶然と突然変異は、腰から生えた頭や、肩から生えた複数の腕や、複数のろっ骨や骨盤などの異常が起きていなければならない。今日、我々が見ているような、まっすぐなものではなく、腕と足の骨はアンバランスでなければなならい。しかし、そのような化石標本は、ひとつも見つかっていない。これまで生きていた、そして今日生きている、何億もの人間の身体はすべて左右対称で、バランスと秩序を保っている。これは偶然と突然変異によって漸進的に変化するというダーウィニストの主張を覆す。
Vol2-32_33.png
さらに次のページでも
If living things had assumed their present structures and appearances through tens of thousands of minute changes, then countless fossil specimens should document this illusory development. Abnormal entities with two brains, three backbones, four eyes, two jaws, three noses, seven fingers and three legs should be in evidence. Yet all the fossils found to date show that human beings have always been human beings. (p.34)

もし生物が何万年もかけて少しずつ変化して現在の構造と外見を実現しているとするなら、無数の化石種が、そのような幻想的な発達を記録しているはずである。2つの脳を持つ奇形や3本の背骨、4つの眼、2つのアゴ、3つの鼻、7本の指や3本の足のような奇形が目につくはずである。しかし、これまに見つかった化石は、人間が常に正常な人間であったことを示している。

Yet not a single example exists. A great many human fossils with two, three or four heads; with hundreds of eyes like insects, with several arms and even arms two or three meters in length and many other such abnormalities should have been found. Similarly, there should be abnormal specimens from every plant and animal species. Intermediate fossils of all marine creatures should also have engendered abnormal individuals. Yet there exists not a single one. All the millions of fossils belong to perfectly normal living things.

そのような例はひとつもない。頭が2つあるいは3つあるいは4つ、昆虫のような数百の眼、多数の腕、2〜3メートルの腕などの多くの奇形が見つからなければならない。同じように、異常な標本が、あらゆる植物と動物の種に見つからなければならない。すべての海洋生物の中間化石には、奇形個体がなければならない。しかし、そのようなものはひとつもない。数百万の化石すべては、まったく正常な生物である。
Vol2-34_35.png
ここまでのネタを繰りだした創造論者は他には見当たらない。


関連エントリ

Harun YahyaのAtlas of Creationをながめてみた (1) 「生きた化石は進化論の反証」 (2007/10/15)
Harun YahyaのAtlas of Creationをながめてみた (2)「中間化石がない+生きた化石がある」 (2007/10/16)
Harun YahyaのAtlas of Creationをながめてみた (3)「奇形化石がないのは進化論の反証」 (2007/10/17)
Harun YahyaのAtlas of Creationをながめてみた (4) 実はトンデモフリーク (2007/10/18)
Harun YahyaのAtlas of Creationをながめてみた (5) 「痕跡器官は進化論の証拠ではない」(2007/10/19)
Harun YahyaのAtlas of Creationをながめてみた (6) マルサス陰謀論 (2007/10/20)


タグ:Harun Yahya
posted by Kumicit at 2007/10/17 01:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ううううう
Posted by 、、kl at 2010/07/09 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック